FC2ブログ

    2005

11.19

鞭 (打つ)

 反対の立場だったらどうでしょうか。あなたのいとしい下僕。あなたの愛する下僕の両手両足に枷をかけ、引き伸ばします。
 さあ、これで、もう彼女はあなたがどんなことをしても逃れられません。彼女は今日は鞭打たれることを知っています。あなたが、鞭で身体を弄るように触れていくと、恐怖のまなざしでその鞭の動きを追っています。打たれるのは、怖い、そして辛い。
 彼女の目に涙が光り、懇願するようにあなたを見つめます。助けて・・・・声なき声が彼女の口から発せられます。もしかしたら、彼女は本当に泣きながら「打たないで。怖い・・。」と、訴えるかもしれません。鞭が触れると、身体をねじり逃れようともがくかもしれません。この恐怖、そして苦痛。

 彼女がこれを望むのは、ただひたすらあなたのためです。本当なら、今すぐにでも逃げ出したい。それが彼女の絶え間なく震える身体に現れています。どんなに痛いか知っているのです。
 でも、彼女はあなたのものであることを望んでいます。あなたに、打たれ、泣き、もがき、苦しみの中で、叫び、あえぎ・・・それでも耐えようとして必死になってこらえているのです。

 最初は、どこから打ちますか?いくらあなたでも、胸から打ち叩いたりしないでしょうね。でも、あなたが好きなところから打つことが出来るのです。

ato1


 一発目、十分に強く・・・そして十分にその苦痛を味わえるように、狙い済ました鞭をあなたの愛奴の腰に振り下ろします。彼女は悲鳴を上げ、その鞭から逃れようと腰を前に突き出します。無意識のうちの動き。脚を開く事さえ恥ずかしがる彼女が、その女の身体をさらけ出すような動きをせずにはいられないほどの痛み。どっと涙が吹き零れ、くなくなと身体を揺すりながら泣く彼女。

 彼女の痛みがわかりますか。どれほどの痛みどれほどの苦しみでしょうか。しかし、あなたは、彼女の痛みが十分に染み渡るのを見はからって、二発目の鞭を振るいます。彼女の身体が跳ね、その痛みに頭が打ち振られます。どんな気持ちがしますか?彼女のすべてがあなたのものであることが、実感できますか?どんなに辛くても、どんなに痛くても、彼女はあなたの鞭にさらされることを自ら望んでそこにいるのです。

 彼女の差し出した生贄を受け取り、その血をすすりますか?三発目。そして四発目。次々と繰り出される鞭の先で、彼女がその苦痛にのたうち、もがき、泣きもだえるのを見てください。ついに気持ちの限界まで追い詰められて、思わず「許して・・。もう、だめ。我慢できない・・。」と泣きながらする哀訴を搾り取ってください。
 彼女の必死の懇願を拒否し、更なる苦痛を与えることがあなたには出来るのです。それこそが、鞭の醍醐味ではありませんか?彼女の耐えられない苦痛。耐え切れない苦しみ。しかも、それらをあたえるあなたの鞭先から、どんなに泣いても、もがいても、懇願しても逃れられない彼女。その彼女をさらに打ち据え、さらに責めさいなむ。これほどの喜びがあるでしょうか。

 愛に彩られた、彼女の傷ついた身体を抱きしめてあげるときのあなたの手を想像してみてください。


ato2



Category: 物語
Trackbacks(0) Comments(7) 
Next |  Back
Comments

重ねてコメントありがとう

to爺
しきりが真っ黒でね。なんだか、別世界なの。で、隣で会話してたりすると聞こえてくる、ほんとに狭い空間だから
、気配も筒抜けなの。飲み物はドリンクバーから勝手に持っていくんだけど、それど頃じゃなかった。(^_^;)さやかは、露出には向いてい無ーい。
toビビさん
で、そのネットカフェの中でビビさんのサイトへ
初めて行ったんだけど、画像をクリックしたら動画が始まっちゃったらどうしようと思ってどきどきでした。ひとつクリックしただけで大急ぎで帰ってきちゃった。だから、今日ゆっくり見せてもらいました。
toソレイユさん
w(°o°)w あぁっ!!どうして、こっそり遊びに行ったのに、さやかのサイト見つけたの?こちらこそ、リンクありがとうございます。

さやか#X2qwTxqo | URL | [編集]
2005/11/01(火) 08:35:41

はじめまして。

「M女の見つけ方」管理者のソレイユです。
リンクさせていただきましたので、ご報告です。
よろしければ相互リンクもお願いします。

ソレイユ#naIWHPfk | URL | [編集]
2005/11/01(火) 03:29:58

(=^◇^=)

PC直って良かったね(=^◇^=)

バイセクシャル同盟:ビビ#PQ3XJ6us | URL | [編集]
2005/10/31(月) 16:28:54

fm 爺

以前爺がいったインターネトカフェは
OPEN型だったけど(他の人が覗ける)、そこは区切ってあるんだね。爺が行っていた所は何か注文すると時間制限無しだったよ。

爺#EmmPPBAk | URL | [編集]
2005/10/31(月) 11:54:38

toコメントありがとう。

to爺
板戸一枚を隔てて、たくさんの人がインターネットや本を読んでるただなかで、鞭打ちのエントリーを打っているさやか。(°m°;) もう、それだけで、異様な体験でした。
toビビさん
さっそく、リンクしてくださってありがとう。ようやく、回線が復旧したので今日はゆっくり遊びにいけます。(* ̄∇ ̄*)

さやか#nUyt54og | URL | [編集]
2005/10/31(月) 05:07:24

インターネットカフェ

インターネットカフェって近くにあるの、わざわざご苦労様。四日分も大変だったでしょう。読ませてもらいます。

爺#wngxUWAc | URL | [編集]
2005/10/29(土) 14:47:16

(*^.^*)エヘッ

こんばんは。
ビビです。
お言葉に甘えましてリンクさせていただきました(*- -)(*_ _)ペコリ
それにしても、この画像、パイパンでいいですよ~!
こちらもトラバさせていただきま~す!

ビビ#Cx91zpqo | URL | [編集]
2005/10/29(土) 14:04:51

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL