FC2ブログ

    2007

08.31

お仕置き・36

琴音・1を先に読む
琴音・2を先に読む

★琴音・3★


 智也の手が、琴音の腰周りを覆っていたスカートをあっさりとめくり挙げた。くつろいでいる時間だったので、ストッキングもつけていなかった琴音は、無防備に一枚きりの白く薄いローンの生地にちんまりと覆われたお尻を、灯の下で智也の目の前に突き上げている形になった。
 恥かしさといたたまれなさで、頬が熱くなり、途切れがちに震える息が、息苦しさのために速まってくる。琴音は、智也に、下着を見られてると思うだけで、身動きも出来ず、息をするのもはばかられるような想いだった。


→クリックするとギャラリーへ
↓クリックすると動画サンプルへ




 彼の手が、一番膨らんでいる頂に乗せられた。琴音は、痛みを覚悟してぎゅっと目を瞑り、堅くなる。だが、それは、すぐには来なかった。智也は下着の上をただ、ゆるゆると擦っている。
「ねぇ、琴音。君には想像もつかないだろう?僕がどれほど君のお尻を叩く日を待ち焦がれていたか。知っていて、尚、君が、僕の所に嫁いで来てくれた事がどれほど嬉しかったか。」
 それから、智也は指先を軽く押し付けては離し、彼女のお尻のあちこちにくぼみを付けては、しわのよった下着が、元に戻る様をじっと見つめ続けた。


→クリックするとギャラリーへ
↓クリックすると動画サンプルへ
blog_import_50d18ff7dab62_20140307135348027.jpg


「智也さんっ・・・恥かしい・・・。」
「琴音・・・・。」
 昂りを抑えかねたのか、智也は拡げた掌に力を込めて、琴音の尻のふくらみを掴んだ。指先が強く肉に喰い込む。
「あ、あん・・・っ。痛い・・・・。」
「かわいいよ。なんて、可愛らしく啼くんだろう。でも、心配しなくても大丈夫だよ。最初から酷くしたりしないから。琴音が、お仕置きを楽しめるように、少しずつ・・・・ね。」
 掌を緩めると、智也は、また、優しくそのふくらみを撫で続けた。痛みが薄らぎ、緊張がほどけてきて、琴音の強張った身体が、くたりと智也の膝の上に体重を預けてきた。


→クリックするとギャラリーへ
↓クリックすると動画サンプルへ





 琴音には見えない場所で、にんまりと、智也は頬を緩めると、ゆっくりと腕を振りかぶって、軽く振りぬくようにして彼女の尻たぼをひっぱたいた。

ぱっしいぃぃぃぃ・・・・。

 軽い音がして、琴音の身体が驚きに大きく弾む。ほとんど痛みもなく、ただ、打たれた場所が、烙印を押されたように熱い。琴音は、自分の中をその衝撃が走る抜けるのを、息を詰めて感じ続けた。
 子宮に向けて、電気が走るような。不思議な感覚。その痺れが、身体中にこだまを呼びながら、消えていく様を驚きを持ってみつめる。


→クリックするとギャラリーへ
↓クリックすると動画サンプルへ




 琴音が、最初の一打を充分に味わったのを確認してから、智也は再び彼女のお尻をそっと撫で回してやった。痛みや、惧れを憶えさせる事は簡単で、いつでもできる。最初は、急いではいけない事を智也は、自分の身体で知っていた。河野の家に産まれて、幼い頃から見聞し、あるいは、自分の身体で覚えこまされた不思議な奇習。
 時代が移り変わって、家長制度が無くなった今、この奇習の功徳を、自分自身で味わうためには、彼女に官能の喜びを教え込むしかないと、無意識のうちに知っていた。

 次の一打を繰り出す前に、智也は深く息を吸う。じっと、彼の手が、肉の上を彷徨う感覚を味わっていた琴音が、何がおきるのか察して同じ様にひゅっと息を吸い込むのが分った。

続く・・・
Category: スパンキング(novel )
Trackbacks(0) Comments(3) 
Next |  Back
Comments

コメントありがとう♪

to ひみつさん
 wwwww
ちゃんと、登録してあるのになんでだろう?

to かわいいせつな
 記事の長さがだんだん・・・
で、更新の間も、だんだん・・・・orz

 そうそう♪掌って結構痛いよね。
さやかは、叩く方なら、絶対に道具を使おうっと♪

さやか#HvEgtCPQ | URL | [編集]
2007/09/02(日) 00:38:43

(゚∈゚*)

更新十分早いです(〃▽〃)
さすがですッ!

服を脱がない→ショーツの上からかぁ。
せつなはズボンの上からされたことありますが生地が厚くて叩く方が痛いだろうなと思ったことがありますv

せつな#h4JzpmQc | URL | [編集]
2007/09/01(土) 10:07:55

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-# | | [編集]
2007/08/31(金) 22:59:16

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL