FC2ブログ

    --

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Trackback(-) Comment(-) 

    2012

11.25

個々展 Real/Art/Live/Demonstration 

cover_121113.jpg

2012.11.20 (火) 17時 ~ 25 (日) 12時~20時 (/日曜日17時まで)
場所:ギャラリー新宿座

作家プロフィール
【 紫護縄 びんご Bingo Shigonawa 】
『美』は容姿だけのものではない。
人それぞれが五感で感じ、美しいと思えるもの。
縄で表現できる『美』
そこには気で伝わる美しさがある。

B-Rope

Fetlife
【 石舟 煌 Koh Ishifune 】
自由奔放に不自由極まりない造形を創りあげたい。
醜の中の美。苦の中の悦。
私の求める光は闇の中にこそ。


【 王 建剛 Kengou Ou 】
写真のドキュメント性を重視。
自己流で物やイベント、プライベートまで撮影。
縄師長田スティーブ氏と出会い、彼の撮影を手掛ける。

写真倉庫
素材写真



 「是非、観に行ってください。」って、言っても、もう、明日一日しかないのです。すみません。代わりに私がしっかり観てきました。普段、ネット上で、もしくは雑誌の上でしか観ることが出来ない写真たちですが、実際にプリントされて額装されると別物になります。まず、大きさが違う。そして色が違ってくるのです。写真家の一番出したい色が表現される。

 新宿座ギャラリーは、杉浦先生の個展の時に初めて、伺いました。大通りから、鳥居を右に見ながら細い路地へ入っていって、鄙びた感じのホテル街をてくてくてくてく・・・これ、絶対道を間違えたよね。って、思うくらい歩いた時に、右手に小さな案内板が見えます。そこを曲がって入っていった奥に、そのギャラリーはあります。くるりと回る螺旋階段を昇った上に、別世界が広がります。



CA391069.jpg

CA391068.jpg

GRL_0001.jpg


 ラッキーだったのは、観に行った時間に、びんごさんの、ちょっとした縄のショーがあったこと。偶然にその時間に居合わせたお客さんだけが楽しめたのです。帯を使ったショーを見せていただきました。それから、鞭も。この帯を使った縛りは、麻縄とは全く違う感覚です。ぎゅううっと締め付けられる感じ。抱きしめられて動けなくなる。そして、解かれる時は、一気にしゅるるるるっ!っと、身体中に新しい血が流れこむ感じ。

 鞭の音を聞きながら、彼女のもつれる足元をずっと観ていました。心の中が広がっていって、自由に夜空に解け出していく感覚を抱えながら。

 びんごさんに会って話をしたい方は、ぜひ、初心においでください。居心地の良い、畳敷きの小さなバーです。



↓ギャラリー新宿座
toplogo.gif

↓クリックすると歌舞伎町の小さなバーのHPへ
kanban1.jpg

M男性のためのリンク

↓続けられるように
ポチっとしてください。


Category: リアルライフ
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2012

11.13

越野眞砂個人展覧会

↓クリックするとそのサイトへ



風俗資料館内特別展示
   所蔵原画セレクション 第五回

   越野眞砂個人展覧会
   ~まさごてん~


00kosino.jpg




先生、ごめんなさい
もう許してください・・
おねがいします・・・
もう、十分反省しましたから・・



0100kosino.jpg

0200kosino.jpg

0300kosino.jpg

0400kosino.jpg


 お仕置きネットの中にあるスパンキング・コミュを通じて風俗資料館でオフをしました。集まっているのは、disciplineの人たちです。私は、ずっとひっきーだったのですが、2年半前から実際に、SM業界を出歩くようになりました。人と出会い、言葉を交わし、手を繋ぐ。ささやかだけど、ネットの中にいるだけでは見つからないぬくもりです。SMの人たちのイベントは数限りなく開かれているのに、スパンキング関係のイベントって、あまりないんですよね。

 スパンキー、スパンカーさんは、何処に隠れているの?そして、何を考えているの?一人ぼっちで誰にも言えずに、困っているのではないでしょうか・・・。「SMとは、違うんだよ。」スパ界の人たちがそう思っている事は知っています。だから、スパの人たちだけの集まりが開けたらいいなぁ。知りあえば、きっと、いろんなことが分かるはず・・。分かってもらえることもあるはず。

 「でもね。ほんとは、こっそりと、秘密の引き出しの中にしまっておきたいのだよ。」

 風俗資料館で行われている真砂先生の個展は、そんな囁きが聞こえてくる、優しく繊細な絵たち。私達が失ってしまった、純真で、穢れないおさげの似合う子供達の切ないお仕置きの絵たち。本棚に並ぶ雑誌の中では分からなかった、原画の力を観に、ぜひ、足を運んでください。


★正会員・準会員・研究者会員・ビジター・夜の図書館といった通常のご入館方法で来館された方のみが、蔵書の閲覧を楽しみつつ、ご鑑賞いただける個展です。画像は、風俗資料館のプレス用のものをお借りしました。レビューにご使用になられたい方は、資料館に了解をとってください。プレス以外の使用、転載は、禁止されています。


↓続けられるように
ポチっとしてください。
Category: お知らせ・他
Trackbacks(0) Comments(8) 

    2012

11.02

鹿鳴館「挿絵としての縛りを考える会」

 
 鹿鳴館の「挿絵としての縛りを考える会」へ行って、ハロウィンをテーマに挿絵を書いたのですが・・・。なんか趣旨からずれているような。。。私は、舞台で踊るときのような、綿の入ったずるずると引きずる裾の着物を着せられて縛られちゃいました。どんな格好だったのか、分かりません・・・。自分では見えないので。orz

 下に載せたのは、8月5日に、私が初めて描いた挿絵。私、自分の絵は好きじゃありません。そこそこ、優等生が、人まねをして描いた無難な絵だけど、ちっともうまくない・・・。みたいな。カラを破って、たかみまで、飛んでいってみたいです。



↓拙いわたくしの作品です・・
1233162137_66.jpg

1233162137_186.jpg

1233162414_175.jpg

1233162137_113.jpg


 これは、鹿鳴館で他の方が描いた絵の一部分です。みんな、おしゃべりしないで一心に鉛筆を走らせてました。何度も書いている方は、自分なりの味を持ってらっしゃって、いいな。と、思いました。


↓他の方が描いた絵
1233161702_170.jpg

1233161702_233.jpg

1233163018_239.jpg


↓鹿鳴館サロンのHP
salonbanner_2.jpg

↓鹿鳴館のHP
header_01.jpg

M男性のためのリンク

↓続けられるように
ポチっとしてください。
Category: リアルライフ
Trackbacks(0) Comments(5) 
 |TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。