FC2ブログ

    --

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Trackback(-) Comment(-) 

    2008

12.05

ネット調 教・12(最終)



初めから読む

焼かれ、焼きつくし、身を滅ぼすのが定めと知る


 

「さて、望んでいたのはどちらの方かな?」

「ゆみかが、そうしたのは、私に命じられたからだと確かに言えるかい?」

「ゆみか自身は、本当にそれを全然望んでいなかったと?」

「君が従っている私という存在はだれだ?」

「この文字を綴っている人間が本当はどんな人間なのか考えた事があるかい?」

「私、私、こんなに長い時間をあなたと過ごして来たのよ。あなたがどんな人だか知ってるわ。だから、私、私・・・、あなたの全部見せるって約束したのにっ。」

「では、現実の世界で私に会った時、目の前にする男に、君が嫌悪を感じないという保証がどこにある?君は私の歳を知らない。私の容姿も、職業も、本当の意味でどういう性格なのかも、どんな声で話し、どんなしぐさをするかも知らない。その事をよく考えてみた事はあるか?
会えば、幻滅し、こんな男に従うのが嫌だと思うかもしれない。」

「君を支配しているのは、現実の男では無い。君が作り出した幻想。文字の中だけの物。本当の私ではないんだ。実際に会えば、ゆみかは、くるりと背を向けて逃げ出し、私の事を二度と思いだしたくもないと言う可能性を考えた事はあるかな?」

「君が従ってるのは本当に男だと?女である可能性を考えた事はないのかい?私が、今現在、他の女を抱きしめながら、君のその姿を嘲笑っていないと信じる根拠はどこにあるんだ?」

「それでも・・・」

 私は、いっぱい涙のたまった瞳を見開いて、流れる文字をただ見つめた。

「それでも、私に従いたいと言うの?君を握っているのは悪魔かも、人殺しかも、ああ、そんな見目の良いものですらなく、薄汚い腹の突き出た親父かもしれないと思った事はないのか?
本当に、そんな男に会いたい?受け入れられない現実と向かい合いたいのか?」

 喜びがすっかりと抜け落ちて、足の先から段々と冷え固まった身体に、どっと血の奔流が戻って来た。何も考えられず、ただ、勝手に言葉がほとばしり出て来た。自分でも知らなかった、何かが、胸の中から、押さえようもなく、溢れ出してくる。

「だとしたら、望むところだわ。嫌がる私を捕まえて、殴りつけ、無理やり引きずって、はいつくばらせて、足蹴にすればいいじゃありませんか。閉じ込めて鍵をかけ、泣き叫び、助けを呼ぶ私を思いのままになさったら?酷い目に合わせて、めちゃくちゃにすればいいのよ。支配するために!私の意志を奪い、ぐうの音も出なくするためにっ!」

 肩で息をしながら、自分自身が言った言葉に呆然とした。何と言う事を。これが、私の本音なの?信頼や、愛はどこに行ったのだろう。一緒に過ごした長い時間を埋め尽くしていた、あの心地よい、共有して来たその気持ちは?

 長い沈黙の後に、コロロンと、いつもの音が私を呼ぶ。

「わかった。そうしよう。」

 その瞬間、自分が引きかえせない闇の中へ足を踏み入れた事が分かった。まったく正体のわからぬ男に自分を引き渡し、自分の人生をめちゃくちゃにする権利を渡してしまったのだ。自分自身の手で、悪魔を呼び入れて、契約に署名するように。
 私の心の、奥底に眠っていた、願望が姿を現し、私はそこへ身を投げ入れた。一度、押されてしまった刻印は、二度と消えず、たとえ、男がそう振舞わなかったとしても、もう、二度となにも無かった昔には戻れない。
 私は、自分自身がどんな女なのか見つけた。主を見つけたと確信出来てもいないうちに、自分自身を売り渡してしまった。
 気がつくと、あふれた涙が、びっしょりと、頬を濡らしていた。ぽっつりと、闇の中に放り出されたように、頼りなく、寂しく、一人ぼっちのような気がした。

「ゆみか。」

「いまのうちに、好きなだけ泣くがいい。」

「それでも、私は、おまえを愛おしく思うよ。そうして、見知らぬ男に、身を任せるお前を・・・。」

 私は、もう一度、背もたれにしがみ付いて、声をあげて泣いた。私は、見も知らぬ男の物になり、そして、その事が、嬉しかった。嬉しくもあり、恐ろしくもあり、それでいて、私は、例えようもなく孤独だと言う事に気がついた。




 現実の世界で、蓮さんと会う日が着た時に、駅の改札口で待っていたのは、わたしの運命そのものだった。
「やあ。」
ネットで聞いていた、あの言葉が音声となって流れ出した。想像していた絶望も、戸惑いすらも無かった。私は・・・ただ、春の日差しのように差しのべられた手に、跪き、口づけた。

 初めまして。


 そして、これからの人生をすべて、あなたに・・・。



↓クリックするとギャラリーへ
879807pic_2.jpg


M男性のためのギャラリー
M男性のための動画
Category: いろは歌留多
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2008

12.04

ね・ネット調 教11




初めから読む


身を任せ、支配される事の甘き心地に


 

 動けない。

 カメラの前で私は硬直していた。
 息をする度に、滴り落ちる滴が、溢れる寸前の器の上に落ちていくのが感じられる。一滴、また、一滴と。私は、身動きもならず、その有様を見つめるだけ。溢れさせないように、ただ、固まって、じっと耐える。
 もう、だめ。もう、耐えられない。心の中で繰り返しながらも、どうしようもなく、歯を食いしばるしかなかった。強張った内腿が細かく震えだし、胸苦しさに、張り裂けそうだった。

 コロロン・・・・。

「よく我慢したね。」

 涙に霞む視界に、文字が現れる。

「いきなさい。」

 言葉とともに私は弾け。宙に投げ出された。
 触れてもいない身体の中を、鋭い喜びが駆け抜けていく。
 何が起こったのか、自覚する事も出来ないうちに、私は、本能的に、膝頭を胸に引きつけて身体を捻じり、椅子の背中にしがみついた。転倒しなかったのが不思議なくらいだった。天地がひっくり返り、自分がどちらを向いているのかも分からない感覚に翻弄される。

 なぜ?どうして?何が起こったの?

 打ち寄せる波が次々と襲いかかってきて、必死に背もたれにしがみつく私を引きずりまわす。我に帰るまでの長い時間を、私は、ただ、そうして何かに摑まる事でやりすごすしかなかった。

「私に、何をしたの?」


 言葉を口に出せるようになるまで、どれくらいの時間が経ったのだろう?その言葉は、考えて言ったものでは無かったし、ふさわしいものとも言えなかったけれど。

「何も・・・」

「何もしていない。君が、自分でしたんだ。」

 自分でした?私は、あっけにとられて、現れた文字を見つめた。意味が分からず、思わず、いやいやと、首を左右に振る。

「そんなはずないわ。だって・・・」

 今まで一度もあんな風に深い快感にとらわれた事はなかった。それも、身体に触れたわけでもなかったのに。それに、それに・・・

「蓮さんが、しろって言ったんじゃないの。」

「言ったね。でも、そうしたのは、ゆみかだ。」

 私は、ぽかんとその文字を見つめた。そんな事ってあるだろうか?私は、彼に約束し、そして従って来たのだ。それなのに、こんな事態を迎えて、どうやって自分で納得したらいいのかも分からない私を、蓮さんは、放りだそうとしている。

「違うわ。蓮さんが、そうしろってっ!」

 思わず大きな声を出してから、はっと、口を押さえた。まるで、反抗期の子供のような振る舞いだった。赤くなり、口調を落として囁く。

「蓮さんが、脚を机の上にあげろって言ったから・・・・。だから、私。連さんが、言ったからしたのに。」

「そうかもしれない。でも、私が、ゆみかの足首を掴んで、無理に開かせたわけじゃない。」

 私は、現れた文字が暴き出す現実に息を呑んだ。

「脚を開いたのはゆみかの意志だろう?」

 身体がとろけてぐずぐずになっていた私は、冷たいものを押し当てられた感覚にぞっと総毛だった。

続く…


bf_ol_04_042_20121231021324.jpg



M男性のためのギャラリー
M男性のための動画
Category: いろは歌留多
Trackbacks(0) Comments(2) 

    2008

12.03

ね・ネット調 教10

初めから読む


朽ち行き壊れる事さえも 愛しいか


 

 膝がしらが震え、勝手に閉じようとする。それを引き戻し、姿勢を保とうと力を込めては、はっと我に帰ると事の繰り返しだった。
 開こうとする力も、閉じようとする力も自分の物だった。心の底から、恥ずかしさの余り脚をつぼめたいと願う想いも・・・。連さんに応えてすべてをさらけ出したいという想いも・・・。淫らに、足を開く女に落ちていきたいと思う願いも・・・。慎ましく咲き初める蕾でいたいと願うのも。全部、私だった。

「左足の踵を椅子の上に乗せなさい。膝をひきつけるようにして」

 ああ・・・。

 お尻を基点に椅子の背もたれに身体を預けて、命じられた姿勢を取ろうとする。
 
 膝がしらが震え、内腿の筋肉が攣りそうになる。目を閉じて、何も考えず、踵を引き寄せる。もう見せてしまってるのだもの。それも、k右足の踵を机の上に乗せたあからさまな姿勢で。今更、違いはないはず・・・。何度も何度も、自分自身に言い聞かせ続ける。

「目を閉じるな。」

 椅子の座面に持ちあげられていた左足は、その言葉にびくんと撥ねて、また床に落ちてしまった。全身に熱が回り、かあっと火照る。汗が噴き上がる。脚を椅子の上に持ち上げM字に開く。ただ、それだけ。たったそれだけだ。それが、こんなに自分をうろたえさせるとは、そう、自分が恥ずかしさに、震えている事が、その事が尚更、感情を高ぶらせているのだった。
 おずおずと、瞼を開けて、カメラが動いているしるしの赤い光点を凝視した。あの向こうに、蓮さんがいる。そして、私が恥ずかしさに震えているのを見つめている。その前で私は欲望をさらけ出す。
 じわっと蜜が沸き上がり、滴る感覚がした。晒しあげられた性器はそれ自体が独立した生き物のようにぷっくりと膨れ上がり、ぬめぬめと伸縮を繰り返して、男を誘おうとしている。自分の意志とは無関係に、浅ましい蠕動をひけらかし、喜びをむさぼろうとして。

 思わず、吐息が漏れた。桃色に、周囲に靄が広がり、私の脳を埋め尽くす。目を見開いて、赤い光を見つめながら、私は、またそろそろと膝を持ち上げる。また、一からやり直し。最初の場所から、自分を励まして行かないと、脚を床から浮かす事さえ、困難だった。そして、脚を持ち上げようとすると、しぼりあげられるような胸苦しさとともに、下半身に、快感のうねりが広がった。

 これは、なんなのかしら。

 私を襲うこの、快感は?

 脚を動かした事で起こった刺激だ。

 ただ、それだけで・・・・私は

 昇り詰めようとしていた。

「いっていいとは言ってないぞ。」

 コロロン。

 私は、彼にに、身体の反応を見透かされた事に戦慄した。その瞬間、踵は椅子の上に着地し、鋭い、快感が身体を走り抜ける。
 息を吸いこみ、歯を食いしばり、私は、自分を引き戻した。正気を保とうと、一層目を見開いて、赤い光を見つめる。ゆっくりと世界が狭まって、存在するのは、欲望に満ちた自分の身体が開いている半円とそれが収束するその赤い光の一点だけだった。

 呼吸する度に、満ちてくる物がうねり、私を翻弄する。持ちあがり、それから、弧を描くようににゆっくりと落ちる。くりかえし、くりかえし・・・。私という器の中に、いっぱいになる。皮膚が薄く薄く伸びて、パンパンに張り詰め、わずかでも刺激を与えると、弾けそうだった。

続く…

↓クリックするとギャラリーへ








M男性のためのギャラリー
M男性のための動画
Category: いろは歌留多
Trackbacks(0) Comments(0) 
 |TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。