FC2ブログ

    2007

10.28

お仕置き・42

琴音・1(第一部)を先に読む


★琴音・9★ 


 明子の手の中で、パドルは飴色に艶々と輝いていた。中央に型押しでバラの模様が描かれていて花びらは淡いピンクに、葉はくすんだ緑に染め抜かれていた。使い込まれてしっとりと濡れたように光るその道具は、かわいらしい様子でありながら、琴音を震え上がらせるのに充分な物だった。
「お、お義母さま。お願いです。許してください。」
 まだ、一度だけ、智也の掌の下で、たった、一度だけ泣いた経験しかない琴音には、分っていても、どうしても素直に従えない事だった。無意識にじりじりと後ろに下がる。


↓クリックすると動画サンプルへ




「琴音さん。あなたが、逆らうようだったら、私は使用人を呼んで、あなたを押さえつけさせないといけないわ。そんな、恥かしい事をあなたに最初から強いたくはないのよ。分るでしょ?分っていてお嫁に来たんですもんねぇ。」
 にっこりと明子は笑うと、すぐ側にある、安楽椅子の中央を指し示した。」
「さあ、そこの中央に手を付いて。二度も言わせるのは、許しませんよ。」
 逃げられない。逃げられないのだった。明子の言うとおり、河野の家の嫁になる事は、こういう習慣に逆らえないって事だという事は、あらかじめ聞かされてきた。何度も考えて、覚悟を決めて嫁入ってきたのだ。だが、心の中で空想し覚悟するのと、実際に叔母の前に手を付いて、お尻を差し出すのでは、雲泥の差があった。


↓クリックすると動画サンプルへ



 身体中から、力が抜けて行く。膝が震え、くたくたと、その場に座り込んでしまいそうだ。そんな自分を必死に叱咤して、琴音は、おぼつかない足取りで前に出た。深く息を吸い込んで、思い切ってソファの真ん中に手を付いた。
「膝を曲げないで、まっすぐ伸ばして。お尻を突き出すのよ。」
 その言葉に、琴音は、ぎゅっとまぶたをきつく閉じた。開けていると泣いてしまいそうな気がしたのだ。がたがたと震える身体に、必死に力を込めて、琴音は脚をピンと突っ張った。お尻が高く突き出され、スカートが揺れる。その、広がった裾に叔母の手が、当然のもののように伸ばされてきたのを感じながら、琴音は心の中で夫の名を繰り返し叫んでいた。
「あ、あ・・・・。智也さん。智也さん。智也さん。」


続く・・・
Category: スパンキング(novel )
Trackbacks(0) Comments(2) 

    2007

10.24

お仕置き・41

琴音・1(第一部)を先に読む

★琴音・8★ 


 客を迎えた時に、琴音はじっと座っていると、打ち身の痕が傷む尻を持て余していた。もう、何日も経って、さすがに座っているのが辛いというほどでは無くなっているものの、異常に感じる場所への異常な行為の結果を抱え込んで、日常の、公とも言える接客をしている事が、どうにも信じられない白昼夢を見ているようで、琴音は気をつけていないと心があらぬ方向へ漂い出て行くような気がしていた。


↓クリックすると動画サンプルへ




「琴音さん、聞いてらして?」
「はい、お義母様?」
 反射的に返事を返して、琴音は我に返って正面を見た。目の前に、今日初めて紹介された温和な微笑をした紳士が、微笑んでいた。たしか、崎山と紹介された男だ。どこか小さな少女の失敗をほほえましそうに見るように。その優しいまなざしに、琴音はかえって恥ずかしくまっかになってしまう。
 どうやら、話の半分は聞き損ねてしまったらしく、困ったようにわざとらしくため息を付く義母の前に、小さくならざるを得ない。


↓クリックすると動画サンプルへ




 玄関まで見送りに出ると、靴を履いて立ち上がった埼山が、振り向くと琴音ににっこりと笑った。
「琴音さん。河野の家のお嫁さんが、こんなにかわいらしい方で嬉しいですよ。別な機会にお目にかかるのを楽しみにしていますからね。」
 「あ、はい。」
 崎山の言った「河野の嫁」と、いう言葉に琴音は反射的に手をお尻に当ててしまっていた。そして、その行動に思わず赤くなる。この、男が言っていることが、そんな意味では決して無いのが分かっていても、頬が熱く燃えてくる。治まっていた筈の骨盤の奥がしんしんと深く痛んだ。


↓クリックすると動画サンプルへ
blog_import_50d18fffd791e_20140307140435b5e.jpg


 部屋に戻ると、義母はソファの所に座っていた。
「琴音さん。ちょっといらして。」
「はい、お義母さま。」
 下げてあったお茶碗を流しへ運ぼうとしていた琴音は、お盆をテーブルの上に置いて、革張りの贅沢なソファへ近づいて行った。義母の側に立った琴音は、小さな卓上にどっしりとしたクリスタルガラスの灰皿の横へ並んでいる皮のしゃもじのような物に気がついた。
 それが、なんに使う物か、琴音は知らなかった。知らなかったけれど、分かってしまった。驚いて義母の顔を見ると、そこにはいたずらっ子が嬉しそうにきらきらと瞳を光らせているような叔母がいた。


↓クリックすると動画サンプルへ



「琴音さん、河野の家の嫁になったからには、さっきのようなお客様をないがしろにするような失礼な真似は許されませんよ。今日は、しっかりとそれをあなたのお尻に刻み付けさせてもらいますからね。」
 結婚して義母となったとは言っても、子供の頃から慣れ親しんできたやさしい叔母である。彼女が怒っているというよりも、うまく捕らえたこの展開を心底楽しんでいるのが琴音には分かった。分かってはみたものの、だからと言って、それを一緒に楽しむ気分にはなれる筈も無い。
 叔母が手を伸ばして、テーブルの上に置いてあった皮のしゃもじを取り上げて、これ見よがしに反対の掌にパチンパチンと打ち付けて見せるのを、恥かしさと恐れの混じった気持ちで見つめる琴音は、かすかに震えていた。


続く・・・
Category: スパンキング(novel )
Trackbacks(0) Comments(4) 

    2007

10.21

18の秋


 18歳という歳は、もう大人だと思い込みたい自負と、経験の無さを知られたくないと思う薄っぺらなプライドの狭間に過ぎていったと思う。一学年下のクラブの後輩の、憧れに縁取られた何の疑いも無い笑顔を、泣かせてみたいと思わずにはいられない欲望。それを、自然に表現するほどは、経験もなく、度胸も無かった。それでも、彼女のすらりとした立ち姿に欲望を振り向けてみたい・・・。そんな思いは抑えがたいほどに僕を支配して、居ても経ってもいられないような気持ちにさせるのだった。
 ちょっとした、冷たいそぶりや、残酷な言葉に涙を浮かべながらも、どこかもじもじとした様子で擦り寄ってくる彼女の瞳の中に、明らかな被虐の願望を見たのは、僕の思い込みだけじゃなかったはずだ。


↓クリックするとギャラリーへ




 どういう話からそんな事になったのか、もう記憶に無い。
「見せて欲しい。」
 その言葉に、真っ赤に染めた頬をためらいとともにうなずいた彼女も、いつ人が通るか分からないような、通りの壁に、僕が縄を掛けて彼女をくくりつけようとすると、顔色を変えて抵抗したものだった。
 少女のもがく身体を壁に押し付けて、無理やり縄を結びつける時、興奮しきった僕の手はかすかに震えていた。その硬いこわばりを彼女の尻にきつく押し付けると、まだ、一度も男に許した事のないという硬い蕾のような彼女は、かたかたと歯を鳴らしながらもじっと、膝をきつく閉じ合わせてこらえていた。






 スカートを捲くると、真っ白な綿ローンのかすかに透けた布に覆われた身体が現れる。恥ずかしさと恐怖のない交ぜになった感情に、身もだえしてみせる彼女は、まだ、一度も知らない暗い淵を辿っていくような悪い遊びへの期待と、それを上回る屈辱にはらはらと涙を零して見せたものだった。
 そんな物に、ほだされるほどの純な気持ちは、大人ぶっている子供の男にとっては、邪魔なだけだったのは言うまでもないだろう。むき出しになった下半身の、少女の尻をぴしゃりと叩くと、僕は1メーターほども下がって、腕を組んで彼女がくねらせる尻を見つめた。






「さあ、早くやって見せろよ。」
 悪ぶって、どすを聞かせた声に、彼女の肩がびくりと揺れた。いつ、誰が通るかわからない場所で、立ったままの排尿を強いられている少女は、縄でくくられた拳を握り締め、何とか決心をつけようと、身を揺すっていた。さっき、たんと水を飲ませてきたとは行っても、まだ、差し迫ってるわけでもない尿意に応えて、排尿するのは決して簡単な事じゃない。
「早くしないと人が来るぞ。」
「あ・・・。」
 うろたえ、思い乱れた様子で、ざらざらとした壁に頬を擦り付けながら、彼女は足を何度も踏み代えた。好きな男に羞恥をさらす事への躊躇いと、誰に見られるかもわからない恐怖が彼女を追い詰める。
 熱い吐息を拭き零しながら、彼女は、最初の会談を飛び降りた。


 そんな彼女に再会したのは、それから10年も経っていただろうか。固い蕾だった少女は、他の男の手によって、美しく咲きその絢爛の様を周囲に誇っていた。
 一言、二言。脅しただけだった。
 真っ青になり、震えながら、哀願しながらも、きらきらと被虐に濡れる彼女の瞳は、彼女がこの十年で変わりえなかった事を、はっきりと僕に教えた。






 蜘蛛が獲物を捕らえるように彼女を捕まえる?いや、そうではない。美しく蜜を滴らせ、蜂を誘う、咲き誇る女。惹きつけられ、囚われるのは僕の方だった。縄を手繰り寄せ絹紐を引き抜く。手繰り寄せる身体は、かってとは違いたよたよと熟れきっていた。
 青いレモンのようだった、体臭は、すっかり先ほころんだ多弁の花のように、僕の心を掴んで引きずり回すのに充分だった。






 逆らい、惑い、うなだれては、訴える。泣いては、俯き、そして抵抗する。愁嘆場を繰り広げながらも、徐々に、徐々に、男を引き寄せる美しい花。そらしたうなじに唇をなすりつけ、息も出来ぬほどに抱きしめてみる。縄をまといつけた身体がくなくなと腕の中で泳いだ。
 痛みに喘ぐ、その唇がぽっかりと闇に咲きほころぶ。あまりの艶々しいその美しさに、僕は、10年の失った月日を惜しまずにはいられない。






「やめて。許して。」
 婀娜な流し目のうちに、女が誘う。
「いやいや。お願い。誰にも・・言わないで。」
 その言葉は、私の耳には「晒して」と、聞こえる。あの秋の日にしとどに雫を垂らしながら、濡れた下着をこれ見よがしに突き出しながら。許して許してと泣いた少女。今や、恐ろしく美しく妖しい流し目で僕を誘ってくる・・・・。






 ・・・忘れられなかったんだろう?あの衝撃が、あの羞恥が、あの縛めの味が・・・・。もちろん、もう一度、味あわせてあげる。欲しいものは、何でもあげよう。明るい光の、日差しの中で、黒い下着に身を飾る。もう、君はあの頃の少女じゃない・・・。
「いやいや・・・お願い。」





 言葉に出さずとも、態度で示さずとも・・・君が求めているものは、分かっている。縄をしごいて胸を高鳴らせながら、繋いだ身体を撫で回し。身体を隠す布を引き裂いて・・・・。






 そうして、僕は一気に10年の時を越える。青年期の終わりに、僕を夢中にさせた美しい少女の、幻を追い、夢にたゆたう。君の満足をまかなって、思いっきり悲鳴をほとばしらせるためなら、僕のすべてを傾けよう。運命も、愛も・・・・。






君の鎖に繋ごう・・・・。


Category: 物語
Trackbacks(0) Comments(3) 

    2007

10.17

Cutiespankee

↓クリックするとそのサイトへ



 今や、日本で、最大の大手になっているキューティースパンキー。さやかのところのサイドバーからもリンクさせていただいています。相互リンクしていただいているので、あちらからのお客様もいっぱいです。
 さやかが、海外スパンキングサイトの紹介記事を書かせていただいてるスパンキング倶楽部の作成にも深く関わってるんですよー。海外向けのサンプルギャラリーを発見して、ちょっと載せさせていただきました(^∧^) ♪
 更新の度に新しいサンプルビデオが見れます。チャットもあります。それから、リンクも充実してるんです。ちょっと覗いて見ませんか?日本の女の子のお尻は、やっぱりいいなぁって・・・(〃∇〃) てれっ☆

↓クリックするとギャラリーヘ


↓クリックするとギャラリーヘ


↓クリックするとギャラリーヘ


↓クリックするとギャラリーヘ


↓クリックするとギャラリーヘ


↓クリックするとギャラリーヘ


↓クリックするとギャラリーへ




Category: スパンキング(日本)
Trackbacks(0) Comments(5) 

    2007

10.16

嘆き





三日月の夜に森へ行くと
待っている女がいる
肉厚のナイフを研いで ぎらぎらと光らせながら
あなたの指を切り落とそうと

ぶつぶつぶつ・・・・って
落とされていく間 悲鳴をあげてはだめよ
じっとじっと我慢して
こらえていてね

覗き込む彼女の目が嬉しそうに笑う
それが見たかったんでしょ
彼女が好きなんでしょ

ぽろぽろと零れ落ちた指は
まるで白いイモムシのよう
鉄板の上で念入りに炒めて
猫にあげたいくらい

どうして 泣くの?
失ったものが そんなに大事だった?
お手紙を書くために
恋文を書くために




M男性のためのリンク
Category: 物語
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2007

10.01

毎日遊んでいます♪


→あなたのカレンダーもここで♪




 「人形のように」に、いつも表紙の画像や挿絵を提供してもらってるackyのブログで見つけてきました。あなた専用の予定の書き込まれたカレンダーを作ってくれる場所です。w
  Σ(^∇^;)えええええ~月に二回しかH出来ないの?しかも、合コンだらけだし・・・。8時の電車で帰ってきてるみたいだし・・・。いや、さやかは本当はもっと真面目なんですよ!

 あー、うー・・・。(あんまり説得力が無いぞ。)orz
Category: いろいろ占い
Trackbacks(0) Comments(2) 
 |TOP