2020

09.24

足がつかないお尻叩きのための台







 別になんの変哲も無いいつもの動画なんですけどね。(笑)鳴き声が可愛くてついついあげてしまいました。実は、その前に可愛いまっしろなお尻の画像に惚れて、それをブログに書こうとしてたんですが、実際によくよく確かめると、淡々と数を数えてる我慢強い女の子だったので、こうなってしまいました。(爆)
 この事象からも分るとおり、叩く側の私からすれば、痛がってくれないとつまんないのです。すみません。まったくディシプリンスパンキングとしては、だいなしな意見です。あなたのカーは決してそういう人ではないことを祈るばかりです。でも、最後に赤くなったお尻を撫でている彼女はちょっと可愛かったです。

 こんな大仰なお仕置き台が無くても、ちょっと机にお腹をのっければいいだろう、と、考えちゃうんですが、やっぱりそれは違います。だって、これ、見ただけでドキドキすると思うんですよ。校長室に呼び出されて奥に通されてみれば、こういう台が置かれている部屋があるんですよ。無情にも後ろのドアはすぐ閉められてしまい、逃げ出せそうにありません。怖い顔した先生が、ケインをふりふり、あなたの罪状を述べ始めます。多分、ケインで、50回とか、100回とか打たれると言われたらどうします?かなり絶望的な気分がつのってくると思います。

 さて、じゃあ、お仕置き台に自分から乗ってください。ひょいとは乗れませんよ。自分で身体を引き上げないと。何しろ足がつかないんですもの。お腹を乗せた姿勢はきっと苦しいでしょうね。それに、そうなってみると、自分がにっちもさっちも行かない状態になってることに気がつきます。それから、スカートを脱がされ、下着ももちろん下げられちゃいます。お仕置きのためとはいえ、あまりにも恥ずかしい格好です。そうだとしても、あなたに出来ることはほとんどありません。なにしろ、足がつかないだけで無く、前に曲げることが出来ないように作られているからです。

 打つ側の先生からすれば、可愛い生徒の傷一つ無いお尻が、さあ、どうぞと差し出されている格好になるわけですから。この上なくおいしい、いや、打ちやすい、いや、厳粛な気持ちになるのではないでしょうか。この生徒を、正しい道に導くのはあなたの使命です。きっちり、しっかり、みっちりと打ちのめしてあげなくてはなりません。泣いたりしても手加減したりしませんよ。だって、その生徒のためになりませんからね。いざ、頑張りましょう。

 うふ、うずうずしてきちゃいました。早く、自粛が終わりにならないかなぁ。


 
Category: スパンキング
Trackbacks(0) Comments(1) 

    2020

09.22

お尻叩きの絵・4





↓クリックするとサンプル画像へ
W280Q75_art1799.jpeg

W280Q75_art11288.jpg

W300Q75_art5728.jpg



W300Q75_art5746.jpg



W300Q75_art5747.jpg




 この最後の、お腹にしがみつかせておいて逆しまから叩くのはかなり楽しいかも。
 現実のディシプリンスパンキングは、どこか、お約束のお遊びみたいなところがあるので、SMをする人達からすると、ちょっと、甘く見てしまうところがあるような気がします。しかし、お尻ってかなりピンポイントなので、急速に鍛えられていくんですよね。だから、キーちゃんだけを相手にしてた時期を脱して、他のお尻を叩くようになった時、自分が意識せずに鬼畜へと育っていたことに気がついてびっくりしました。
 どのような形であれ、お尻を叩くのは楽しいです。(笑)


お休みの終わり、おまけの4分スパンキング
Category: スパンキング
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

09.22

Femdom Cuckold - Mistress Kym Real Life Story






薄闇の向こうに囚われて居る私は
すでに人間ではない

ただぬくもりを求めてうごめくだけの
主の足下にうずくまる生き物
気まぐれに打ち据えられ
呻くほどに踏まれることが
惨めで 辛く 哀しいはずなのに
満ち足りた幸せが
にじみ出てくる

声が聞きたい
あなたの声
主であるあなたの
私が寄り添う事ができる
ただ一つだけ 現実に私を繋ぐことが出来る





Category: 男性への支配
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

09.18

足上げて



Lola in the Diaper Position

W320Q75_lola0001.jpg

W320Q75_lola0008-630x354.jpg


  Diaper Positionって、言うらしいんですが、つまりこれ「オムツポジション」って、やつです。オムツを替えるときみたいに両足をそろえてあげるポーズですが、たいていの場合は自力で足を維持しないといけない訳です。今回、載せた画像はその形にしっかりと固定してくれる道具を使ってるから、かなり、恥ずかしいけど、楽だと言われれば楽なのかも。痛いときは、もがくこともできますし。自分で姿勢を維持しないといけないとなると、足を降ろしたりしたら叱られますからね。場合によっては、最初からやり直しになったり、叩く回数が増えたりします。それが、いいと言えばいいんですが。いいのは、叩く側だけ?(笑)
 たとえば、100回叩くとか回数を決めたとき、カーは、キーが数えてるものと思って話しを進めます。でも、たいていの場合、数えてないんですよね・・・・・・。すると、始めからやり直すことに。あれって、どういうことなんだろう。始めからやり直しが好きなのかなぁ。何度も、お尻叩いてる相手でも数えてないから、きっと、好きなんだと理解して、また、やり直してるんだけど、違うんでしょうかね。(笑)

 過去の子育てのためのスパンキングでは(現在では虐待なので行われません)ある程度の年齢になると、膝に乗せられるオーバーザニーではなく、ベントオーバーになることが多いんです。もう大きくなったんだから、自分で姿勢を保ちましょうね・・・って、事です。赤ちゃんのように、膝に乗せられるのは恥ずかしい。つまり、子供にもプライドがある訳なのです。

 ほんとうのところ、あなたは、どんなポーズが好きかしら。







Category: スパンキング
Trackbacks(0) Comments(2) 

    2020

09.15

Femdomの鞭 ・ 3







 海外の鞭動画って両手吊りが多いと思います。一つにくくってるのも、離して吊ってるのもあります。伝統なのでしょうか。
 吊られると、鞭は逃げられないけれど、もがいたり、背中を向けたり、ちょっとずつ姿勢を変えたりできると少し楽なんですよね。最近外出できないものですから、鞭の夢を見るようになりました。欲求不満でしょうか。(笑) 誰か的になってくれないかなぁ。まあ、こういうのって、誰でもいいって訳じゃないのが困りものですよね。




Category: 鞭動画マラソン
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

09.09

Mistress Kym

↓クリックするとそのサイトへ
LogoKinky-Domme20200907.png







 空気が和らいでぬくもりがきざし、朝日が昇ってくるのが素肌に感じられる。一晩中座っていた足はしびれ、後ろ手に回されて留め付けられている手枷が肌に溶け込んで身体と一体化しているようだった。週に一度、そうやって膝をついたまま過ごす夜も、だんだんと慣れ、最初ほどは苦痛ではない。頭にかぶせられた全頭マスクの中に自分の息がこもり、酸素が足りなくなってくるのかうつらうつらした頭はぼんやりと、霞がかかったように働かない。
 主が寝返りを打つ音がする。羽布団とシーツが擦れるかすかな音。あるかないか分らないほどの体臭が、部屋いっぱいに広がっているような、願望に近い妄想に包まれて満ち足りた心地になる。
 しびれを振り払おうと、体重を右から左へ移すと、繋がれた鎖ががちゃりと音をたてた。遠くから車の音が近づいてきて本格的に朝が始まったのが分った。やがて、主が起き上がる気配がする。見えないけれどけだるげに、髪をかき上げながら、ゆっくりとベッドを降り、近づいてくる。呼吸を止めて、どちらから来るのか耳を澄ます。側に来ているはず。体温を感じるはず。
 まだ、しびれの残っている右の太腿に暖かい足裏が押しつけられた。それから主の重みが。歯をくいしばり、身体をこわばらせてもうめき声を押し殺せない。かすれた声が耳に吹き込まれる。
「おはよう」
 ああ。幸せな朝が、また、始まる。


Category: 男性への支配
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

09.08

Women-Spanking-Men


↓クリックするとそのサイトへ
W280Q75_free_masthead.jpg


W320Q75_submissive_male_punishments.jpg

W320Q75_dominent_women_men.jpg

W320Q75_male_bruised_butts.jpg

W320Q75_male_domination_women.jpg

W320Q75_male_submission.jpg


 男性がキーのスパンキングサイトって少ないんでしょうか。真剣に探してもなかなか見つからないんです。ゲイスパンキングなら、あるんですけどね。
Category: スパンキング
Trackbacks(0) Comments(0) 
 |TOP