FC2ブログ

    2011

02.11

Historire d'O

 原作については一度ふれた事がある


 グィド・クレパクスは1933年イタリア生まれのイラストレーターでマンガ家。2003年に亡くなりました。イタリアそしてフランスでもっとも有名なキャラクター
「バレンティーナ」を創り出した方として有名です。
 いくつものオリジナル・ストーリーのほか、オリジナル作品と平行してサドやポリーヌ・レアージュ、ジョルジュ・バタイユ、マゾッホなどのエロティシズム文学の名作を題材にしたコミックを描いています。「O嬢の物語」が描かれたのは1975年。
 海外の漫画は、一つ一つのコマがイラストのように切り取られた止まった世界です。そしてその中を静かな時間が流れて行きます。
 原作を読んでいると、精神的な描写が長かったので、改めて漫画として見てみると、ずっと、Oが、裸なのに驚く(^▽^;)





 白と黒のエロティックでいながら、アートのような静かで心地よい空間が淡々とOの苦痛を表現する様をぜひ皆様もご覧頂けたらと思います。
 あ、でも、拾って来たリンク先のは、ちょっと黒の線の色がいまいちであります。実際に手に取ってみると、その美しさにほれぼれいたしますから。

↓ここから見れます。スライドショーにすれば見やすいです。
→Betaのサイト
Category: 読書が好き
Trackbacks(0) Comments(0) 
Next |  Back
Comments
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL