2036

12.30

メニュー


↓旧コンテンツを見たい方はここに
プライベートモードです。パスワードは「すぱんきんぐ」
img_logotype_bluebg_2x.png

↓新しいブログ、覚書のリスト
6gqfEnJg2IttFat1484882725_1484883867_20170120144141abf.jpg

18siro.jpg

このブログはアダルトコンテンツを含んでいます。
18歳未満の方はご遠慮くださいませ。
自己責任に於いて閲覧していただきますようお願いします。

 



★→物語を読むための目次★

スパンキングカテゴリ内目次 合い言葉は「すぱんきんぐ」
img2485.gif



↓Amazonへ
↓New! 「女たちのS気分」
Skib.jpg 

tokasokop1-e1427830459637.jpg   51vbxO4E9kL.jpg
鹿月舎の活動に参加しています♪
     
                                         

覚書 プライベートブログのパスワードは「すぱんきんぐ」
D&Sについての入口
BSスカパー BAZOOKA SMナイトさやかの覚書
スパンキングとSMの境目
スパンキングってなんだろう?


Category: お知らせ・他
Trackback(-) Comment(-) 

    2020

11.26

素人S女




↓クリックするとサンプル画像へ
W320Q75_img0420201126.jpg


 SなのかMなのかずっと悩んでいて、自分はMなんだと確信していた時もあったのに、今ではすっかりS女になってしまっている私です。(。・_・。) まあ、確かに振り返ってみれば好奇心と指図するMという、Sにとっては、めんどくさい人でしたね。
 転機になったのはスパンキングサークルです。ご存じのようにスパンキングには説教がついてくる。コレが向いてなかった。相手を言い負かして、叩き返そうになっちゃう。それで、カーへ転身しました。そしたら、あっという間にSが育ってしまいました。そして、その方が性的にも簡単に気持ちよくなれると分かってしまった。
 それでも諸事情で大人しくカーしていたんですが、キーちゃんって鞭を使わせてくれないんですよね。それで、もやもやもやもやして、とうとう、一歩踏み出すことに。

 S女性は、本当はたくさんいると思うんですが、隠れているのかあまり会えません。表に出てきている人達は、多くの人がプロなんです。プロってことは、職業です。技術を持っています。それに、毎日その技術を磨くチャンスがあり、新しいM男性と出会うチャンスががあるわけです。ただし、相手はお客様。ちゃんと時間内に起承転結の場面転換を行って、満足させてお返ししなくてはなりません。苦手なタイプの男性にも、にっこり笑って応対しなくてはならない時もあって大変です。
 それに比べて素人S女は自分の好きなことが出来るんじゃないかと思うけど、やっぱり出来ない。(笑)私の場合、多分にM女だったことが影響してるように思います。こうやったら、相手がどう思うかとか、これしたら怪我するかもしれないとか、考えちゃうんですね。でも、自分のしたくないことはしないでいいのが素人S女の有利なところです。
 何もかも自由になるわけじゃないけれど、コロナの流行のせいでお出かけすらも制限されちゃっているけど、私は、今日も元気に鞭を振り、部屋の中の物をなぎ払ってますよ。(笑)



W320Q75_320201126.jpg


sn01020201126.jpg




Category: 男性への支配
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

11.25

パンツ




最近の男性はかなりおしゃれ♪

a56f065d.jpg



ぞうさん♪

d96e5892-6c55-4e50-9286-fb2e9e972cbe.jpg





Category: 大人のおもちゃ
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

11.11

尼僧


62c29d28335d4e7c942d774ec5651cc6.jpg












禁じられたことをやってみたい
タブーな扉は開けてみたい
美しいものは穢したい
そして 隠れてそっと泣きたい


Category: スパンキング
Trackbacks(0) Comments(3) 

    2020

11.08

お国柄




20201108.jpeg
まあ、特徴は曖昧なのですが
それっぽいって事でご勘弁くださいませ。

★日本★


★中国★



★russian★



★アメリカっぽい★


★イギリス★




Category: スパンキング
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

10.28

Revenge on the laughing Girl

↓クリックするとサイトトップへ




↓クリックすると作品のページへ
W320Q75_revenge_24.jpg

↓クリックするとレビューのページへ
W320Q75_revenge_19.jpg

↓スクリーンショット
W320Q75_revenge_28.jpg

↓Trailer
W320Q75_revenge_07.jpg



 「The Prison Punishment Show」って、なんて蠱惑的な響きでしょうか。囚人を鞭打つ行為を見世物にして、人々を楽しませる行為は、今ではあり得ませんが、歴史的には普通の事でした。それは、見せしめの意味もあったでしょうが、娯楽の無い時代の人々にとっては刺激的な楽しみでもありました。街角に公開処刑台は設けられ、時には、ありえないほど残酷な行為が行われてきたのです。

 刑を宣告され、逃れられず打たれる女性を見て、楽しみ、喜びに笑うローリーという女性がいました。今回はそのローリーが、笑った女性達に復讐されてしまう話しです。捕らえられ、縛られ、目隠しをされたローリーは、なにが起きたのか分からず怯えるしかありません。
 白いタンクトップにショーツの姿のローリー。窓も無く狭くトイレがあるだけの部屋の椅子に荒縄で縛り付けられています。反して、彼女に復讐する女性達は黒いタンクトップを着ていて、その対比はまがまがしいほどです。
 「あなたは私たちを笑ったことで同じように鞭打たれる事になったのよ」と、ティッピは告げます。今から囚人と同じように縛られ鞭打たれるのです。長い柄がついた革の鞭で、回数にして25回の背打ちです。しかも、これで終わりではありません。これが一回目なのです。
 彼女は檻に戻され、ベッドの上で一人泣きひしがれます。予告されたとおりにこの罰は繰り返されることが確実だからです。間の休憩はなんのためにあるのでしょう。待っている時間は、それそのものが拷問のようです。背中の傷は焼けるように痛み、やがては、連れ出されて、またあの激痛を耐え忍ばなければならない事を思わせます。

 やがて二回目の鞭打ちが行われます。ケインによる尻への25発です。その痛みに彼女はのたうち、涙を流します。やっと、その刑を耐え忍んだ彼女は「二回目よ」との宣言を受けます。にっこりと笑うティッピ。この罰はまだまだ続くのです。坊へ戻るローリーの足はもつれています。
 檻の鉄格子に縛り付けられたローリーに最初の面影はありません。ティッピはそのローリーの腕に入れ墨を施します。永遠に彼女が忘れないように?もう、彼女は打たれる前の自分に戻ることはできないのでしょうか。

 三回目の鞭打ちの時、彼女に宣告される回数はありません。25発数えれば終わりだった罰はいつ終わるとも分からないのです。そして、この罰が何度繰り返されるのかも・・・。
 



Category: SMサイト訪問
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

10.26

Triple A SPANKING




↓クリックするとサンプル画像へ
0212012110811.jpg


 甘やかされて育った早熟な少女達。義理の姉妹の間にはささいな嫉妬と争いのネタがあったのです。嘘をつき、親を巻き込むことで、事を複雑にする少女たち。解消するためにはどうしたらいいのでしょうかね。このキャットファイトが私たちに満足を与えるように、彼女たちのわだかまりを流してくれるといいのですが。

Category: スパンキング
Trackbacks(0) Comments(0) 
 |TOPBack