2020

12.23

ベルトで打つを検索してたら





W320Q75_harem-caning-00.jpg


 ベルトで打つの画像検索をしてたら、ヒットしたのは自分のブログでした。orz


W320Q75_belt-spanked-hottie.jpg

W320Q75_hard-labor-whipping.jpg

W320Q75_switch-and-dicks.jpg




Category: スパンキング
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

12.23

Crisis

↓クリックするとサイトトップへ



 以前足を上げてって、記事を書いたけど、自力で足を上げるのってかなり大変ですよね。ビシバシされたらやっぱり心がくじけてしまいそう。
 だけど、この女性、打たれてる間ちょっとお尻を自力で持ち上げて、打ちやすいようにお尻を捧げてるところが素敵です。この行為、加虐を行ってる相手への尊敬と愛情を感じます。

 そして、ちょっとカメラを引いてみましょう。おやおや、足首を縛られてるせいで、逃げることが難しくなっています。そして、この縄の支えでちょっと楽だったりして。
 さあ、隣のお姉さんのお仕置きが終わったら、今度は自分の番ですよ。どきどきしますよね。恐怖に震えながら、お互いの手をしっかり握りしめ、気持ちを慰めあっているふたりです。

 しかし、こんな風にあっという間に血がにじむほどの痣を作るって、このS女性の技術がすごいわ。がんばって、鍛錬しないといけないですよね。

↓クリックするとMOVIESへ
W320Q75_crisis_51.jpg

↓クリックすると作品ページへ
W320Q75_crisis_58.jpg






Category: SMサイト訪問
Trackbacks(0) Comments(2) 

    2020

12.09

(日本の)Femdomの鞭 ・ 6







 痛い事が好きだ。

 痛い事を表側から見る。それから、裏側からも。
自分がされる事は嫌だったし、向いてないって思っていた子供の頃、私は自分をSだと思っていた。それから、痛い事をされるようになった時、案外それが好きだったので「おやおや、自分はMだったのね。」と、考えた。 
 しかし、今、しっかりとSになってしまっている。(笑)しかも、多分相当の人でなしだ。
さて、コレを受ける側はどうなるのだろう。残念ながら簡単には見つからない。

 あなたがもし、痛い事が好きな人だとしよう。もしくは痛い事の必要な人だとしよう。だとしても、ものには得意不得意があるのである。Aの鞭には驚くほど耐えられるけど、Bは全く無理。殴打されると陶酔できるけど、それ以外は受けられない。とにかく針が大好きで、殴打なんてとんでもない。そのちょっとずれた事を無理強いされるとトラウマになる。
 これは、被虐の気持ちが強い人でも起こりうることなのだから、ましてや、痛い事には興味がない、もしくは苦手だ・・・と、云う人だったらどうやっても無理だったりするのである。

 一本鞭が苦手だという人は多い。たいていの場合は経験者である。打たれてみてだめだと気がつく。しかし、本当にダメなのだろうか。その鞭は?相手は?あなたの感情は?それは、恋人がいないのに「セックスが嫌い」って言う人みたいな論理じゃないだろうか。
 私は考える「優しく打ってもらって、少しずつ一歩ずつ前に進めばいいのでは。今よりも次は回数を多くして。耐えられる範囲を少しずつ進めて」やってみたらどうなんだろう。
 もちろん知っている痛みは、知らない痛みよりも怖くは無い。少しずつ回数を増やすことは可能だ。けれど、その前に、その相手は鞭が好きなのだろうか。どんなに辛くても終わった後に、甘い思い出を持ってその瞬間を振り返られるようで無ければ、どこかで何かが間違っていると思うのだ。私は痛い事が好きだ。だから、相方にもまず好きになってもらいたいと願う。

 好きになることから始めよう。好きになれず、どうやっても嫌いな時は・・・・・・諦めるしか無い。


Category: 鞭動画マラソン
Trackbacks(0) Comments(4) 
 |TOP