2020

10.28

Revenge on the laughing Girl

↓クリックするとサイトトップへ




↓クリックすると作品のページへ
W320Q75_revenge_24.jpg

↓クリックするとレビューのページへ
W320Q75_revenge_19.jpg

↓スクリーンショット
W320Q75_revenge_28.jpg

↓Trailer
W320Q75_revenge_07.jpg



 「The Prison Punishment Show」って、なんて蠱惑的な響きでしょうか。囚人を鞭打つ行為を見世物にして、人々を楽しませる行為は、今ではあり得ませんが、歴史的には普通の事でした。それは、見せしめの意味もあったでしょうが、娯楽の無い時代の人々にとっては刺激的な楽しみでもありました。街角に公開処刑台は設けられ、時には、ありえないほど残酷な行為が行われてきたのです。

 刑を宣告され、逃れられず打たれる女性を見て、楽しみ、喜びに笑うローリーという女性がいました。今回はそのローリーが、笑った女性達に復讐されてしまう話しです。捕らえられ、縛られ、目隠しをされたローリーは、なにが起きたのか分からず怯えるしかありません。
 白いタンクトップにショーツの姿のローリー。窓も無く狭くトイレがあるだけの部屋の椅子に荒縄で縛り付けられています。反して、彼女に復讐する女性達は黒いタンクトップを着ていて、その対比はまがまがしいほどです。
 「あなたは私たちを笑ったことで同じように鞭打たれる事になったのよ」と、ティッピは告げます。今から囚人と同じように縛られ鞭打たれるのです。長い柄がついた革の鞭で、回数にして25回の背打ちです。しかも、これで終わりではありません。これが一回目なのです。
 彼女は檻に戻され、ベッドの上で一人泣きひしがれます。予告されたとおりにこの罰は繰り返されることが確実だからです。間の休憩はなんのためにあるのでしょう。待っている時間は、それそのものが拷問のようです。背中の傷は焼けるように痛み、やがては、連れ出されて、またあの激痛を耐え忍ばなければならない事を思わせます。

 やがて二回目の鞭打ちが行われます。ケインによる尻への25発です。その痛みに彼女はのたうち、涙を流します。やっと、その刑を耐え忍んだ彼女は「二回目よ」との宣言を受けます。にっこりと笑うティッピ。この罰はまだまだ続くのです。坊へ戻るローリーの足はもつれています。
 檻の鉄格子に縛り付けられたローリーに最初の面影はありません。ティッピはそのローリーの腕に入れ墨を施します。永遠に彼女が忘れないように?もう、彼女は打たれる前の自分に戻ることはできないのでしょうか。

 三回目の鞭打ちの時、彼女に宣告される回数はありません。25発数えれば終わりだった罰はいつ終わるとも分からないのです。そして、この罰が何度繰り返されるのかも・・・。
 



Category: SMサイト訪問
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

10.26

Triple A SPANKING




↓クリックするとサンプル画像へ
0212012110811.jpg


 甘やかされて育った早熟な少女達。義理の姉妹の間にはささいな嫉妬と争いのネタがあったのです。嘘をつき、親を巻き込むことで、事を複雑にする少女たち。解消するためにはどうしたらいいのでしょうかね。このキャットファイトが私たちに満足を与えるように、彼女たちのわだかまりを流してくれるといいのですが。

Category: スパンキング
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

10.21

HENTAI

 hentaiとは、日本のアダルトアニメや成人向け漫画、ギャルゲーやエロゲー、またはその画風を模倣したものを指して、日本国外で用いられている言葉なんだそうです。ネットでちょっと拾ってみましたが、縛られてバイブ等を挿入されたものが、大量にあります。そういう画像が好まれているのかもしれません。
 動画共有サイトに行くと、アダルトアニメもかなりの数アップされているわけですが、わりと画一的なお話が多いような。これ観てるのって「BDSM」な性癖の人達じゃないような気がします。ソードアートオンラインの方がよっぽど変態的です。


↓クリックするとサンプルページへ






W320Q75_420201021.jpg


W320Q75_120201021 (1)


W320Q75_120201021 (2)


W320Q75_120201021.jpg


W320Q75_320201021.jpg


 実を言うと、昔々、プライベートモード(パスワードはすぱんきんぐ)にしてある方のブログで取り上げた美少女ゲームをOVAアニメにしてあった「夜勤病棟」や「臭作」って作品は、ちょっとよかった。
 それで、今回一生懸命「臭作」を探したんですが、ゲームの解説映像はかなりあったんですが、OVAの方は一番下の5分のしかみつかりませんでした。よかったのは、このシーンじゃないんだよ。。。
 昔は、こういう動画共有サイトとか無かったので、10秒ほどのサンプルを見て、間を妄想でつなげたりしてました。昔のブログの下の方に「女子寮鬼畜用務員シリーズ」として、リンクが貼ってあるのがそれです。涙ぐましい努力ですよね。(笑)夜勤病棟はみつかったのですが、今、見比べるとやっぱり「臭作」のいやらしさは秀逸でしたよね。






Category: SM動画・画像サンプル
Trackbacks(0) Comments(2) 

    2020

10.19

The Prison Punishment Show

↓クリックするとサイトトップへ




↓クリックすると作品ページへ
W320Q75_pps_11.jpg

↓クリックするとReviewsへ
W320Q75_pps_27.jpg

↓Trailer
W320Q75_pps_41.jpg

↓Screenshots
W320Q75_pps_57.jpg


 そのショーはサディストの夢である。罪人の軛をつけられた女性達。両手を大きく広げて拘束されたどこにも逃げられないようにして鞭で打たれる、哀れな囚達。 多くの観客がそれを楽しむ。現場で、それからモニターで。女性達はもがき、泣き、許しを請う。そうして、晒されるのはいかばかりの苦しみか。

 ティッピは、うかつな物言いにのために、ガート達から目をつけられてしまう。そして、急な持ち物検査や、理不尽な言いがかりによる懲罰が、行われる。彼女は、どうやったらそういう嫌がらせから逃れられるのだろうか。それは、ショーへの参加を申し出ることだ。ショーに出れば、この煩雑さから解放され、居場所が与えられるのだ。

 ニコルはティッピと間違えられた囚人で、全くの無実である。しかし、本当のところ、彼女らに罪などない。ただ、観客のために差し出される生け贄だし、そして、進んで希望した物だけが、この後の特別扱いを享受できるだろう。とにかく、みんなニコルはティッピでは無いことを知っている。だとしても、彼女は、もちろん鞭で打たれなければならない。

 そして、さあ、今度こそティッピの番だ。彼女の罰の計算が始まる。それは、一つ一つ積み重なって、今までにない数になっていく、テイッピは、泣き、怒鳴り、壊されるだろう。そうして、ガードは彼女たちのバラバラになったかけらを拾い集める。また、明日、位置からそれを楽しめるように。








Category: SMサイト訪問
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

10.07

これはケインじゃないだろう・・・。






 これは、おそらく、ナイフで有名なコールドスチール社の鞭だと思われます。名前は「Sjambok 」と言うんだって。日本の武器屋さんの通販を見ると、前のものよりも、太く、長くより強力になりましたとか、書いてあります。グリップは吸着性抜群のノンスリップブラックカーボンラバーです。革巻き風のデザインで、抜け防止のエンドボールが付けられています。柔軟な合成プラスチック製の鞭なのでで軽く、柔軟で耐久性も抜群です。コールドスチール社のHPでは「暴動コントロール武器として南アフリカの警察によって採用されました」との記載もあり実用性も十分です。
 全長約107cm・径グリップ部30mm

 しかし、この暴動コントロール用の「武器」で女の子のお尻を叩くなんて、なんて鬼畜なんでしょう(喜)

 ところで、毎回思うのですが、この女の子「痛い」って言ってません?痛いときの悲鳴って、万国共通なのかなぁ。


↓クリックするとAmazonへ
51eDqZGFOmL.jpg




Category: 大人のおもちゃ
Trackbacks(0) Comments(12) 

    2020

10.06

Cuckold chastity released after tease

↓クリックするとそのサイトへ
LogoKinky-Domme20200907.png









 命令されるままに、ベッドにあがり、四つん這いになって足を開くと、ちょうどふぐりが無防備に相手の目の前に晒されるのが分った。服を着ている女性の前で、裸になるのも慣れていないのに、こんなふうにあからさまな姿勢で全てを開き、相手の要求するがままに差し出さねばならないのが辛かった。
 先週、一週間、手も触れていないそれは重くぼったりと垂れ下がり、状況にすっかり興奮してしまった竿はみちみちと皮を引っ張るほどに膨らみ、己の居場所を主張している。自らの吐く息が熱く、耳まで赤くなっているような気がした。
 主の手がその実った掌に添えられる。振れているようでそうではない、かすかなぬくもりと手の動き。あるはずのない喜びが背を走り抜けた。手を突っ張り、背をしならせながら、そのもどかしさに耐える。危うく主の手に、自分の卑しいものを押しつけそうになりながら、ようやく、必死に踏みとどまった。拳を握りしめ、歯を食いしばり、膝をベッドのマットレスに押しつける。
 掌がゆっくりと離れて行くと思わず身体が後追いしてかしぎ、名残惜しさにため息をついてしまった。そんなあからさまな反応が望まれているはずはない。もう一度姿勢を立て直す。こらえていた息が漏れ、苦しさに肩が上下する。
 もう一度。請い願う。しかし、ぬくもりは戻ってこなかった。
 やがて、主が離れた場所にあるソファに腰を落とす気配が伝わってくる。そのまま、何も言われず、何もされず、ただ、晒されているだけ。その視線が、肌の上を這い回り、その感覚にどうしていいか分からない。
 その困惑を、振り払うには激しい苦痛が必要だ。鞭の一振りで、余計な考えは押しやられる。求めているものは消え去り、頭の中は空白になる。異常な状況が、自分の置かれている現状をあぶり出すはずだ。そして、自分自身の主へのこの気持ちも。

 鞭が、欲しい。主の無情の鞭が。

Category: 男性への支配
Trackbacks(0) Comments(2) 

    2020

10.05

ザ・シビアン(Sybian)

 機械に犯されちゃうのって、不思議な感覚です。それを与えるのは人間のはずなのに、無機質で、空虚で、残酷な責め。シビアンは、海外でも、日本でも、人気の道具。いろんなバリエーションのアタッチメントがあるのはびっくりしますね。






↓Dr.Bumpy
2020-08-31 (3)

NewPad1.jpg



Category: 大人のおもちゃ
Trackbacks(0) Comments(0) 
 |TOP