FC2ブログ

    2012

08.01

白昼夢4


↓クリックすると画像をお借りしたブログへ
DSC_0852.jpg




最初から読む

  気がつくと、私は古いビルが作る日陰に、キャリーバックを椅子にして座っていた。辺りを見回しても、さっき入っていたはずの廃屋の病院は見つからない。何度も繰り返した、眠れない夜を埋め尽くした夢。恐ろしさに震えながら、汗びっしょりの身体を、どこもタオルケットの下から出ないように必死に身を縮めていた。誰かが、その浮いたタオルの下にある私の足を掴むような気がして。

 あの病院は、私の夢のなかだけにある。

 汗が引くまで、ぼんやりと、アスファルトの上に日差しが作った影が動いていくのを眺めていた。少しずつ拡がり、なにもかもをその影のうちに取り込んでいく。あの人の闇からもう私は解き放たれてしまった。もうあの人は、あの駅のマンションには住んでいない。もう私は、あの夢を懐かしむことはない。
終わったのだから。

 弾みをつけて立ち上がると、腕時計を見た。大幅に遅刻してしまいそうな気がして、慌てて携帯を取り出す。「ただいま駅から歩いている途中なり。お損なってごめん。」携帯を閉じると、ガラゴロと音を立てて重い荷物を引きながら、私はまた歩き出す。曲がるはずがなかったまっすぐな道へ戻るために。目的地に辿り着くために。

 そういえば、今日は、あのゴム鞭は置いてきてしまった。



 この物語はあるサロンの書き方講座から生まれました。起承転結の物語の起と承の間に、サロンの執事さんが短い文章を書いてくださいます。その文章を受けて承転結を書く練習です。執事さんは、以前SM雑誌の編集をされていた方です。
 この文章は、起承転結の4つの部分の長さがアンバランスであるというご指摘を受けたので、次回伺って、今度は、文章の削り方について教えてもらうことになりました。うまく行ったら、またご報告いたしますね。
ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

 画像は4枚とも、行列のできる縄師さんと呼ばれるほど、受け手にとって気持ちのいい縄をされる、エロ王子さんのブログからお借りしてきました。ありがとうございました。

↓鹿鳴館サロンのHP
salonbanner_2.jpg

↓鹿鳴館のHP
header_01.jpg

↓続けられるように
ポチっとしてください。


★エロ王子様より 許可を得て画像を転載しています。
転載・使用・改変は禁止されています。
(c) 2012 縄艶 Jouen All Rights Reserved.
Category: 物語
Trackbacks(0) Comments(2) 
Next |  Back
Comments

to ポエムさん

 この話は、2で異世界に迷い込んだ女が
3で昔の記憶の中に入り込んでしまう展開になりました。
すべて、執事さんが、まったく想定外の廃墟の病院をもちだしたせいです。w

3の物語の男は1で、もう、降りることのない駅と書いたところに住んでいました。
そして、夢の中で「わたし」を石臼で引いたりしています。

物語は、「人形のように」にもあります。
ただあっちの方は女性向け甘々SMロマンス小説です。

桜さやか#- | URL | [編集]
2012/08/08(水) 16:30:03

2の気味の悪い廃屋の話も、3の鞭で打たれる話も好きな物語ですが、2と3はどう繋がっているのですか。
今まで物語はあまり読んでいなかったのですが、6月でしたか「押入れ」というタイトルの詩が心に響きましたので、今回の物語も読ませていただきました。
これからは必ず読もうと思いますのでどんどん物語を書いてください。

ポエム#EFgSNI4g | URL | [編集]
2012/08/06(月) 00:44:37

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL