FC2ブログ

    2014

10.27

The Flagellation of Christ

 「鞭打ち」で、画像検索すると、トップに来るのはキリストの鞭打ちの絵です。

Caravaggio.jpg
カラバッジョ作 『キリストの鞭打ち』

Caravaggio 2
カラバッジョ作 『キリストの鞭打ち』

キリストの鞭打ちPeter Paul Rubens
ルーベンス作 『キリストの鞭打ち』

img_10_2014102713282580f.jpg
ウィリアム・アドルフ・ブグロー作 『キリストの鞭打ち』

nicola-grassi-the-flagellation-of-christ.jpg
Nicola Grassi作 『キリストの笞打ち』

lgp01a201402021400.jpg
コッラード・ジアキント作『キリストの鞭打ち』

バルトロメ・エステバン・ムリーリョ『鞭打ちの後のキリスト
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ作 『鞭打ちの後のキリスト』


M男性のためのリンク

↓続けられるように
ポチっとしてください。


Category:
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2014

10.27

アンドロメダ

 


 アンドロメダは、ギリシャ神話のエチオピアの王女です。
母カシオペイアがアンドロメダが海のニンフより美しいと自慢したため、ポセイドンが怒りにふれてしまいます。ポセイドンは、海の怪物カイトスを送り、沿岸を荒らしました。神託で怒りを静めるにはアンドロメダが生贄にされなけれなならないと告げられ、アンドロメダは海の岩に鎖で縛られます。
 たまたま通りがかったペルセウスがアンドロメダを救うため、メデゥーサの首でケートスを石にして倒し、その後ペルセウスの妻となりました。



 神話の世界のモチーフは、色々とエロい。けれどその中でも、このアンドロメダのお話は突出しています。美しい乙女を生贄に差し出す。よくある話ですが、怪物に食べさせるために、裸にして岩に鎖でつなぐってどういうことでしょう。(服を脱がせたかどうかは、諸説あるが、絵画のほとんどが裸のモチーフを選んでいます)
 絶対に、昔々の絵画は、権力者にとってのポルノグラフィ的な位置づけに会ったに違いない・・・と、邪推してしまうような出来栄えです。




andromeda-279797_640.jpg
アンドロメダ像

img_1.jpg
ギュスターヴ・ドレ作 『アンドロメダ』(1869年)

img_0_2014102520003151f.jpg
エドワード・ポインター作 『アンドロメダー 』

img_2_20141025200032653.jpg
ルーベンス作 『アンドロメダ』

lgp01a201303071200.jpg
ルーベンス作 『ペルセウスとアンドロメダ』

t02200267_0330040011510721902.jpg
ウィテウァール作 『ペルセウスとアンドロメダ』

2010042816240585c.jpg
ティツィアーノ作 『ペルセウスとアンドロメダ』

an11.jpg
レンブラント作 『アンドロメダ』

y153-4.jpg
ヴァザーリ作 『アンドロメダを救うペルセウス』

y153-5.jpg
ヴェロネーゼ作 『ペルセウスとアンドロメダ』

lgp01a201402151400_20141025204655122.jpg
フレデリック・レイトン作 『ペルセウスとアンドロメダ』

image[4]
ジャン オーギュスト ドミニク・アングル作 『アンジェリカを救うルッジェーロ』
アンドロメダと物語が酷似しています。

M男性のためのリンク
↓続けられるように
ポチっとしてください。

Category:
Trackbacks(0) Comments(0) 
 |TOP