FC2ブログ

    2008

09.12

お仕置き・62

琴音・1(第一部・夫)を先に読む
琴音・8(第二部・義母)を先に読む
琴音・16(第三部・義父)を先に読む
琴音・20(第四部・お披露目)を先に読む

★琴音・28★ 


 ひゅうううぅうぅん・・・・。

 遠ざかり、ひるがえり、風を切る。

 衝撃は、彼女の身体を引き裂き。反射的に、吊られた足首を中心に身体が反り返った。
「きゃあああああああああぁぁぁ・・・・っ!」

 じゃらん・・・!と、鎖が鳴り、揺れるスチールバー動かなくなるまで、智也は待った。次の一打を入れるのはその後だ。妻が、痛みと絶望を味わい尽くし、気を抜くその瞬間を狙って次の一打を入れる。
 彼女は僕を怨んでるだろう。こんな目に合わせる、夫に裏切られたと思っているだろう。「仕置き」という、言葉の意味。行為の意味を見失っているだろう。
 智也は歯を食いしばった。妻の悲鳴、痛み、苦しみはすべて自分がもたらしているのだった。
 


↓クリックすると動画サンプルへ




 なぜ、こんな事を?なぜ、こんなしきたりを?おそらくは、何度も何度も。打ちすえられる女たちの胸の中をよぎるその思いが、今、執行者として、妻を打つ自分に向けられてくる。
 誰も分からない。誰も知らない。なぜ、こんなに魅せられてしまうのか。続けられてきた。家をひとつに、一族を一つに纏め上げて来た。そのしきたり。
 禍々しく、・・・それでいて、男たちを女たちを、捉えて離さなかった毒をはらんだ蠱惑。それがもたらす残酷な喜び。それが、今、智也の胸のうちに溢れだしていた。


↓クリックすると動画サンプルへ




「ひいいいい・・・いいいぃいぃ・・・・。」
 痛みにあげる悲鳴も、もう掠れがちだった。琴音の瞳は虚ろになり、ただ無意識に硬直し、跳ねあがり、弛緩する。智也は手加減することなく。ケインを振りかざし、振り下ろした。
 皮膚が裂け、血が滲み出す。痛みが、身体中に満ち、膨れ上がり、そして、弾ける。

 十打目。

 智也は渾身の力を込めて、彼女の身体を引き裂いた。ばらばらになり、壊れ、崩れていく想いが、空中に弾けた。部屋に詰めていた人々は、しん・・・・っとして、伝い落ちる赤い血をみつめている。
 その静まり返った座に、鎖が揺れる音だけが、聞こえていた。


↓クリックすると動画サンプルへ




 すべてが終わった時、琴音は呆然と宙を見つめているばかりだった。時々痛みに身体が痙攣する。枷を外し、台から降ろされた琴音は、立っている事も覚束ない様子で、自分の身体を支える事も出来ずよろめいた。裾をかき合わせてやり、妻を抱きあげて、智也は軽く黙礼すると部屋を下がった。後は、両親が、ひとりひとりに酒のふるまい。座はお開きになるはずだった。
 琴音がどう考えようと、彼女の身体を分け合った皆は、もう、彼女を当主になる男のつれあいとして認め、決して無礼をふるまう事はな無い。彼女を打ち据えられるのは夫である智也だけになり、父も母も、もう、彼女を仕置きする事は無くなる。
 


↓クリックすると動画サンプルへ




 人の視線の無い部屋に戻ると、琴音は関を切ったように泣いた。泣いて、泣いて、泣いて、何もかも吐きだしてしまうかのように激しく泣きむせんだ。そして、泣きながら、しゃくりあげながら、抱き寄せる夫の腕の中で丸くなって眠った。幼子のように、何も考えず、なにも思い悩まず、絞りつくした体力の抜けた身体が要求するままに。




 さて、この後、二人がどうなったのか、皆さん、知りたいですか?
 答えはすべてあなたの深淵の中にあります。琴音が見つけたもの。智也が見つけたもの。私が見つけたもの。そして・・・あなたが見つけたもの。
 勇気があるなら覗きこんでください。けれど、覚悟が無いのなら覗かない方がよろしでしょう。それは、一度越えると、戻って来れない道の始まりかもしれませんから・・・・。


【終わり】


Category: スパンキング(novel )
Trackbacks(0) Comments(6) 
Next |  Back
Comments

to ひみつさん

 ありがとうございます。
反対に夫をお仕置きする♪
いいかもしれませんね。

 スパンキングがメインの小説は
スパンキングカテゴリになっております。
別ブログ「人形のように」の方にも
お仕置きメインの
「半陰陽の花・・・Androgynous」
を書いております。
よろしかったら、ぜひ、そちらも読んでみてくださいねー。ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

さやか#PDFBqdR6 | URL | [編集]
2008/10/21(火) 02:50:52

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-# | | [編集]
2008/10/18(土) 02:34:28

to さくらさん

 あはは・・・ちと、やりすぎました?(^▽^;)
でも、耐えられないところへ引きずり出されちゃうのが
きっと、いいんじゃないかなぁ。。。
と、思ってしまう鬼畜の私です。(。・_・。)ノ
私も、最初から読みなおそう、っと♪

さやか#8qxeQaKQ | URL | [編集]
2008/09/17(水) 00:36:48

No title

さやかさん、お疲れ様でした。
私も最初は琴音ちゃんに感情移入しながら読ませてもらってたんだけど、途中で“私だったら耐えられない~(T_T)”って思ったら、琴音ちゃんがかわいそうで不備で仕方なくなっちゃいました。
それでもドキドキしながら最後まで読んじゃいましたけど。
私も最初から読み直してこよう(*^_^*)

さくら#7ENLIcKE | URL | [編集]
2008/09/16(火) 19:25:03

to 悠梨さん

 ありがとうございます。
思わず、長編になってしまいました。w
スパンキングで長編って・・・
同じような行為ばっかりなので難しかった。(汗)
やはり、行き当たりばったりはまずいですね。(汗)

 「人形のように」の方が御留守になってるので
しばらくゆっくりして、ネタを練ろうと思います。
ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

さやか#MNas5DJo | URL | [編集]
2008/09/14(日) 16:58:09

お久しぶりです

さやかさん お疲れ様でした。

忙しく、しばらく眺めているだけだったのですが、
「お仕置き」の完結に、思わず「お疲れ様」と^^

琴音に感情移入したり、時には羨ましく思ったり
いつもドキドキ息をつめながら読んでいました。

掲載の動画サンプルも、
短いながら純粋にスパンキングで
見るのが楽しみでした。

もう一度第1部から読み直してみようと思います^^

悠梨#Ai2v0CtA | URL | [編集]
2008/09/13(土) 15:28:05

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL