FC2ブログ

    2008

10.17

ね・ネット調 教・5

初めから読む


幻の夢路の堕つる 春 吹く風に


 
 脱ぐ・・・

 昨日までと同じ自分の部屋。カメラが動いている証拠に、赤い光点がついている。ただそれだけ・・・・。でも、このカメラの向こうに誰かがいて、私が服を脱ぐのを見ている・・・・。それは、私が蓮さんと呼ぶ人。私にゆみかと呼びかける人。
 肩をブラウスの布が滑り落ちる。意識すまいと思っていても、誰かの前で服を脱ぐ時のいつもの順番になり、スカートを降ろす時に、私はカメラに背を向けていた。

コロロン♪

 メッセンジャーが、音を立てる。それは、蓮さんが何か言葉を送ってきた印。私は背を向けたままびくっと撥ね上がり、恐る恐る、PCの方を見た。何の文字も無い空白。ただ、蓮の発言という文字だけが送られてきていた。
 そこに無言の叱責を見たような気がして私は震えあがった。喜んでもらえると思って、M女という言葉を口に出した時の、拒絶された感覚がよみがえる。

 約束。

 逆らう事は許されない約束。もう、動かしようがなく、そこから逃れるためには、PCを切るしかない。蓮さんとの関係を断つしかない。
動悸が跳ねあがり、身体中が熱くなる。ギュッと目を瞑って、うつむいたまま、私はPCへ向き直った。カメラに映るように、一歩前に出る。メッセンジャーの下の窓に、服を脱ぐ私の姿が映っている。

「助けて」

 心の中で思わず言わずにはいられない。ネットの向こうで、見ている人にすがらずにはいられない。何か拠りどころが無ければ、こんな事は出来ない。服を脱ぎ、下着を取る。何も着ていない私を、あなたは見る。
 恥ずかしさに、身体が熱く燃え、肌が赤くなっているのが分かった。ちりちりと、肌の上を蓮さんの「視線」が滑って行くような錯覚に、身震いする。汗が吹き出し、足の力が抜けてしゃがみこみたいくらいだった。

「蓮さん、見て。」

 見てください。私を。何も纏わない私。何も繕わない私。私自身を・・・・。あなたの所へ、堕ちていく私を。


続く・・・

↓クリックするとギャラリーへ
89547189big741.jpg
Category: いろは歌留多
Trackbacks(0) Comments(2) 
Next |  Back
Comments

to はな爛々さん

 ありがとうございます。
ところで、この先を書いてくれませんか。orz
うーん、マジで、おこもりしないと、続きが出てきません。
多分週明け辺りにうんうん唸ってる事になるかもしれない(笑)

さやか#xiQzvEsI | URL | [編集]
2008/10/17(金) 22:21:27

痛い・・・

とても 痛い文章です・・・
そして同時に 興奮もする・・・
すがりたい・・・
受け入れてもらえるのか・・・
その先に 安堵はあるのか?
とても痛いです

Sのさやかさんに 文章でやられたなぁ~(笑)

はな爛々#w840KVzg | URL | [編集]
2008/10/17(金) 18:35:07

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL