FC2ブログ

    2007

03.29

妖艶なる吸血

 吸血鬼のお話なんです。連日、どんどん更新されているのでせっせと読んでも追いつきませんの。奥様を吸血鬼さんに寝取られるお話がメインなんです。でも、時々ちらちらとかわいい男の子が・・・。どうにもそれが気になるんですよ。
 で、ついつい勝手にコメントで違う方向へ。重ねて深読みさせていただいたりして。いや、いつもこんな事やってるわけじゃないんですよ。でも、最近スランプで、ちゃんとしたお話が書けませんの。ついつい、逃避したりして。ついつい遊んじゃったりして。★ズボンのすそ★をスタートに、やおいティスト。いや、お遊びなんですってば。柏木さんのファンの皆様、見逃してくださーい。


妖艶なる吸血


↓物語はここで
★とりついて★

 お話はやさしいサヨ小母さんをおいしくいただいてしまう男の子が主人公。だけどさやかが気になるのはその小母さんの息子とその男の子の関係・・・。

byさやか
息子君「すごく気になる・・・砂場で会ったあいつ。
僕の足に吸い付いて・・・やりたい放題やった奴。
とろんとした瞳で僕を見た。
悪びれもせず 考えなしに
次から次へと女の間を渡り歩いては
罪の無い笑顔をふりまいて。
一人勝ちしてるように思ってるろう?
自分のものだと思ってるだろう?
僕が見ているのはママやケイコが襲われるところだと思ってるだろう?
少しづつ、少しづつ、深みにはまっていくところ
ちゃんと見ていてあげるから。
そして、いつか・・・君の泣き顔を思う存分楽しませてもらうから。」


by 柏木さん
男の子「そうだったの?
ボクの泣き顔、見たかったの?
そんなもの。ほんとうはいつだって、見れるんだよ。
ボクはほんとうは、寂しいだけ。
喉が渇いているっていうよりも。
ぬくもりに、飢えているんだよ。
だからキミのハイソックスを血で汚したときも。
ほんのちょっぴり涙が混じっていたの。
キミは気づいていなかったんだね?

ありがとう。感謝してるよ。
いつも、だいじなママやケイコを、ボクに襲わせてくれて。
ボクの泣きっ面を見たくなったら。
いつでも、あのお砂場に遊びにお出で。
でも絶対、一人で来るんだよ。
泣き顔なんて。。。ほかのやつには見られたくないんだもの。」


↓物語はここで
★たどりたどって♪★

 しかもこの男の子、サヨ小母さんの愛人にまでちゃっかりと手を(牙を?)出しちゃったりして・・・。

byさやか
愛人さん「趣味じゃないって言われると
ちょっとショックだなぁ・・・。
年増と少年が僕の好みなんだよ。
そうやって、大人を手玉に取って
次々と女の人を押し倒してるんだね。
あれこれ、脅してすかして悪ぶって
抜けられなくなるまではまり込んで来るといいよ。
気が付いた時には逃げられない。
深い深いところまで足を突っ込んでくるまで
じっと待っててあげるからね。」


by 柏木さん
男の子「ボクを捕まえるって?
どうやって?
鬼ごっこなら、得意なんだけど。^^
いいんだよ。捕まえてみて。
けれどもそのときには・・・
おじさんの血を、一滴あまさずボクにくれるんだよ。
本当は・・・そうされたくって。
ウズウズしているんだよね?
大好きだよ♪ おじさん。^^
早くボクのことを・・・捕まえて。」




 このお話をさやかティストで書くとしたら・・・

 自習室の向かい合った机の斜め前に座ってる彼は、ノートの上に顔を伏せたまま一心に鉛筆を動かしていた。ここに僕がいるのは、分かっているはずなのに全くこっちを見ようともしない癖に、時々、髪をかきあげてみせる仕草がまるで誘っているようだ。
 どんな時にも人一倍気の廻る彼が、耳の後ろにぽつんと小さく赤く明らかに唇が吸い付いた痕があるのに気がついていないはずはない。あの首筋に押し付けられた唇の持ち主はサヨ小母さんなのだろうか。それとも・・・。何度見るのをやめようと思っても、目の前の課題に集中しようとしてもだめだった。
 掻き集めた理性をしっかりと裏切って、彼を好きだと思う感情も裏切って、僕が思い描くのは彼を抱きしめる誰かの腕。白い身体に絡みつき、引き寄せ、甘いくちづけをねだる相手。ほっそりとまだ、少年の日の名残を残しているくせに、ぽったりと柔らかくしんなりと汗ばみながら押し付けられるその相手の欲望をあやしながら、なだめながら、味わいながら・・・。君がその相手の首筋にゆっくりと牙をつきたてていく様なのだった。


 キャー ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃 キャー
((o(б_б;)o))ドキドキ・・・・柏木さん、これからもどうぞよろしくお願いします。

↓見つからなかった、吸血鬼の画像の代わりに(笑)






Category: SMノベルズ
Trackbacks(0) Comments(2) 
Next |  Back
Comments

お粗末さまでございます

 うん、やっぱり柏木ワールドの中にあってこそのコメントだったりして。
持ち出すと、イマイチだなぁ・・・。
また、遊びに行きます。
 ヽ(〃 ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄)┌θ ぺしっ♪(足跡)つけに♪

さやか#mKdz6YfQ | URL | [編集]
2007/04/02(月) 14:45:18

ご紹介、ありがとうございます。

こんにちは。
年度末の忙しさから、やっと開放された柏木です。
私んとこみたいな、ヘンてこりんなテキストサイトを、ここまで詳細に紹介してくださったのは、さやか様が初めてだと思います。
おかげさまで、こちらからのお客様がドッと・・・。^^
お気に召していただいて&わざわざのご紹介、本当にありがとうございました。m(__)m
&リンクたどって来てくださった皆様へ。
期待はずれでしたら、ゴメンナサイ。(^_^;)

柏木#Z3jMvK6o | URL | [編集]
2007/04/01(日) 12:26:02

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL