FC2ブログ

    2006

03.04

O嬢の物語




「そのことについて言えば、お前はここにいるかぎり毎日鞭打たれる以上、鞭を受けるのに慣れなければならないのだが、それはわれわれの楽しみのためというよりお前の教育のためだ。それが真実であるある証に、これから分かることになるが、だれもお前を欲しがらない夜には、その雑務を任されている従僕が、お前が孤独に過ごしている独房へやってきて、お前が受けなければならいがわれわれが与える気にならないものを与えていくだろう。というのも、大事なのは、苦痛を感じさせたり、悲鳴を上げさせたり、あるいは涙を流させる、そういうことではなくむしろ、お前の首輪の留環にとりつけられて一日何時間もお前をベッドにしっかりと繋ぎとめておく鎖という手段でそうするように、この苦痛という手段によって、自分が拘 束されているということをお前に感じさせることであり、お前は自分以外の何ものかに完全に捧げられているということをお前に教えることなのだ。



「Oraclutie」
 ・・・では、非常に細かく原文と日本語訳を検証して、ポリーヌ・レアージュの世界を紡ぎ出しています。(完成していないのは、非常に残念ではありますが。)女性側から見たサディズムとマゾヒズムを見つけてください。
 肉体・官能・行為・もの での、エッセイも興味深い世界です。











Category: 読書が好き
Trackbacks(0) Comments(2) 
Next |  Back
Comments

コメントありがとう♪

to 玲さん
 昔、むかーしの映画なんですよ。
だから、今見るとすごーくセピアな雰囲気でいいですよ。

to launcelot du lake
 このサイト、更新されなくなったのは残念です。
すごく雰囲気的が好きだったんですけど。

さやか#vsRfePoc | URL | [編集]
2006/03/04(土) 23:07:33

No title

え、O嬢ってDVDあるのぉ?w
今まで本しか知らなかった。。。
こりゃ~見なきゃだわ(*´∀`)クスクス

目隠しって、何をされるのか見えない恐怖と、
頭の中に広がる光景を楽しむ事ができるのが、
玲は好きですw

玲#Q80cFI7E | URL | [編集]
2006/03/04(土) 03:49:48

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL