FC2ブログ

    2013

08.28

我がいとしの妖精フランク

19800120_itosino-yosei.jpg
著:シェリール・ナッシュ
訳:中村康治
富士見ロマン文庫
昭和55年1月20日初版発行
装幀:金子國義


 フランクは両足をばたつかせ、臀部を激痛でのたうたせ、一瞬、わたしの鞭をよけるように体を横向きにした。彼の裸身の前の部分がわたしの目に入った。
 そこにあるものを目にして、わたしは面くらい、驚愕した。鞭を振りおろそうと高く上げた腕が脇に落ち、細枝の鞭が手からぽろりと落ちた。一瞬、わたしが目にしたものは、ちょうど金色のうぶ毛のようにほんのりと萌え出ている丘の陰に、ピンク色した細い柔らかな線状になった女性の部分だったのだ。

 フランクは女の子だった!






Frank and i 3 投稿者 Monsieur_No


 物語は1880年代。ロンドンの裕福な貴族である主人公チャーリーは、冒険好きな14歳の少年「フランク」に出会い、彼を手元に置いて教育することにしました。ところが、フランクは訳あって男の子のふりをしている少女でした。
 その年頃の少年らしく、素直で従順とは到底言えないフランクに、当然のようにチャーリーは、お仕置きをすることにします。しかし、ズボンを下ろそうとするとフランクは抵抗し足をきつく閉じていることを求めるのです。お仕置きを始めたチャーリーは、フランクが女の子であることに気が付きます。しかし、彼は、素知らぬふりをしてお仕置きを続ける事に決めたのです。
 こうして少女であることがバレていないと思い込んでいるフランクは、それから、度々、チャーリーの膝の上で、彼に密かな楽しみを与え続けます。

 素晴らしい女性に成長したフランクが豪奢なドレスをめくりあげられて、お仕置きされるシーンは、読者の女の子達の夢物語の成就でした。あ、もちろん、スパンキーの女の子に限りますけど。



 まあ、昔の映画だからしかたないけど、もし、今もう一度リメイクするなら、フランクはどこからどう見ても少年にしか見えない役者にやってもらいたいけど・・・14歳設定じゃ、もう、映画化できないかもねぇ。


M男性のためのリンク

↓続けられるように
ポチっとしてください。
Category: 読書が好き
Trackbacks(1) Comments(12) 

    2013

08.22

キューティースパンキー

 キューティースパンキーが、海外の動画より何がいいって「言葉が分かること」です。英語が苦手でごめんなさい。。。
 でも、お嬢様や、メイドやちょっと古い時代の上流階級設定の場合の言葉遣いは、たいそう妄想を膨らませる効果があります。意地悪なことをしたりするのだけど、どこか世慣れておらず、砂糖菓子のようなフリルのドレスに包まれて、甘ったるい声でしかおしゃべりが出来ない少女達。
 だからこそ、彼女たちは宝石箱の中に並べられ、気まぐれに引き出されて、お仕置きされねばならないのです。



↓クリックするとギャラリーへ
pic_1820130715.jpg

pic_720130715.jpg

pic_12013715.jpg

↓クリックして動画を観る。

Japanese Spanking. brought to you by PornHub
★Pornhubを押すと、大きな画面で観れます。



M男性のためのリンク

↓続けられるように
ポチっとしてください。

Category: スパンキング(日本)
Trackbacks(0) Comments(0) 
 |TOP