FC2ブログ

    2007

06.17

18の春

 思い出話をさせていただけますか?わたくしがまだ、駆け出しの縛り絵師の修行をしていた頃に、お世話になったお方の奥様のお話です。それは、それは、美しい方でございました。普段は着物を御召しになっておられ、すれ違う時にそっと会釈をなさるだけ。ほのかに香る着物に焚き染められている香の残り香にうっとりとさせられるようなお方でございました。

↓クリックするとギャラリーヘ



 因果な仕事をしておりましたが、まだまだ、駆け出しですので、頭の中だけで絵に作り上げられるほどの実力はございません。
どなたかにモデルになっていただかねば、首のねじりも腕の位置も決めかねるような状態でありましたので、師匠の仕事場に、張り付いて命じられるままに、紙の準備をしたり、絵の具を混ぜたりする合間に、お仕事のために呼ばれてくる女性をそっと盗み見ては紙に写すような事をしておりました。





 ある日の事でございます。丁度、手配していました女性が、急に具合が悪くなったという連絡があり、師匠は奥様を呼び寄せられて、代わりを務めるように命じられました。もちろん、お二人のご様子からすると、それは初めての事とは見受けられませんでしたが、わたくしが内弟子に入ってからは、ついぞになかったことでございました。
 奥様は、真っ赤になられて、わたくしの方をちらりと見ると、すがるような視線を夫である師匠の方に向けられましたが、師匠はそれを分かった上で代わりをするように命じられている事はあきらかでございました。





 奥様は、溜息を一つつかれ、夫が要求するままに腕を差し出されました。手馴れた縄捌きであっという間に奥様は後ろ手にくくりあげられ、裾は愛する男の手で捲りあげられました。わたくしは息を呑み、震える手で紙を広げ、いつものように手早く作品に取り掛かる師匠の横で、手習いのように、美しいそのお姿を紙の上に写し取ろうといたしました。




 一枚、また、一枚と新しい和紙が伸べられていく毎に、少しずつ少しずつ、奥様の着物も乱されていきます。裾を捲られ、押し倒され、脚を拡げられ・・・・。裾除けをはだけられ・・・。絶対に男の目に晒されぬはずの女陰の影がちらりと零れます。
 奥様の溜息がかすかに漏れたような気がいたしました。ふと見ると立てられた膝は、細かく震え、背けられた首筋は赤く、そして、その身体から揺れる様に立ち昇る香の香りに、部屋はだんだんと熱くしめってくるかのように思えてまいりました。





『帯を解いて、襦袢になってくれないか。』
 一旦縄を解いた後に、師匠は、低い声で着物を脱ぐように命じられました。奥様は、もう、わたくしの方を見られませんでした。もう、わたくしは無いもののように、振舞われる事だけが、救われるただひとつの方法のように・・・・。ただただ、ひたすらに夫の横顔をだけを見つめて、奥様は帯を解き始められました。





 縛り絵の行き着く先が、どのようなものなのか、ご存知でいらっしゃったでしょうに。奥様は、決して、わたくしをさげてくれと夫に訴える事はありませんでした。
 ただ、一枚、新たな紙が伸べられる度に、苦しそうに眉を顰められ、辛そうにいやいやと首を振られるのでした。
 遂に、その素肌を晒さねばならない時が来た時には、奥様はしばらくじっと耐えるように俯いておられました。師匠はただ、黙って筆を走らせて、その羞恥に苦悩する奥様の表情を写し取られておられました。





 いままで、ずっとやわらかな絹の着物に包まれておいでだった、たおやかな女性の白い身体が、するりと向き身の卵のように現れた瞬間。あたりにぱあっと、香の香りが拡がりました。まるで、その香は着物に焚き染められていたのではなく、奥様の身体の芯から沸き立っているかのようえで、わたくしはただひたすらにうっとりとその香りをきくばかりでございました。




「いや・・・・。」
「恥ずかしい。かんにんして。」
「あなた、許して。」
 その後は、奥様は黙って耐えられなかったのでございましょう。ひと縄ごとにか細い声で哀願され、涙を振り零され、打ち震えておられました。
 白昼夫の前に素肌をさらす事さえも、考えられないような時代だったのでございます。絹のお蚕の中にずーっと大事に守られていた素肌を、弟子にしか過ぎない私の前にさらすだけでも地獄の羞恥だったはず。それを、縄をかけ、身動きできない姿を紙の上に写し取られなくてはならないのでした。





 食い入るように男二人の目が奥様を見つめ、ばらばらに引き裂こうとしているのです。わずかな身体のしなり、恥ずかしく震える乳房のふくらみ、尖ってくる乳首、喘ぐ平たく白い腹、そそけたつ陰毛。何も隠すことも出来ず、ただじっと、その身を差し出さねばならないのです。
 震えながら、羞恥を必死で堪える奥様の身体がだんだんと熱く、美しい朱色に染まり、うっすらと汗に濡れていくさまを・・・・わたくしは、未熟な腕で、できうる限り、一つ残らず紙の上に写し取ろうと必死でございました。






「ああ・・・・旦那様。お許し。お許しください。」
 奥様の足へ、縄を掛けられながら師匠の手が奥様の足の間に滑り込んでいくのが見えました。歯を喰いしばり身体を捻って逃れようとしても、あっという間にその指が二本揃えられたまま差し込まれ、ゆっくりと抜き差しされました。
 師匠が何を引き出そうとしてるのか何度も経験して理解しても、他の女人の時のように、絵師の目で見る事など到底出来ない心持で、わたくしは腰を半分上げて膝立ちになり、食入る様に奥様の苦悩する様を見つめてしまいました。男としての本能が沸き立ち、ぎりぎりと歯軋りせずにはいられないほどに興奮してしまっておりました。
 とろりと濡れて光る師匠の指が行きつ戻りつする間、奥様はしっかりと目を瞑り、口を引き結んでおりました。
 その時でございます。今までしっかりと閉じられていた瞳が、急にぱっと開けられて、無いものとして黙殺していた、わたくしの瞳へ真っ向から注がれたのでございます。男として、憧れぬいたお方に、決して見せたくはなかったはずのその浅ましい欲情に血走った瞳を、奥様はじっと見つめ返されたのでございました。

 羞恥と被虐に濡れた女性の諦念の瞳で。

 わたくしが一生忘れられぬ初めての恋に絡め取られたのは、その瞬間でございました。


Category: 物語
Trackbacks(0) Comments(9) 
Next |  Back
Comments

to かわせつな

 ウーン (Θ_Θ;)なんでかなぁ・・・・。
そりゃ、そこで相手を見てしまうのには
理由がある訳ですよ。うん。
ま、ぶっちゃけ、言葉にしてしまうと
すべてが興ざめになってしまうような・・・。
だから、みんなよく考えよう。
この三人は一筋縄じゃ行きそうに無いから。
さやかもよーく考えてみます。
(え(・▽・;)、いまから考えるのか・・・(汗)
ぷぷぷ・・・そんなはず無いってば。多分・・・・。)

さやか#TPHybheE | URL | [編集]
2007/06/25(月) 04:13:19

(゚∈゚*)

柏木様のステキなコメントの後に
せつながコメントするのは気が引けますがv
お許しくださいv

読み始めてすぐ、ああ、この記事が
少しでも長い記事であるように…
と願いました。
さやかさま、コレすごくいいですッハアハアッ!
せつなは語り視線の弟子の気持ちで読み進めていたんですけど、最後のパートの文章でなぜか「奥様」になってしまっていました。
最後に弟子を見るシーン。せつなも弟子を見ていました…なんでかなぁ…。

せつな#Yq.aXVIg | URL | [編集]
2007/06/24(日) 23:34:09

to 柏木さん

 すてきな感想ありがとうございました。

自分の女だからこそ、大切に懐に閉まっておきたい。
自分の女だからこそ、自由にみせびらかしたい。
男の方にはいろんな思惑があるような気がいたします。
ただ、それ以上にお仕事に対する情熱も。
弟子を取ると云う事は妻を娶る事と同じ様に
一生を掛けた真剣勝負なのかもしれません。
言わずとも、お察しくださいますよね。

さやか#NRlLF8jo | URL | [編集]
2007/06/21(木) 01:29:26

す・・・すごい。

いいですねぇ・・・これ。
画像も雅びだし、
独特の雰囲気で、破綻もなく、よどみなく綴られる文章は。
水彩画のように淡々としているのに、油絵みたいに濃いですね。
しっとり落ち着きのあるワイセツな文章です。^^
(どういう表現なんだ)
ちょっと、谷崎潤一郎と思い出しました。
緋色の文字も、文章の雰囲気にとてもマッチしています。
本にするときには、かならずこの色をつかうのだよ。^^

和服萌えではぜんぜんないんですが。
凛とした奥ゆかしさ、ありますよね。^^
こと和服については、ただたんに手足おっ広げていれば絵になるってもんじゃないと思います。

師匠はどうして、駆け出しの弟子のまえに奥方の裸身をさらしたのでしょう?
用立てられる女がいないから、単なる穴埋めとしてむぞうさに放り込まれたのでしょうか。
それとも・・・。
もっと、深い思惑あってのことだったのでしょうか?
じつにじつに、そそられるテーマでございます。
ごちそうさまでした。

柏木#5P6ihzC2 | URL | [編集]
2007/06/20(水) 06:39:22

to よっしー

 お仕事が忙しいんだね。
また、元気になって戻ってきてください。

>俺のコメントってつまんないよね。
ウーン (Θ_Θ;)そうねぇ
たまには、さやかの書いた記事について
書いてくれると嬉しいんですけど。
毎日、悩んで書いてるんだもん。

さやか#S5.YCEL2 | URL | [編集]
2007/06/20(水) 03:58:36

ただいまー

さやかがSなのはよく知ってるよ。

それと、俺のコメントってつまんないよね。

やっと、自覚しました。

ありがとう。

今、超絶イライラ中だから

少しお休みします。

ではでは

よっしー#09P4KYB. | URL | [編集]
2007/06/18(月) 20:41:22

コメントありがとう♪

to 秘密さん
 ほんとに、ほんとに、困ってるんだなぁ。
でも、これを機会にFC2に
引っ越した方がいいのかもしれない・・・・。
ウーン (Θ_Θ;)ウーン (Θ_Θ;)ウーン (Θ_Θ;)
7月中旬まで、忙しいのでぼちぼちとやります・・・。

to よっしーさん
「ほい」(笑)
平日になったら、お邪魔できると思いまーす。
ま、このブログの更新を一番に優先させてるので
カンベンしてねー。ヾ(@^▽^@)ノ

さやか#/sXqde.w | URL | [編集]
2007/06/18(月) 00:21:31

ムツゴロウ王国

ムツゴロウさん「今日は、ゴマアザラシのよっし~を紹介したいと思います。
あのですねぇ~よっしーは、こうやって甘えるんですねえぇ~。まずは、よっし~の喉を触って見たいと思います。」

よっし~「キュキュ、キュク~ン。クキュクキュ~」

ムツゴロウさん「どうやらですねぇ~。6/13から日記をたくさん書いたから、見て欲しいと言っているようですねぇ~。なんでもサヤカさんの為に沢山書いたみたいですから、ぜひ見てあげてほしいですねぇ~」


よっし~「キュ~、キュキュイマ~(た、ただいま)」


俺様降臨。

どや!!!

よっしー#/w3tAP1g | URL | [編集]
2007/06/18(月) 00:09:56

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-# | | [編集]
2007/06/17(日) 18:08:40

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL