FC2ブログ

    2007

03.29

妖艶なる吸血

 吸血鬼のお話なんです。連日、どんどん更新されているのでせっせと読んでも追いつきませんの。奥様を吸血鬼さんに寝取られるお話がメインなんです。でも、時々ちらちらとかわいい男の子が・・・。どうにもそれが気になるんですよ。
 で、ついつい勝手にコメントで違う方向へ。重ねて深読みさせていただいたりして。いや、いつもこんな事やってるわけじゃないんですよ。でも、最近スランプで、ちゃんとしたお話が書けませんの。ついつい、逃避したりして。ついつい遊んじゃったりして。★ズボンのすそ★をスタートに、やおいティスト。いや、お遊びなんですってば。柏木さんのファンの皆様、見逃してくださーい。


妖艶なる吸血


↓物語はここで
★とりついて★

 お話はやさしいサヨ小母さんをおいしくいただいてしまう男の子が主人公。だけどさやかが気になるのはその小母さんの息子とその男の子の関係・・・。

byさやか
息子君「すごく気になる・・・砂場で会ったあいつ。
僕の足に吸い付いて・・・やりたい放題やった奴。
とろんとした瞳で僕を見た。
悪びれもせず 考えなしに
次から次へと女の間を渡り歩いては
罪の無い笑顔をふりまいて。
一人勝ちしてるように思ってるろう?
自分のものだと思ってるだろう?
僕が見ているのはママやケイコが襲われるところだと思ってるだろう?
少しづつ、少しづつ、深みにはまっていくところ
ちゃんと見ていてあげるから。
そして、いつか・・・君の泣き顔を思う存分楽しませてもらうから。」


by 柏木さん
男の子「そうだったの?
ボクの泣き顔、見たかったの?
そんなもの。ほんとうはいつだって、見れるんだよ。
ボクはほんとうは、寂しいだけ。
喉が渇いているっていうよりも。
ぬくもりに、飢えているんだよ。
だからキミのハイソックスを血で汚したときも。
ほんのちょっぴり涙が混じっていたの。
キミは気づいていなかったんだね?

ありがとう。感謝してるよ。
いつも、だいじなママやケイコを、ボクに襲わせてくれて。
ボクの泣きっ面を見たくなったら。
いつでも、あのお砂場に遊びにお出で。
でも絶対、一人で来るんだよ。
泣き顔なんて。。。ほかのやつには見られたくないんだもの。」


↓物語はここで
★たどりたどって♪★

 しかもこの男の子、サヨ小母さんの愛人にまでちゃっかりと手を(牙を?)出しちゃったりして・・・。

byさやか
愛人さん「趣味じゃないって言われると
ちょっとショックだなぁ・・・。
年増と少年が僕の好みなんだよ。
そうやって、大人を手玉に取って
次々と女の人を押し倒してるんだね。
あれこれ、脅してすかして悪ぶって
抜けられなくなるまではまり込んで来るといいよ。
気が付いた時には逃げられない。
深い深いところまで足を突っ込んでくるまで
じっと待っててあげるからね。」


by 柏木さん
男の子「ボクを捕まえるって?
どうやって?
鬼ごっこなら、得意なんだけど。^^
いいんだよ。捕まえてみて。
けれどもそのときには・・・
おじさんの血を、一滴あまさずボクにくれるんだよ。
本当は・・・そうされたくって。
ウズウズしているんだよね?
大好きだよ♪ おじさん。^^
早くボクのことを・・・捕まえて。」




 このお話をさやかティストで書くとしたら・・・

 自習室の向かい合った机の斜め前に座ってる彼は、ノートの上に顔を伏せたまま一心に鉛筆を動かしていた。ここに僕がいるのは、分かっているはずなのに全くこっちを見ようともしない癖に、時々、髪をかきあげてみせる仕草がまるで誘っているようだ。
 どんな時にも人一倍気の廻る彼が、耳の後ろにぽつんと小さく赤く明らかに唇が吸い付いた痕があるのに気がついていないはずはない。あの首筋に押し付けられた唇の持ち主はサヨ小母さんなのだろうか。それとも・・・。何度見るのをやめようと思っても、目の前の課題に集中しようとしてもだめだった。
 掻き集めた理性をしっかりと裏切って、彼を好きだと思う感情も裏切って、僕が思い描くのは彼を抱きしめる誰かの腕。白い身体に絡みつき、引き寄せ、甘いくちづけをねだる相手。ほっそりとまだ、少年の日の名残を残しているくせに、ぽったりと柔らかくしんなりと汗ばみながら押し付けられるその相手の欲望をあやしながら、なだめながら、味わいながら・・・。君がその相手の首筋にゆっくりと牙をつきたてていく様なのだった。


 キャー ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃 キャー
((o(б_б;)o))ドキドキ・・・・柏木さん、これからもどうぞよろしくお願いします。

↓見つからなかった、吸血鬼の画像の代わりに(笑)






Category: SMノベルズ
Trackbacks(0) Comments(2) 

    2007

03.28

美しさはどこにでも・・・


↓マニア倶楽部の購入は・・・


→少ない縄の魅力


 縄で縛る時は麻縄7Mで10本とかすごくたくさんの縄を使います。この十年ほどでどんどんと縄は複雑化してその職人技を競うようになりました。縄目の揃っている縛りの美しさは日本独自の技術です。その抱きしめられる感覚は縄の好きな女性にとっても憧れのもの。でもでも、ただただそれだけを追求するってあまりにも一元化です。
 そうじゃない縛りの美しさを『マニア倶楽部』ではシリーズで掲載しています。




Category: 読書が好き
Trackbacks(0) Comments(2) 

    2007

03.27

日本歴史占い

日本歴史占い

 久々の大ヒット商品♪
結果の文章の楽しさに笑い転げました。
ヾ(▽⌒*)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!しまくって、お腹がいたいさやかです。
さやかの結果は・・・・





★自信過剰な思い込み美人★ 

 理想の自分を心中高く掲げて日々努力する人です。話術に長け、相手の呼吸を的確に読んで間をとり、相手を魅了。その裏にあるのが、強大な自尊心。相手にどう見られているのかを過剰に意識しています。艶名をあげた吉野太夫は、稀代のモテる女でした。女遊びをし尽くした京の豪商も、まさにぞっこん。美貌に加え、茶、和歌、舞、香道等の諸芸に秀でていなければ、最高位の太夫は張れません。ただ、飽きっぽいので注意。

■頭脳・知識
何事も優先順位をつけて段取りよくこなせるタイプ。たくさんの情報をインプットする能力にも長け、情報を頭の中で駆け巡らせて必要な要素だけスッと出す器用さも。

■センス
とにかくオシャレ。衣食住から、パートナーとする男性にいたるまでスタイリッシュでなければ気がすまない。「今っぽい」自分でありたいために、どんな無理もするナルシスト。

■感情
自意識過剰な言動が、そのまま個性になっている。「ホメて!」と顔に出ているので、ある意味、わかりやすくていい人。プライドの塊だから、本音をぶつけられると大いに傷つく。

■外見・言葉
理想を目指してガンバッテいる自分と、高い理想に押しつぶされそうなもう一人の自分が常に戦っている。心の揺れが大きいので、そのスキにつけ入られて痛い目にあうこともある。

■行動
いいナと思ったこと、自分にプラスになりそうなことにはすぐに飛びつく。趣味・習い事などは数限りなく遍歴するタイプ。飽きっぽいだけだが、それを悪いとは思っていない。


 _(・。・;)ゞイヤー、やっぱり飽きっぽいのか・・・。
Category: いろいろ占い
Trackbacks(0) Comments(7) 

    2007

03.25

メイドさん適正診断

  メイドさん適正診断



さやかさんのメイドさん適正度は 76 点です。

ランク:A (A~E)
偏差値:49.4
順位:6,386位 (11,322人中)

総評
 あなたはメイドさんになるために生まれてきたと言っても過言ではないでしょう。メイド服を着た姿の愛らしさもさることながら、ご主人様に対する奉仕の精神も忘れず、仕事もきちんとこなせるタイプです。また、ご主人様を癒せる存在にもなれるでしょう。
 でも、ご主人様の中にはよからぬことを考える人もいますから、たまにはやんわりと断る勇気も持ちましょうね。

さやかさんのラッキーアイテム:
セクシー下着

>あなたはメイドさんになるために生まれてきた
・・・・ウーン (Θ_Θ;)これってさぁ「可も無く不可も無く」みたいな成績だよねぇ・・・。だって、偏差値49.4だよ。丁度真ん中だよ。それで、メイドになるべく生まれてきたと言われても・・・。メイドになるのはやめておこうと思います。(‐^▽^‐) オーホッホ



Category: いろいろ占い
Trackbacks(0) Comments(4) 

    2007

03.20

宝物


テンプレートを ありがとう







Category: リアルライフ
Trackbacks(0) Comments(10) 

    2007

03.20

お仕置き・26

☆ラブ スパンキング・3☆



「これからは何をされても逃げられない。」

 そうは言っても、常に決定権が私にあり、その意向をなぞってプレイをする彼との関係では、今までの自分で選んで逃げないのと、物理的に簡単に逃げられないとはいえ「ほどいて。」と、言えば解いてもらえる○束との間に、どう違いがあるのか分からないけれど。
 それでも、「○束されて抵抗できない」という、いい訳にも似た『甘やかな事実』が、どこかにいつもは隠れているはずのスイッチをパチンと押し上げたような気がした。折り曲げて縛られている伸ばす事が出来ない太腿。突き出したお尻。伸ばされた腕。そういったものがどれほど簡単に私を素の状態から引き剥がしてくれるのか不思議でならない。


→ギャラリーへ
↓クリックすると動画サンプルへ



 ハンドスパの結果の痺れるような痛みが体全部に拡がって、その結果にまったりと浸らせてもらっていたスパンキングは終わり、手加減しない打擲が5秒前後で延々と続き始めた。間隔がないと不思議なもので、あれほど余韻を伴って私の身体を蕩けさせていたスパンキングが、もう味あう余裕すら無く痛み一色に埋めつくされて行く。打擲のたび、ひとうちひとうちの痛みを耐えるのに精一杯という状態に追い詰められる。
 

↓クリックすると動画サンプルへ




 悲鳴と呻き声・・・そして、弾む息。痛み。混乱。同じ様に叩かれているのに、もう、自分の身体に何が起きているのか分からなくなってくる。動けない。逃げられない。見られてる。縛られてる。さらされている。痛い。痛い。痛い。もう、我慢が出来ないという瀬戸際、私は本気で叫んだ。「痛ーぁい!」
 

↓クリックすると動画サンプルへ




 ギリギリの痛みがなぜ快感に直結しているのかどうしても理解できない。痛みは決して快感ではないし、繰り返して味わっても楽しいものでも決してない。それなのに、その痛みの縁の向こう側に急激に雪崩込むような崖があって、そこへ向かって落ちていく感覚がものすごく簡単にオーガズムを招き寄せる。彼は、もう一度、ころんっと私の身体をひっくり返すとローションを使って、超特急で私の感覚をそこへ押し出した。


↓クリックすると動画サンプルへ



 深く高いうねりを伴った繰り返しの波が寄せて来る。彼がやめようと思わない限り、これは延々と何度も繰り返され、何もかもがどうなってもいいような気分の中ただひたすら打ち寄せる波に引きずり回されるだけになる。
「ううう・・・ん。」仰け反って力いっぱいナイロンバンドに身体を預ける。○束が本当にその力を発揮するのはその瞬間だ。どこへ行くか分からない上下左右の感覚の失われた身体をしっかりと留めつけている現実の安心感。


↓クリックすると動画サンプルへ



 ベルトの○束はバックルの位置を緩めるとするすると解けていく。思いっきりベルトに体重をかけたせいで太腿の上あたりに幾重にも痣が刻まれているのが分かった。擦り傷をなぞりながら、彼がぼそっと呟く。
「今日は、するつもりじゃなかったのに。」
「はいはい。」
ま、そんな日もあると思うよ。。。。


Category: スパンキング(novel )
Trackbacks(0) Comments(4) 

    2007

03.19

お仕置き・25

☆ラブ スパンキング・2☆



 「おしまいにする?」彼はおでこをくっつけて訊いて来る。「まだ、我慢できる?」「うん。」最初から数えたら、200回ぐらい叩かれただろうか、ほとんどが手加減したspankigだったせいで、まだ、そんなにお尻が痛んでいるわけではない。問題は明かりがついてることなのだ。その事への抗議は、再びキスで封じ込まれてしまう。明かりを消して欲しいという願いは黙殺されて、今度は足を抱えられたままお尻を叩かれた。

→ギャラリーへ

↓クリックすると動画サンプルへ



 そうすると、ほとんど太腿との境目を叩く事になるからさっきよりも痛い。しかも時々、本当に性器へヒットしてしまう。じんっとした痛みと不思議な感覚。気持ちがいいというわけじゃないけど、なんだか分からない不可思議な感覚。だんだんと身体の中心で感じていたものが拡がって浮上してくる感覚。もう、少しあと少し・・・。
 
→ギャラリーへ

↓クリックすると動画サンプルへ



 何度か叩くと愛撫してゆっくりと指をめりこませては反応を見る。動かさないでそうっと指の腹だけを押し付けてくる。赤くなった顔を見られたくなくて両手で覆ってしまう。だが、身体の反応はあからさまに全部見られてしまっている。セットパターンを何度か繰り返しているうちに、痛みが段々と強くなり、喘ぎに時々悲鳴が混じり始めた頃に、また、腰を中心にくるんとひっくり返された。

→ギャラリーへ

↓クリックすると動画サンプルへ



 彼の身体が伸び上がってパチンと電気が消された。パジャマの上着が捲り上げられて、脇腹からゆっくりと手が這い登ってくる。身震いするほど感じてしまい、勝手に身体が仰け反った。ひゅうぅぅぅ・・・っと息を吸い込んでこらえてもたまらなくって身体が逃げようとする。
「感じてるね。」うぅん・・・確認しなくてもバレバレの状態。

→ギャラリーへ

↓クリックすると動画サンプルへ



 パジャマの一番上のボタンが外されると、そのままスポンと脱がされてしまった。今日、荷物をトラックに固定するために彼がどこからか調達してきたベルトが、がさがさとビニール袋から出てきた。縛られるのは嫌いじゃない。いや、どっちかって言うと好きなんだけど、縛られる方が要求するのってとっても変で、いつも戸惑う。

→ギャラリーへ

↓クリックすると動画サンプルへ



 手首をひとくくりに頭上に引っ張り、足は折り曲げたままに留めつけられる。くるりとナイロンで出来たベルトを巻いてバックルへもう一度差し込んで引くだけだから、あっという間に身動きができなくされていた。うつ伏せになって両腕を伸ばした姿勢は無防備な脇腹をかばいようがなかった。

→ギャラリーへ

↓クリックすると動画サンプルへ



 彼の手が脇の下のくぼみに滑り込みゆっくりと円を描いて廻り始める。背中の上に彼の重い身体が乗っているのでどうしたって逃げようが無く、身体をねじる事も出来ない。「ああ・・・やぁ・・・。」電気が消えた事で、重しになっていた抑制が弾けた。重なっている身体に自分の背中を押し付ける。急激に高まってくる欲望が縁までいっぱいになって今にも零れんばかりだった感覚を強く押し上げた。

お仕置き・26へ

Category: スパンキング(novel )
Trackbacks(0) Comments(3) 

    2007

03.18

お仕置き・24

☆ラブ スパンキング・1☆



 珍しく早く帰ってきた彼を、ほったらかしにしてるのも悪くて布団に入ってのんびりとテレビを見ている彼の横にもぐりこむ。別にエロチックな気分じゃないんだけど、パジャマのズボンだけ脱いで、引き出しにしまわれたお匙の様に重なり合って、お互いの温もりを分け合っているとなぜか心地よくのんびりとした気分になれるから不思議だ。枕に頭を乗せて文庫本を開いて、読み始めた。ページをめくってる私の事なんか全く気にしない様子でテレビを見ている彼。時々思い出したように、むき出しのひんやりとしたお尻を布団の中でぴしゃりと叩く。

→クリックするとギャラリーへ

↓クリックすると動画サンプルへ




 彼の方も別に、何か目的があってそうしている訳ではない。膝の上に寝ている猫を思い出したように顎の下をくすぐるのと同じで、何気なく相手の身体の上に乗せている掌を移動させる時の、おまけみたいな気持ちなんじゃないだろうか。いつの間にか、すっかり文庫本に熱中していた私は、ふと、ミステリィだったようなドラマの中でセックスが始まっているのに気がついた。アイマスクをした女性が騎乗位でたゆたゆと胸を揺らせながら、時々あえぎ声を洩らしている。だからって別になんて事も無く、私もすぐに文庫本に戻り、彼も何も言わず身体も変化しない。ただ、なんとなく・・・彼のお尻を叩く間隔が、5分に一度みたいな間遠さが無くなって来たような気がした。


↓クリックすると動画サンプルへ




 時々は強く、時々は弱く。叩いた後に、滑らせるようにお尻を撫でる。テレビの画面は、また愛想のない会話に戻っている。私も、文庫本の中の物語に戻っているはず・・・だったのに、急に強く痛みを感じるほどに叩かれて、身体がびくんと跳ねてしまった。
 スパンキングの間隔が急激に狭まってくる。ページをめくりながら、時々「あ・・」とか、言ってしまって赤面した。本を読んでいるから、部屋の明かり煌々と周囲を照らしているし、明るい所でするのが苦手な私は迷いながらも本を読むのをやめられなかった。今さら、立ち上がって電気を消すのも変だ。まるで「やろうよ」と言っているも同然な気がしてしまう。


↓クリックすると動画サンプルへ




 彼は肘枕をしたまま、全くそしらぬ様子でテレビを見ているが、叩き方が完全に違ってしまっていた。私の身体の反応を見ている。どう叩けばどう反応するのか、確かめながら打っていた。声を押し殺したって、知らん顔をしていたって、身体のほうは正直だ。痛ければ痛いなりの、感じる時は感じるなりの動きをしてしまっている。溜息をついて喘ぎを殺すのをやめてしまった。しかし、文庫本はまだ手放さない。ちらっと時計を見ると、テレビの方はそろそろクライマックスだろうと思われた。
 コマーシャルになったから、ドラマは終わったんだろう。彼の手が思いっきり強く叩きつけられて、私は痛みに飛び上がった。「あうっ。」本を読むのは諦めて、しおりをはさんで布団の上に置く。左手は枕の端を右手はシーツをぎゅっと握った。目をぎゅっと閉じて、身体の中から湧き上がってくるものを捕まえようと集中する。


↓クリックすると動画サンプルへ




 彼は、まだテレビを見ている。チャンネルを変えて、違う番組になったようだ。だが、多分ぼんやりと眺めているだけだったろう。掌が身体の上を滑り、今度は、やさしく打ちつけられる。中心に向かって快感が走り、私はその感覚を追いかけようとして、顔を伏せるようにして身体を捻った。

 パチン、テレビのスイッチが切られた。あ、と思う間もなく腰を掴まれて体勢を変えられる。右側が上だった身体は、完全にうつぶせになってしまった。そうすると、今まで手付かずだった左側の方にも、強い打擲が当たることになる。これが痛い。温まっていないから、すごく痛い。私は枕にしがみついて呻き声をあげてしまった。


↓クリックすると動画サンプルへ




 足の間に手を捻じ込もうとした彼は、うつ伏せのままでは、自由にならない事に気がついた。もう一度腰を掴むとひょいとお尻を持ち上げて膝をつく位置まで腰を持ち上げさせる。叩く角度が違ってくるから、さらに痛みが強くなる。彼はその痛みが身体の中心に響き拡散して消えていくまでじっと待っていてから、足の間の尖りだけを撫で上げた。困った。よすぎる。電気がついたままなのが困惑に拍車を掛ける。明るい所で身体をくねらせたくはない。


↓クリックすると動画サンプルへ




 彼が、交互に右と左を打つものだから、痛みと快感が交互に湧き上がってくる。スパンキングの不思議な所。やさしく、時間をかければ掛けるほど気持ちがよくなってくる。同じ身体なのに準備不足の左側は痛みが強く、思わず悲鳴をあげて仰け反った。不思議そうにしながらも、彼は身体を仰向けにひっくり返そうとした。私は仰天する。今さらながらに恥ずかしくて思わず抗ってしまう。慣れ親しんで羞恥が無くなった私の抵抗を彼が楽しんでいるのが分かった。あやすように、屈みこんでキスしてくる。その隙に足の間に身体を割り込ませ膝を抱えあげる。こうなったら、どうしようもない。「やだ。」小さい抗議の声もキスに吸い込まれてしまった。指がつるりと滑り込む。なんだか痛いような気がして腰が捻れた。おや、というように彼のキスが離れ、指はまた外側を行きつ戻りつし始める。


お仕置き・25へ
Category: スパンキング(novel )
Trackbacks(0) Comments(5) 

    2007

03.15

ホワイトデーの憂鬱


 さやかはホワイトデーが嫌いです。


 だって。彼に、毎年バレンタインのチョコのお返しを頼まれるの。義理チョコだから、全く気にしていないのか、そもそもそういう回路がゼロなのか・・・。
個数と予算を指定して「適当に買ってくれ。」って言ってくる。めんどいのは分かるけど。顔も知らない女性社員のお菓子を選ぶ私って・・・・。
 しかも、当日の朝、玄関の所でお菓子の入った紙袋を渡すと彼は「・・・?」明らかに不審げな顔。紙袋を覗き込んで「コレ、何?」・・・orz
 だいたい、さやかには何を買ってくれるの?その辺りもしっかりとキッパリと欠落してるのはどういう訳?いや、別にクッキーが欲しい訳じゃないけど。イベントの贈り物なんて別にいいけど。・・・しかたない、今年も現物をもらおう。
 なんて、のんきな事を考えていたら、ホワイトデーのクッキーらしき物がさやか宛に送られて来た。何も考えず、深く意識せず「え?だれだっけコレ。なにかしらコレ。こんな女の子知らないぞ。」と、明るいノリでパリパリと包装紙を破ると・・・一目瞭然のホワイトデーのプレゼントが出現。

 え(・▽・;)

 Σ(^∇^;)えええええ~

 何が言いたいんだ。( ̄□ ̄|||  

 って、言いたい事ってひとつじゃないか!

 これ、だれだ!?いったい・・・!?もしかして、もしかして・・・・。

 あの娘ぉ!?

 さやかは、どっちかと言うと年上に甘やかしてもらうのがが好みなんだよ・・・(泣)。

 って、そんな事言ってる場合か・・・。しかも、めずらしく早く帰ってきた彼に大笑いされちゃうし。全く他人事にしちゃってるし。まったく、もう!相手が女の子でも浮気は出来るんだからね!





↓クリックするとギャラリーへ





Category: リアルライフ
Trackbacks(0) Comments(6) 

    2007

03.12

およよ・・・のさやか

 一目瞭然!みなさんもご覧になってお分かりの通りに・・・テンプレートが崩れました。orz
 何かやって、崩れたなら分かるんだけど、更新した時はフツーに表示されてたんですよね。(汗)翌日やってくるとこの有様。だから、原因がよく分からない。あれこれ、変えて試してみたんですけどダメ。しかも、このテンプレートをそのまま他の場所へ持って行くと、ちゃんと表示されるの。じゃあ、記事の方に原因があるのかって、この場所で同じ様な3カラムのテンプレートにすればちゃんと表示されるし。

・・・・・・。なんでだ。(汗)

 その上に、バックアップデーターを何気なく見ていたら44タイトルしかダウンロードされていない事を発見!(いや、今度サーバーダウンしたらこの画像のあまりの多さにきっと再構築は挫折するかもしれないとは思ってたけど、データーそのものがないんじゃ、どうしようもないですね(笑))

 と、いうわけで、当分このままかもしれない。ってか、しばらく閉めて新しいテンプレートにバナーを張って作り直した方がいいかもしれない。メンテナンスさんが、週末でお休みなのでお返事を待って決めます。m( __ __ )m
 という訳で、落ち込みさやかは、今日はなんにも手につかず・・・。




↓クリックするとギャラリーへ





Category: おしらせ・他
Trackbacks(0) Comments(5) 

    2007

03.05

空中遊泳


なにをしてもよい
などとお約束したつもりはございません

私はただ あなたが
好きなだけなのでございます
あなたの側にいて
あなたの声を聞き
あなたの気配を感じる

あなたの掌の温もりや
与えられる不自由さ
痛み 涙 叫び声
そんな物が好きなだけなのでございます

それが、罪だとおっしゃるのなら
私は罪人なのでしょう

ずっと ずっと
あなたの胸の牢獄の中に
つないでくださいませ


 

Category: 物語
Trackbacks(0) Comments(2) 
 |TOP