2019

10.30

お道具製作所・蝋燭編

 色と温度を選んで製作できる蝋燭のお道具製作所に行ってきました。平日なのと、雨が降っていたせいか、参加したのは全員女性。そのせいか、みんなで可愛いを連発しながらの大盛り上がりに。私は、かなり、熱い温度設定の55度と60度で製作しました。
 子供の頃に、さいとうたかおの「影狩り」の捕まっちゃったくノ一拷問のシーンで目覚めた私は、明かりの蝋燭に怯える腰元を見て、仏壇蝋燭で、どうなるか試してみたんだけど、自分でやってもたいして楽しくなかった。(笑)自分をくすぐってもなんともないのと同じよね。


まず、何色にするか温度は何度にするか、お試しします。
蛍光色が評判がよかったんだけど
実際に遊ぶ時にブラックライトがあるかどうか分らないよね。

W280Q75_W320Q75_S__11517976.jpg


次は、湯煎にかけながら蝋を溶かします。
蝋燭は気化した蝋が燃えてるので
温度をコントロールできる道具がない時は
直火は危ないのです。

W280Q75_W320Q75_S__11517975.jpg


それを型に流し入れ
少し固まったら芯を立てます。
冷えてくると真ん中が凹んでくるので
継ぎ足します。

W280Q75_W320Q75_S__11517970.jpg


しっかり固まったら、型から外してラッピング。
今回使った型は100円ショップのお弁当に使う
シリコンおかずカップ。
ペロンと外せるのでかなり便利。

W280Q75_W320Q75_S__11517961.jpg


これは、音縄さんが作ったの。
二層になっててまるでアポロチョコレートみたい。
温度を変えて、最初はぬるく
だんだん盛り上がってきたら熱くなるとか面白そう。

W280Q75_S__115179601.jpg

 
 
Category: リアルライフ
Trackbacks(0) Comments(4) 

    2019

10.20

TittyTwister・三周年おめでとう

 大きな台風がやってきて、ほんとにちゃんと周年パーティーできるんだろうか・・・って、ずっと、ヒヤヒヤしていました。電車が通常通りに走って無くて、土曜日のイベントが日曜日に変更になってるところもあって、被害にあわれた方も当然いらっしゃるわけで、申し訳ない気持ちもいっぱいあって、それでもなんとか、TittyTwisterの周年に行くことができました。



TittyTwister

三周年おめでとうございます。



W280Q75_W280Q75_EGfa5usUEAA7_Hi.jpg


 今回の注目は、これ!バキュームラックです。空気をきゅうううううんと、抜くとぴったり身体に貼り付いて、ぴくりとも動けなくなるの。で、やって見せてもらいました。なんか、堅くなって銅像みたい?全く動けないってどんな気持ちなんでしょう。当然、中に入っている間は、目も開けられないので、何も見ることもできません。

W280Q75_W320Q75_S__11427858.jpg

W280Q75_W320Q75_S__11427855.jpg

W280Q75_W320Q75_S__11427857.jpg
ほら!ね。ドキドキするでしょう?

 三和出版のブースもあるんですよ。これは、結構、珍しいことなんです。出版の裏話とか根掘り葉掘りできます。パラパラめくって中を覗いても、大丈夫、恥ずかしくないから。(笑)

W280Q75_W320Q75_S__11427847.jpg

 そして、ちゃんと「ちょこ&ハニー」のスパンキングのブースもあります。いらしてくださった方ありがとうございます。かなり、カオスな空間になっていましたが、楽しくおしゃべりしたり、お昼ご飯を食べたりしました。それから、みんなで作ったカルタをしたり、その結果ビシバシお尻を叩かれたり。お遊びスパでかなり楽しみました。ディシプリンとは、また、違う楽しみ方です。

W280Q75_W320Q75_S__11427851.jpg

W280Q75_W320Q75_S__11427850.jpg

 夢の終わりは、スタッフショー。私は、二階のベランダから見下ろしました。席を譲ってくださったS男性ありがとうございます。みんなが優しくて、なんだか、しんみりしてしまう。SMバーって不思議だけどそんな場所です。

W280Q75_W320Q75_S__11427842.jpg

また、来年ね。


Category: リアルライフ
Trackbacks(0) Comments(1) 

    2019

10.12

アール目白店に行きました

↓クリックするとオンラインショップへ
logo アール目白

↓アール公式ブログ、商品の入荷情報などもこちらで、製品の細かいサイズやデータとかも載っています。
★アール懺悔室

 
 1971年創業。 アールplusは、SMボンデージブランド『奴隷市場』の直営店です。
店内には、革製・ラバー製の拘束具や責具、コスチューム・下着・装身装飾具・矯正具・ボンデージファッション・フェティッシュグッズ・馬具・シリコン製品・アナルグッズ・金属製品・メディカルグッズなどを専 門に取り扱っており、商品を直にご覧いただき、ご購入いただけます。
当店のSMに対するこだわりと熟練した職人による上質な仕上げ、高品質な皮革・ラバー製品をご堪能下さい。
店舗のみでの取扱商品も多数ございますので、お近くにお越しの際はぜひご来店下さいませ。皆様のご来店お待ちしております。 (ホームページより)




W320Q75_S__11231239.jpg

W320Q75_S__11231238.jpg

W320Q75_S__11231241.jpg

W320Q75_S__11231255.jpg

W320Q75_S__11231256.jpg


  よくSMをソフトやハードで分けるけれど、それは、あまり意味の無いことなんじゃないかなぁ・・・・・・と、思うのです。どれだけ気持ちがそこに没入してしまってるか、相手に囚われているかこそが重要なんじゃないかと思うからです。同じように鞭をしても、鞭の種類や軽さ強さ、残った痣に対する執着等。それこそぼろぼろになっても風のようにさらっと通り過ぎていける人もいれば、いつまでも、忘れられない思い出になることもあるわけです。

 けれど、やっぱり、伝えるのに分りやすい区分ってものもあります。鞭は、痛みを伴う行為。やっぱり、それに拘りを持つ人たちは、少数派なのかもしれません。
 それというのも、こっちの方がよっぽど敷居が高いんじゃないかと思う尿道プレイや貞操帯が好きな人たちの割合がかなり増えているらしいんですよね。よく考えると、前立腺を刺激する尿道プレイって、気持ちいいを追求する行為。しかも、相手がいなくても自分でチャレンジできるので、確かにやってみようという気持ちさえあればやれるのかもしれない。

 さて、じゃあ、これをやろうと思うなら、まず消毒です。金属のアイテムを使うならお湯で煮立てて煮沸します。それからやる前に手を隅々まで丁寧に洗うこと。よく、病院で手を殺菌するために使われてるプッシュ式の殺菌アイテムとか手元に準備しておくのもおすすめです。それから、ローションでは無く医療用の潤滑ゼリーをたっぷり使います。道具にも亀頭にもしっかり塗ります。そして、挿入するものはちゃんとしたそれ用の道具を選んでください。細ければいいって訳でもなく、適度な太さと丸みが必要らしい。挿入はゆっくり、とにかくゆっくり。そして、できれば勃起してない方が入りやすいです。(って、これ、尿道オナニーとか、尿道プレイする時って無理じゃない?)痛みのない角度とかあるので、ネットでちゃんと検索して、くわしい知識をきちんと仕入れてね。出し入れするよりも、回す方が安全で傷を付けずに、快感を得られます。( 。 ・ _ ・ 。 )

 アナルへの挿入でもよく起こるように、ストッパーのついてないものを入れたための事故はものすごく多いんです。まち針や綿棒を使う人もいますけど、危険です。(笑)上級者になってから、自己責任で行ってください。なんで、こんなものをと思うようなものを入れて病院に来る人が多いのを忘れないでね。


尿道を洗ったり、ゼリーを挿入するのに使います。
W320Q75_1_000000001377.jpg


ブージーは、この角度がついてるのが挿入する時にスムーズなんだって
W320Q75_1_000000001160.jpg


医療用の潤滑ゼリーです
W320Q75_0000000010942.jpg


つるつるつるって入っていく不思議な道具
W320Q75_1_000000001283.jpg


亀頭リングがついてるので付けたままにできます
W320Q75_1_000000001088.jpg


あーうー、これの使い方は人それぞれよね。(笑)
W320Q75_0000000009062.jpg


★写真は全て許可を取って撮影しています。また、通販サイトの画像も、全て許可を取って使用させていただいています。転載・使用・改変は禁止されていますのでご遠慮ください。
Category: リアルライフ
Trackbacks(0) Comments(0) 
 |TOP