FC2ブログ

    2014

03.16

間の楔


L-aino4-2 - コピー





間の楔
「愛にもいろんな形がある。憎しみ合うことでしか存在できない、そんな関係もあるんだ。」

 男性が髪の色によって階級を決められている近未来、スラムの雑種とタナグラのブロンディーは、ペットと主人。歪んだ関係でしか結びつけない、リキとイアソン。その間に存在するのがどんな感情であっても、お互いを意識せずにはいられない、惹かれ合わずにはいられない2人。歪んだ関係に苦しみ鎖に縛られながら、やっと2人だけの穏やかな最期のときを迎える。



 「男性と男の子」または「男の子と男の子」の恋愛をテーマとして描く、「少年愛」を、漫画や小説、映画に、取り上げられた作品を、日本の少女漫画ファンが注目し始めたのは、「大泉サロン」「24年組」の少女漫画家たちが全盛期を迎えた1976年頃から。竹宮恵子、そのマネージャーの増山法恵、萩尾望都、木原としえ、青池保子、それに小説家の栗本薫などの作家が、それをテーマに作品を書き始めました。
 それ以前の作品、稲垣足穂の「少年愛の美学」森茉莉の「枯れ葉の寝床」や映画の「if」「ベニスに死す」などがそれらの作品に影響を与えたと考えられます。

 そもそも、少年愛というのは、古代ローマにおける「「善き少年」か「美しい少年」かの選択では、少年の「善」を求めるべきである」という制度や、カトリックの司祭とそれを補佐する若い男性あるいは侍童。日本での戦国時代の小姓や、寺院における稚児。芸能を演じる女装の男性など、歴史的にみても、どの社会にも存在する関係でした。
 その関係を美しく飾り、恋愛として彩って、世に送り出した事で、多くの女性たちが、惹きつけられました。

 やがて、1978年にそれのみを取り上げている雑誌「COMIC JUN」と、それに続く「JUNE」は、日本的女性向け少年愛のジャンル名となっていきます。なぜ、女性が男と男の恋愛を特に好むのかは、いろいろな分析をされてきましたが、未だに定説を打ち立てたとは言えない状況です。時代によって、婦女子の考え方、価値観は変遷し、始まった時からすれば、様変わりしてしまいました。
 JUNEの作品群を下書きにして、性愛行為だけを取り出して描く、やまなし、おちなし、意味なしを意味する「やおい」は、JUNEを愛読した読者の中から起きた、同人的作品群です。それまで、自分たちの言葉で語られる受け入れやすいポルノを持たなかった女性たちに、やおいは、格好の大義名分を与えたといえるでしょう。

 それから、やおいは、801、腐女子、ボーイズラブと進化していきます。微妙に作品の特徴が違っているのは、多分、編集の方針が影響を与えていると思われますが、タブーであったジャンルは、段々と一般にも名を知られるようになりました。そして、「風と木の詩」と、同じような衝撃を持って迎えられたのが、1986年~1987年に、JUNEに発表された「間の楔」です。。ドラマCD化や、OVA化が話題になった最初の作品とも言えるのではないでしょうか。

 私達、女性の多くが、子供時代にそれらの作品に触れ、そして、「運命的な絆に結ばれた決して切れない関係」に、憧憬を描く経験を持つようになりました。見てもらえば分かるのですけれど、名前を変え、表現方法を変えて行っても、このジャンルはSMと密接に関わりあっています。その中に加虐被虐の関係が透けて見えるのは、これらの作品が、責めと受けという役割分担を内包している以上、避けられない結果でした。このジャンルには、SMを現実から切り離し、美しく飾ることで、ノーマルな性癖の人たちに受け入れやすくする効果があったのです。

 現実の同性愛の人たちから、自分たちとは違う・・・と、嫌悪されてきたこの作品たちが、やがて、その偏見を越えて、彼らにも「自分たちを描いたものではないにしても、読者がそれを分かって読んでいるのなら、まあ、よしとしよう」という歩み寄りを得たり、男性読者を少しずつ増やしてはいても、やっぱり、ちょっと偏見の目で見られちゃうのも仕方のないこのジャンル。
 ですが、ボーイズラブは、ロマンス小説と同じ。恋愛に砂糖をかけて、美しく飾っていると分かってはいても、未だに多くの女性は、愛を具現化するその関係に、惹きつけらずにはいられません。それと同時に、若い頃から、簡単に、SMに、好奇心を持つ機会を手にしているとも言えるでしょう。(^▽^:

 ご紹介すると、なぜか、あっという間に削除されてしまうので、できるだけ早くご覧いただけると幸いです。







M男性のためのリンク

↓続けられるように
ポチっとしてください。



Category: 読書が好き
Trackbacks(0) Comments(2) 

    2014

03.16

進撃の巨人









M男性のためのリンク

↓続けられるように
ポチっとしてください。


Category: 読書が好き
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2014

03.10

おんな祭り


24484245_2054959010_102large.jpg



 縛り手も受け手も、全部女性ばかりの、おんなまつりという、9組の舞台で構成されるイベントに行ってきました。とっても良かったです。そして、改めて確認したのだけど、自分は女性の「手」が大好きだってこと。白くて華奢な手がひらひらとしなやかに動きながら、作業をすすめるのを見ていると、どきどきしてきます。(//・_・//)
 なので、とっても楽しかったです。そして、縛り手には、プロの方もアマチュアの方もいらっしゃったのですが、それぞれに工夫を凝らしていて、見どころばっちりでした。今年は客席に座っていた何人かの女性が、来年は舞台に上がってみたいと、参加表明をして、女性の縛り手さんが増えているのを実感しました。


M男性のためのリンク

↓続けられるように
ポチっとしてください。

Category: リアルライフ
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2014

03.05

スパンキング・ラブ

↓クリックするとそのサイトへ
1spankinglove.jpg

 ( 。 ・ _ ・ 。 )ノシやほー。今日は、友達に教えてもらったサイトのご紹介です。

 なんと!スパンキング物の同人誌サークル
「スパンキング・ラブ」さんであります。スパンキング関連のメディアは18禁サイトに分類されてしまうことが多いので、同人誌って発想は、私の中にありませんでした。そして、そのコンテンツはDLsite.comで、ダウンロードできるようになっています。びっくり!!
 うーん、しかし、私の書いてるこのブログも見ようによっては、一人同人誌かも。私も、自分の自己紹介をする時は、SMヲタって名乗ることが多いです。
 DLsite.comは、同人誌、同人ゲームをネットでダウンロードできるオタクコンテンツ総合ダウンロードショップです。スパンキング・ラブの作品は→ココからダウンロード出来ます。

 「スパンキング・ラブ」さんの特徴の一つは、「男の娘」設定。

男の娘(おとこのこ)とは、主に容姿や精神が女の子のような少年、青年への萌え要素を指す。

女装少年全般を意味することも多いが、「男の子なのに、女の子のように可愛らしい」というギャップが重要という点で一線を画す存在であるとも言える。

具体的には、ネタないし一発芸要素が強いという側面のある女装少年とは異なり、女の子になりたいという願望を抱く美青年・美少年であったり、(天性のものか努力の賜物かを問わず)心身ともに女の子と見紛うばかりであったりする。

萌え要素(萌える要素)は生物学的な性別・戸籍上は男性であっても女の子として成立する容姿にある。
(ニコニコ大百科より)



 この新しいカテゴリは、最近メキメキと需要を伸ばしてるんですよ。知ってました?試しに男の娘で、Google画像検索をしてみてください。とんでもない可愛い子たちがいっぱいです。決して二次元だけの現象ではなく、リアル世界にちゃんと存在しています。ヾ(@⌒¬⌒@)ノ この「男の娘」というのは、今までのトランスヴェスタイト(性転換者願望)とは、どこかちょっと違うのね。うまく、説明できないのですが、このジャンルが同人誌を中心に周囲に認識されたことが絡んでるんじゃないかなぁ。変態っていうよりも、コスプレ的な受け取られ方をしていて、そんなに敷居が高くない感じです。女の子の格好をしてるけど、恋愛対象は、異性らしいですし、そして、ヲタク男子たちからも、女の子のようにかわいいけど、女の子ほどめんどくさくない、自分の事を理解してくれる対象と思われているようです。

 それと、この作品を読んでて、気がついたんだけど、男性キーちゃんの、女性に叩かれたいけど、「その絵が美しく可愛くあって欲しい」って気持ちも満足させてくれるんじゃないかな。男性キーちゃんたちは、メディア作品を見る時に、女性カーさんを見ています。叩かれてる男性キーを見てるわけではないらしい・・・。まあ、それは仕方ないよね。男性キーの多くは、異性愛指向なのでやっぱり女の子がいいのです。なので、どうしても、女性✕女性(F/F)を選んでしまいがち。そのせいで本来一番需要が多い女性✕男性(F/M)の作品はとっても少ないです。そして、その叩かれてる女の子に自分を投影して楽しむのです。でもでも、それがかわいいけどやっぱり男性だったら、男性キーちゃんにとっては、自分自身を置き換えやすいんじゃないかなぁ・・・。まあ、これは、まだ、私の想像なんだけどね。男性キーちゃんの意見を聞きたいです。( 。 ・ _ ・ 。 )


★株式会社 オフィス・スパンキング★


「男は二十歳までに結婚できなければ、とても恥ずかしい思いをすることになる。」

 男だったら誰だってこの言葉を聞いて育つ。
俺だって聞いて育った。
と言うか、俺に言わせれば世の中の男子は二十歳になるまでの間の時点で、相当に恥ずかしい思いをすることになっている。
 もしも女子に「お尻っ!」と言われたら、ズボンもパンツも脱ぎ、指定された体勢でお尻を差し出さなければならない。
彼女たちの気が済むまで、叩かれなければならない。
お尻叩きの権利は女子なら等しく平等に、誰もが所有している。
男子に拒否権はない。
ただひとつの例外を除いては…。

 例外とは、『誰かの男』であること。
男女交際をしている女子がいる場合に限り、男子のお尻は彼女の専有だ。
他の人間にどうこうして良いものではない。
 
 だから男子は必死で女子にアプローチをする。
付き合って欲しいと願う。
しかし…。
そう簡単に女子とは付き合えない。
女子だって男は選びたいからだ。
しかも女子というだけで、男子は次々と交際を申し込んでくる。
彼女たちにしてみれば選り取り見取りだ。
 
 当然これは成人してからも変わることがない。
だからこそ、独身男子は恥ずかしいものなのだ。
交際相手がいない男子は、どこで誰に『お尻っ!』と言われても、文句は言えないし、素直にお尻を叩かれなければならない。
 ただし、成人した男子で結婚した場合はまた別だ。
結婚済みの男子は、交際相手のいる男子と同じ扱いになる。
ただ、紛らわしいからそういう男子は家で家事を行うことが普通。
外で働いている男子は交際相手がいないか、あるいは妻や彼女に『こいつのお尻は誰でも好きに叩いてあげて❤』というふうに扱われている、というのが暗黙の了解。
だから、働いている男子はお尻をいつも誰かに狙われている。



↓クリックすると作品販売ページヘ(サンプル画像アリ)
RJ115454_img_main.jpg

spankinglove3.jpg



★これが私○ご主人様★



「お、おひざの上でお願いします」
「はい❤」
うふふ。ご主人様。下半身裸のまま、たっぷり泣いてくださいね。えっと、お尻のお肉が
たっぷりと付いているのは・・・ここかな?
「あ、あの・・・お尻をなんで・・・つまんで?」
「叩いていいところを探しているんですよ?お肉の付いていないところを叩くと怪我しま
すからね」
ふふふ。恥ずかしがってる。でもこれは立派な愛情なんですよ?もちろんそっちは大義名
分で本当はご主人様に恥ずかしい思いをさせてたっぷりいじめたいからです。えへへへへ。
ごめんね。ご主人様。たっぷり叩いてあげるから許してくださいね。うん。ここだ。お尻
と太もものちょっと上。ここが一番お肉が付いてる。撫で撫でして❤
「ひっ・・・ふぃぃぃ」
ッパーン!!
「くっはぁぁぁぁぁぁ」
そうそう。撫でられていると思ったら急に叩かれる。『裏切り』って大事ですよね。余計に
痛く感じるでしょ?ご主人様。
「まだ、一回目ですよ?ご主人様」
「くっ」
「我慢、我慢❤」
ッパーン!!
「ひああぁぁぁぁ!」
「まだまだ」
朝のご主人様の部屋に響くスパンキング音、最高❤
でもね、わたしはご主人様が泣いてくれないと・・・つまんない。
ッパーン!!
「ひやぁぁぁぁぁぁ!」
「あっ!お尻に赤い跡が付いてきた。うふふ。今日の体育どうします?ご主人様」
「う・・・や、休む」
「え~?サボりは駄目ですよ~」
ッパーン!!
「ひっひああぁぁぁぁ!!」
「痛いですか?」
「・・・ふぁ、はい」
うふふ。少し涙目になってきた。学校でも恥ずかしい思いをさせちゃおっかなぁ。



top.jpg

これご主1

これご主2



★メイド少年の反省日記★


「さて、銀には相当キツク絞られたみたいだね。パンツにシミが付いてたんだって?」
「・・・はい。すみませんでした。どうか反省しても罪が消えるまで」
「あー。いいのいいの。そんな型どおりのオネダリとか。良し良し。いい子❤いい子❤」
あたしがランタの口上をさえぎって二人の頭を撫でてあげると、二人は一気に熱が上がって顔が火照っていくの。
あたしも○学のころはこんなに純情だったのかな?
大学院になんか入らずに、あの頃のままでいたかったな。
「でも、お仕置きは我慢しようね。いやらしいお汁出したランタもおしっこパンツのクロムもお尻叩き!締めるところはきっちり締めるよ。ランタ。クロム。パンツを膝まで下ろして床に四つんばいになりなさい」
ね?言うこと聞くでしょ?
ランタもクロムもあたしだけが三姉妹の中で唯一甘えられる存在だって知ってるから、すごく従順。
きついだけじゃダメなんだよね。
お尻叩きは。
さてさて。後ろから眺めると・・・。
うん。可愛い。
どんな美白したらこんなに綺麗なお尻になるのかしら。
化粧水と乳液だけじゃダメよね。
ああ、ダメだ。
触りたい!
触りたい!
触りたい!
でも、ここはしっかりお姉さんを演じないと。
しっかりモノのお姉さんキャラなのよ。あたしは!
「ふーむ。さて、ランタのお尻は何回叩かれれば、反省できるのかな?」
「えっと・・・あの・・・10っ・・・10回です」
「そっか。10回ね」
「クロムは?」
「あの・・・7回・・・です」
「そっかそっか❤じゃあ、あわせて17回。二人とも17回ずつね。それなら我慢できるよね?」
「あ・・・はい」
「分かりました。鈴お姉さま」
あー、分かってると思うけど17回じゃあたしが萌えないの。
回数なんか無視して、叩き続ける気満々よ。
だってしょうがないじゃない。
この世はお尻を叩く人間と叩かれる人間しかいないんだもの。
お尻を叩かれるほうはつらくても、叩くほうは快感なの!


RJ087770_img_main.jpg

シーン1_1

シーン3_1


★Game・男の娘スパンキング★



RJ079369_img_main.jpg

RJ079369_img_smp2.jpg

RJ079369_img_smp3.jpg

 四番目に紹介したこの作品は、ADVゲームです。コミカルな音楽や、ナレーションでより、相手を叩いてる気分にさせてくれるゲームです♪スパンキングは、フラッシュアニメなんかで表現されやすいカテゴリだと思うのね。その特徴がうまく生かされてる感じです。私は、最初のプレイはバッドエンドになってしまいました(^▽^: でも、何度やってもハッピーエンドにならない人のために、パスワードで他の画像を見ることができるようになっています。
※【ADVゲーム】テキストまたはグラフィック(あるいはその両方)によって現在プレイヤーの置かれている状況が提示され、それに対しプレイヤーが行動を入力すると行動の結果が提示されるので、さらにその状況に対する行動を入力……という操作を繰り返して進めていく、コンピューターとプレイヤーとの対話形式で構成される。



※スパンキング・ラブ様より 許可を得て画像をアップしています。
転載・使用・改変は禁止されていますので、ご遠慮ください。


M男性のためのリンク

↓続けられるように
ポチっとしてください。


画像頂きました。ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
himitu.jpg
Category: 読書が好き
Trackbacks(0) Comments(4) 
 |TOP