FC2ブログ

    2005

10.19

お灸

 お仕置き小説というジャンルがあるかどうかわかりませんが、ウェブ上にはそれが存在しています。スパンキングで、検索をかけるとヒットしてきます。
 お仕置きをするのは、先生、お母さん、そして、教会のシスターか、寺院の尼僧です。お仕置きされるのは高校生くらいの女の子です。自慰をした、男の子と遊んだという理由でお尻を叩かれたり、お灸を据えられたりします。お仕置きのためには、熱くしないといけません。「お灸の痕」って、どんなものかわかりませんが、やけどですよね。それをいけないことをした場所にされちゃいます。



「!? あつい!? ああ…あつっ! あつーっ! ああああああーっ!」
 最初に感じた温みは、またたく間に炎熱となった。
 全身の筋肉が、強張った。
 腕が足が、身体中の全てが、あそこに乗っているものを取り払おうとした。
 足の動きを紐が封じ、それ以外を良円が封じた。
「取って! お願いっ! 熱いっ! 助けてええええーっ!」
 ありったけの声。
 泣いていた。自分の意志では無かった。
 限界寸前のところで、炎熱はおさまった。
「よく耐えました。でも、これぐらいでは許されません」
 泉園がそう言い、またあそこの谷間が広げられる。
「もう許して下さい! お願いです。もう二度こんなことはしません。だから…いやっ、熱いっ! いやああああああーっ!」
 瞳から溢れ出した涙が、弾け跳んだ。

 そこに触れられるだけで、全身の力が瞬時に抜けた。
 もっとも、敏感な箇所であった。
「やめて下さい! そこは、そこは許して下さいっ! お願いします!」
 頭を上げ、必死で懇願する。
 三度も、あそこの谷間にすえられていた。
 もう充分であった。
「ここに、二度すえます。それで躾は終わりです」
「そんな!? そこだけは許して下さい! 本当に許して下さいっ!」
 残酷な宣言であった。
 自分の身体は、自分が一番よく知っていた。
 あそこの谷間の比ではない。特に香奈は、敏感な箇所であった。
 そこに艾が置かれた。
 全身でそれを香奈に伝えてきた。
「本当に許して下さいっ! 他の場所なら据える回数を増やしても構いませんっ! だから、そこだけは許して下さいっ!」
 大声で叫ぶ。何度も叫んでいたせいか、声にかすれが入っていた。
「特に敏感なところなのは承知しています。だからこそすえておきます。二度とここに来ることがないように……」
                                        「母情戒」より



okyuu




Category: SMノベルズ
Trackbacks(0) Comments(7) 
Next |  Back
Comments

to ナゾマさん

 新しいホームページいってきました♪
気持ちを新たにまた読んじゃった(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪
何べん読んでも、さやかのツボにハマる小説です。
ますますのご活躍を期待してます。

さやか#lmcgqTW6 | URL | [編集]
2006/06/07(水) 02:11:04

本物ですが……

 妄想系ストーリーboxのナゾマです。
 本物というか、に、偽物がいるのですか?(爆)
 サインて……(汗) 

 聖女の階段の方も読んで下さっているのですね、ありがとうございます。
 
 HP移転しましたけど、新しい方もよろしくお願いしますね~
 ではでは~

ナゾマ#4EasNEWg | URL | [編集]
2006/06/07(水) 00:32:41

オオーw(*゜o゜*)w

 本物の「ナゾマ」さん?
サインください。

 本当は「聖女の階段」が、大好きです。
剃刀で全身の毛を剃るところが特に好き♪

さやか#lCIC49K. | URL | [編集]
2006/06/05(月) 03:28:54

No title

 自分の名前で検索かけてみると、ヒットしました(笑)
 去年のようですが、私の小説、載せて頂いてありがとうございます。

ナゾマ#YGFOtN3U | URL | [編集]
2006/06/04(日) 22:25:00

あちちです^^

タイムリーなトラバ、ありがとう^^
久しぶりにモグサ見ました、懐かしや~ありがとう、さやかちゃん(笑)

fin#bHVnSnMg | URL | [編集]
2005/12/07(水) 07:29:33

to爺

 女の子のお股に、お灸をすえて泣かせてみたくない?蝋燭攻めより急激に熱くなって、すごく痛いのがポイントなんだけど。お仕置きのためだから、腰痛は治せないと思う。

さやか#5/RqgtfI | URL | [編集]
2005/10/19(水) 15:26:55

fm爺

さーや、自慰です。(^o^)腰が痛いので写真のように灸を据えて下さい。
爺の子供の頃は灸の傷跡がある高年者が沢山いたよ。爺の祖母もしょっちゅう据えていたが女の人のほうが多かったね。

爺#45JqkPRk | URL | [編集]
2005/10/19(水) 11:07:49

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL