FC2ブログ

    2007

01.14

お仕置き・20

  ★美由紀・1★



 初めてお仕置きされた日の事は、忘れられない思い出となっております。メイドとしてお館に上がって一週間が経った頃の事でございました。女中頭の三木さんにご旦那様の所へお水をお持ちするように言いつけらだのでございます。お盆の上に冷たい水を入れた水差しとコップを載せて、長く暗い廊下を、旦那様のお部屋まで、慎重にゆっくりと歩き、息を整えてドアをノックいたしました。どうしてなのか、お返事が無かったので、もう一度ノックしようとした時、部屋の中からビシッ!と、いう音と共に悲鳴が聞えてきたのでございます。不思議に思った私は、何も考えず、ドアを細めに開けてしまっていました。

↓クリックすると動画サンプルへ
blog_import_50d18e62b6b5d_20140308032415317.jpg

 そして私は、そこに見てしまったのです。いつも物静かでご立派な旦那様がベッドに腰掛けられて、同僚の万里江さんを膝の上に乗せてそのお尻を叩いているのを。息を飲んで立ち尽くし、逃げ出す事も思いつきませんでした。万里江さんは色が白く目の大きな笑顔のかわいい方で、私も仲良くさせていただいておりました。その彼女が泣きながら旦那様の膝にしがみつき、旦那様がお尻を打つ度に悲鳴をあげて脚をばたつかせていらしたのです。かろうじてお盆を取り落としてしまう事こそありませんでしたものの、私は驚いてぽかんと口をあけ、驚きで頭はまっしろになっておりましたが、恥知らずにも、眼はその光景に吸い寄せられるように見つめ続けておりました。

↓クリックすると動画サンプルへ



「美由紀、覗いていないで入っておいで。」
 私は、旦那様に声を掛けられるまでそこに立ち尽くしておりました。はっと我に返って、恥ずかしさに逃げ出そうと左右を見回しましたけれど、逃げても何にもならないことは名前を呼ばれた事ですでに明らかだでございました。おずおずと、ドアを開け、美由紀さんを見ないように目を逸らして、旦那様のそばへまいりました。それから、枕もとのテーブルにお盆を載せて、スカートを持ってちょこんと膝を屈める礼をいたしました。旦那様は優しい目でご覧になっていらっしゃまいしたけれど、キッパリとした口調でおっしゃられたのです。
「黙って、部屋を覗くなんて悪い娘だね。美由紀にもお仕置きが必要なようだ。」

↓クリックすると動画サンプルへ



「お仕置き」
 その恐ろしい響きの言葉が、旦那様の口から述べられるとまるで甘美な物語のように、私の胸にきらきらと煌めきながら落ちてくるのが分かりました。それでも私は、お仕着せのブラウスの胸元を掴んで二・三歩後ろに下がらずにはいませんでした。そして、反射的に万里江さんの方を見てしまったのです。
 お尻を赤くして、しくしく泣いていた万里江さんは、恥ずかしそうにさっと顔を背けられました。その赤く丸いお尻と同じ様な赤い頬をしながらも、流れ落ちる涙は美しく、起き上がってそろそろと身じまいをするありさまは抱きしめたいほどの愛らしさでした。

↓クリックすると動画サンプルへ



 だからと言って、お仕置きが辛くないはずはないのは、これを読んでいる皆さんもご存知の通りでございます。しかも、初めてお仕置きを受けようとしている私を旦那様は館の使用人達皆に晒し者にしようと思われたようで、にっこり笑うと万里江さんに向かってこう言いつけられたのです。
「万里江、彼女のお仕置きをみんなに見せる事にしたからね。他の者達を広間に集めておくれ。」

↓クリックすると動画サンプルへ
blog_import_50d18e63a0023_2014030719365622c.jpg

 びっくりして、私は、旦那様の前に大急ぎで膝をつきました。そして両手を組み合わせて、縺れる口で何度も謝罪いたしました。
「旦那様、申し訳ありません。お許しください。お許しください。悪気は無かったのでございます。罰を受けるのは仕方ありません。でも、でも、ああ、どうか、みんなの前でお尻を叩くのだけはお許しください。」


お仕置き・21へ
おじさんに叩かれるお兄さん
→で、そのサイト♪
Category: スパンキング(novel )
Trackbacks(0) Comments(7) 
Next |  Back
Comments

to kaoruさん

 そのあたりの機微は、やっぱり阿吽の呼吸と言いますか・・・(^_^;)
ほんとに嫌なときもあるので見極めたいですよねー。
でも、嫌だの、痛いの言ってはいても
やはり、やりたくてやってるSMですからね♪

さやか#YpbuRzlw | URL | [編集]
2007/01/16(火) 00:20:41

コメントありがとう♪

to さゆりちゃん
 やっほ♪
また、新しい年がやってきましたね。
一年経ってさゆりさんもすっかりとベテランさんに。
今年もよろしくお願いします。

to 秘密のNさん
 ピンホーン♪
最初、これは万里江の物語として書いたのよね。
上手くいかなかったので途中で文体を変えたり
登場人物を入れ替えたりしたんです(^_^;)
やっつけ仕事がばれたぁ!

to 悠梨さん
 昔は、使用人を罰するのは主人の義務だったみたいです。
いや、だからって悪い事してもいないのに
お尻を叩くのは反則ですけど。

to そのこさん
 SM畑のご主人様はあまり「お仕置き」とはおっしゃらない方も
いらっしゃいますね。
ま、SMしていると「お仕置き」って
イメクラと同じですからね。

to ナゾマさん
 ナゾマさんのところは、そのお仕置きが「気持ちいい♪」
やって欲しくないのに気持ちいい・・・と
やって欲しいのに痛い・・・は
その微妙さがいつも、萌えポイントですね!

さやか#fV7M68.M | URL | [編集]
2007/01/15(月) 03:12:23

難しいですねえ

 お仕置きされる本人が、お仕置きされたい場合、微妙なんですよねえ、これが(笑)
 されたくないお仕置きを探すという方法もありますが……。

ナゾマ#OiYzo..w | URL | [編集]
2007/01/15(月) 02:40:18

No title

「お仕置き」っていう言葉をご主人様からあまり言われた事がありませぬ。
いやぁ~~、憧れちゃいますね(u_u*)ポッ
もっとお仕置きして欲しいです!
私ってイイコ過ぎるからかしら(嘘だけどw)

そのこ#HZHu8Cls | URL | [編集]
2007/01/14(日) 18:20:43

お仕置き^^v

お仕置き^^お仕置きっ^^v
逃げようのない支配関係
メイドさんになってもいいなっ^^

悠梨#SqmIPrao | URL | [編集]
2007/01/14(日) 13:53:37

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-# | | [編集]
2007/01/14(日) 03:38:52

No title

あけましておめでとう御座います。
すっかり遅くなっちゃってゴメンナサイ。
今年もさやかさんにとって幸せな一年でありますように♪
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

さゆり#z2WHni9s | URL | [編集]
2007/01/14(日) 02:31:25

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL