FC2ブログ

    2008

12.04

ね・ネット調 教11




初めから読む


身を任せ、支配される事の甘き心地に


 

 動けない。

 カメラの前で私は硬直していた。
 息をする度に、滴り落ちる滴が、溢れる寸前の器の上に落ちていくのが感じられる。一滴、また、一滴と。私は、身動きもならず、その有様を見つめるだけ。溢れさせないように、ただ、固まって、じっと耐える。
 もう、だめ。もう、耐えられない。心の中で繰り返しながらも、どうしようもなく、歯を食いしばるしかなかった。強張った内腿が細かく震えだし、胸苦しさに、張り裂けそうだった。

 コロロン・・・・。

「よく我慢したね。」

 涙に霞む視界に、文字が現れる。

「いきなさい。」

 言葉とともに私は弾け。宙に投げ出された。
 触れてもいない身体の中を、鋭い喜びが駆け抜けていく。
 何が起こったのか、自覚する事も出来ないうちに、私は、本能的に、膝頭を胸に引きつけて身体を捻じり、椅子の背中にしがみついた。転倒しなかったのが不思議なくらいだった。天地がひっくり返り、自分がどちらを向いているのかも分からない感覚に翻弄される。

 なぜ?どうして?何が起こったの?

 打ち寄せる波が次々と襲いかかってきて、必死に背もたれにしがみつく私を引きずりまわす。我に帰るまでの長い時間を、私は、ただ、そうして何かに摑まる事でやりすごすしかなかった。

「私に、何をしたの?」


 言葉を口に出せるようになるまで、どれくらいの時間が経ったのだろう?その言葉は、考えて言ったものでは無かったし、ふさわしいものとも言えなかったけれど。

「何も・・・」

「何もしていない。君が、自分でしたんだ。」

 自分でした?私は、あっけにとられて、現れた文字を見つめた。意味が分からず、思わず、いやいやと、首を左右に振る。

「そんなはずないわ。だって・・・」

 今まで一度もあんな風に深い快感にとらわれた事はなかった。それも、身体に触れたわけでもなかったのに。それに、それに・・・

「蓮さんが、しろって言ったんじゃないの。」

「言ったね。でも、そうしたのは、ゆみかだ。」

 私は、ぽかんとその文字を見つめた。そんな事ってあるだろうか?私は、彼に約束し、そして従って来たのだ。それなのに、こんな事態を迎えて、どうやって自分で納得したらいいのかも分からない私を、蓮さんは、放りだそうとしている。

「違うわ。蓮さんが、そうしろってっ!」

 思わず大きな声を出してから、はっと、口を押さえた。まるで、反抗期の子供のような振る舞いだった。赤くなり、口調を落として囁く。

「蓮さんが、脚を机の上にあげろって言ったから・・・・。だから、私。連さんが、言ったからしたのに。」

「そうかもしれない。でも、私が、ゆみかの足首を掴んで、無理に開かせたわけじゃない。」

 私は、現れた文字が暴き出す現実に息を呑んだ。

「脚を開いたのはゆみかの意志だろう?」

 身体がとろけてぐずぐずになっていた私は、冷たいものを押し当てられた感覚にぞっと総毛だった。

続く…


bf_ol_04_042_20121231021324.jpg



M男性のためのギャラリー
M男性のための動画
Category: いろは歌留多
Trackbacks(0) Comments(2) 
Next |  Back
Comments

to SM陵辱動画DUN

 更新のお知らせが出た方がいいかと思いましたので
ブログリンクとさせていただきました。
末永くどうぞよろしくお願いします。

さやか#t1tJiVFw | URL | [編集]
2008/12/05(金) 13:20:08

相互リンクのお願い

はじめまして、「SM動画DUN」管理人のDUNと申します。
この度、相互リンクをお願いしたく連絡させて頂きました。

左サイドメニューのランキング表示、右サイドメニューのリンク一覧に
貴サイトのリンクを設置しましたのでご確認くださいませ。

以下、弊サイトのリンク情報です。

SM陵辱動画DUN#tgygi3K. | URL | [編集]
2008/12/05(金) 00:45:35

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL