FC2ブログ

    2007

03.20

お仕置き・26

☆ラブ スパンキング・3☆



「これからは何をされても逃げられない。」

 そうは言っても、常に決定権が私にあり、その意向をなぞってプレイをする彼との関係では、今までの自分で選んで逃げないのと、物理的に簡単に逃げられないとはいえ「ほどいて。」と、言えば解いてもらえる○束との間に、どう違いがあるのか分からないけれど。
 それでも、「○束されて抵抗できない」という、いい訳にも似た『甘やかな事実』が、どこかにいつもは隠れているはずのスイッチをパチンと押し上げたような気がした。折り曲げて縛られている伸ばす事が出来ない太腿。突き出したお尻。伸ばされた腕。そういったものがどれほど簡単に私を素の状態から引き剥がしてくれるのか不思議でならない。


→ギャラリーへ
↓クリックすると動画サンプルへ



 ハンドスパの結果の痺れるような痛みが体全部に拡がって、その結果にまったりと浸らせてもらっていたスパンキングは終わり、手加減しない打擲が5秒前後で延々と続き始めた。間隔がないと不思議なもので、あれほど余韻を伴って私の身体を蕩けさせていたスパンキングが、もう味あう余裕すら無く痛み一色に埋めつくされて行く。打擲のたび、ひとうちひとうちの痛みを耐えるのに精一杯という状態に追い詰められる。
 

↓クリックすると動画サンプルへ




 悲鳴と呻き声・・・そして、弾む息。痛み。混乱。同じ様に叩かれているのに、もう、自分の身体に何が起きているのか分からなくなってくる。動けない。逃げられない。見られてる。縛られてる。さらされている。痛い。痛い。痛い。もう、我慢が出来ないという瀬戸際、私は本気で叫んだ。「痛ーぁい!」
 

↓クリックすると動画サンプルへ




 ギリギリの痛みがなぜ快感に直結しているのかどうしても理解できない。痛みは決して快感ではないし、繰り返して味わっても楽しいものでも決してない。それなのに、その痛みの縁の向こう側に急激に雪崩込むような崖があって、そこへ向かって落ちていく感覚がものすごく簡単にオーガズムを招き寄せる。彼は、もう一度、ころんっと私の身体をひっくり返すとローションを使って、超特急で私の感覚をそこへ押し出した。


↓クリックすると動画サンプルへ



 深く高いうねりを伴った繰り返しの波が寄せて来る。彼がやめようと思わない限り、これは延々と何度も繰り返され、何もかもがどうなってもいいような気分の中ただひたすら打ち寄せる波に引きずり回されるだけになる。
「ううう・・・ん。」仰け反って力いっぱいナイロンバンドに身体を預ける。○束が本当にその力を発揮するのはその瞬間だ。どこへ行くか分からない上下左右の感覚の失われた身体をしっかりと留めつけている現実の安心感。


↓クリックすると動画サンプルへ



 ベルトの○束はバックルの位置を緩めるとするすると解けていく。思いっきりベルトに体重をかけたせいで太腿の上あたりに幾重にも痣が刻まれているのが分かった。擦り傷をなぞりながら、彼がぼそっと呟く。
「今日は、するつもりじゃなかったのに。」
「はいはい。」
ま、そんな日もあると思うよ。。。。


Category: スパンキング(novel )
Trackbacks(0) Comments(4) 
Next |  Back
Comments

No title

 「おかげで寝る時間が遅くなった。」
と、言って怒ってました。
いや、それは、そっちが早く寝すぎるんだってば(⌒▽⌒) ケラケラ
せつなは、やりながら、ブログの下書しちゃいけませんって。

さやか#2QC9mRVQ | URL | [編集]
2007/03/20(火) 12:53:39

No title

今日はするつもりじゃなかったダーリンv
しかしさやかさまのお尻の誘惑に…
(≧▽≦)いいなーいいなー。
[甘やかな事実]に感じる感覚よく分かります。そんな時はそれを頭の中で文章にして読み実感しちゃったりしてvそうするともっと感じちゃう…(゚∈゚*)エヘ。

せつな#tKIrCiU. | URL | [編集]
2007/03/20(火) 12:25:20

No title

to Nさん
痛ければいいんじゃないような気がするんです。支配されればそれで言いという訳じゃないのと同じ。摩訶不思議ないろいろな条件がいろいろな形で組み合わさった時に、不思議な合成が起きるのかもしれませんね(笑)

さやか#XxN.jKtk | URL | [編集]
2007/03/20(火) 03:18:35

No title

テンプレートが新しくなって、ブログも一新した感じ…。おめでとう、と言っていいのかな??

さやかさん、メチャメチャラブラブのスパンキング、うらやましいほど幸せだねぇぇぇ。
縛られる時、スイッチが入る、って言う感覚、ぅんぅん、わかる、わかる。あの瞬間もなんとも言えなく幸せだよね。これから痛みが来るって言うのに。
ここにくるMさんにとって多分、痛みは快楽(もちろん特定の条件下では)です。

N#gds1XDtw | URL | [編集]
2007/03/20(火) 00:33:56

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL