FC2ブログ

    2010

11.26

痛み



身体の中に感覚の器がある
底は深く 暗い
覗きこんでも何も見えない
縁がどこにあるのかも分からない





鞭の最初は その底へ届かない

強く振って痛みを遠くへ放り投げるか

回数を重ねてだんだん深くまで響かせるか




底へ届くまでは 痛みは純粋な痛み
鋭く 
切り裂き
痺れる
身体の中へ
輪を描いて拡がっていく



やがて、叩かれた場所が熱く燃え
耐え難かったはずの痛みが
鈍く麻痺したように変わってくる
そして、見えなかった底がせりあがる
鋭く打てば 一打ずつが底へ当たる
広い面の痛打は 水面に広がる輪のように
波になり よせていく




響きあう 身体の中で
湧き上がってくる 突き抜ける快感が




打たれた痛みが駆け抜けた後を
快感が追いかけいて行く
輪唱のように
響きあう 繰り返し また揺り戻す 
何度も 何度も くるめく世界はカオスのよう 
のけぞり しがみつく
重なる二つの違う感覚 
二つの重なりのずれはだんだんと少なくなっていく
どこまで行っても違うものなのに
月が映し出す影のように
後ろをついてくる




一打の次の一打 時が追いかける快感を引きのばす
間を開けて 充分に味あうようにすると
重なり会う音のように
痛みと余韻が響きあう


強く打てば 強く響く
もう痛くない?
いややっぱり痛い
あまりにもすべてが混じりあい 感じる事を分析できない
遠くで鐘が鳴る
せりあがった底はすっかりと姿を現し
ただ触れるだけのその手の動きでさえ
身体は震え 反応する 
止まらない 





さあ 強く
私が理屈を思い出さないように
地面どこにあるか探さないように
もう遠慮はいらない 器は姿を現した
私の底は白日のもとに







 先日から、痛みについて考えていたものの、うまく文章に表現できなくて詩になってしまいました。(汗)

 私は、自分が、本当の意味では、痛いもの好きの人だとは思って無くて、私にとっては痛みは愛撫の一つなんじゃないかなと思っています。だから、痛みを快感と等価にすることはできない。おまけにまだ自分がMだっていう確信すらない。ヲタなので、カテゴリ訳や線引きに拘っていますので、自分が自分の引いた線からはみ出してるのがよく分ってしまうんです。
 ただ、不思議な事に一番記憶に残っているのは、快感とは全く無縁の五発の鞭だったりします。喜びがないからこそ、それを受ける相手とのつながりが深くなるのって不思議ですけどね。その時になにを考えていたとか、何を感じていたとか、そんな理屈が何もない。ただ怖くて、痛いってだけ。
 ひとつ、ふたつ、みっつ・・・って数を数えて、いつつ、まで数えなきゃいけなかったのに、5番目の鞭の後にぽーーーーんと、意識が放物線を描いてとんで行きました。私はそれを茫然と見つめていて、その視線の先にようやく相手が見えた時に、もう一つ数を数えなきゃいけなかったんだと思いだして「いつつ」って、言いました。

 痛みで「逝く」って、感覚はなんとなく分かるんですが、その時に起こった事は何だったのか言葉に綴る事が難しい。自分でもそれが何なのか分からないままです。でも、もしかしたら、あのために私はSMをしてるのかもしれない・・・と、考えたりしています。

 痛い事は絶対向いて無いと思った日もあったって事は、あれも苦手、これも苦手、これも感じない、あれも感じないの私ですが、違うものが見えて来る日も来るのかなぁ・・・と、思います。一度や二度試しただけじゃ、人間、回路は形成されないものなんだな・・と。




M男性のためのリンク
Category: リアルライフ
Trackbacks(0) Comments(5) 
Next |  Back
Comments

No title

徐々に私のキー癖がダーリンにバレて、時々はイイ感じにラブスパっぽくなるようになってきました。
そしたら、つい先日お尻をわしづかみにされるのとスパを繰り返されてたら、初めてイきました。
痛いのに、快感のうねりに飲み込まれる感じ。
すごく嬉しかった。
次回を期待する意味もあって、ダーリンには素直に白状しました。

純粋に痛みだけを受ける経験はしたことないけど、いつか経験してみたいです。

さくら#ezBpGPg. | URL | [編集]
2010/11/29(月) 23:25:22

コメントありがとう♪

to ずんこちゃん
 人は変われるものなのかもね。
このブログを始めた時は
私は息苦しさに喘いでいたのに
今は随分と楽になりました。
これも、ずっとブログを支えてくれた
皆様のおかげだと思います。
これからもよろしくね♪

to 秘密さん
 コメントありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。
ブログリンクさせていただきますね。

to たにぐちさん
 ありがとうございます。
読んでいただきたいと思ってた方にそう言われて
とっても嬉しゅうございます。(。・_・。)

さやか#pK/Ettcs | URL | [編集]
2010/11/28(日) 22:58:22

詩も文書も

体験したひとだけがかける、受ける者の気持ちひしひしと伝わってきます。

すごくいい詩、文章だとおもいます。

たにぐち#t22QBlUE | URL | [編集]
2010/11/27(土) 21:14:24

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-# | | [編集]
2010/11/27(土) 16:38:06

No title

そうですね。


私なんて、痛いのどころか、高所恐怖症だし閉所恐怖症だし、血も見るとクラクラしてました。



なのにこんなに成長して。。。



人間の脳みその不思議を実感すると共に、恐ろしくもなります。

ずんこ#K93nmiAo | URL | [編集]
2010/11/27(土) 13:25:12

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL