FC2ブログ

    2015

11.08

一寸試し






それはやっぱり試してみる他ないと思わなんだか?
それともつらつらと起きうることを並べては
橋を叩いて壊すことに算段していたほうがいいと?

120140405あ7

どっちにするか迷っては・・・ 
どっちをも選ばないでいられるはずだと思い込み
じーっとその身を闇に潜めて息を詰めていても
最後は 息苦しさに 締め付けられて 叫んでは逃げ出す事になる
だったら、一番最初に何も選ばず
なにも受け取らずに散った方がいい

620140405あ

では はじめよう
よく砥いだ小刀と板の切れ端を用意して
左の小指から順繰りに
そうして木のコブのようになった自分の手を
じっと眺めてから ああ と 涙をこぼしてみる

1820140403a1.jpg

出刃包丁は用意したのかい?
いくらなんでもその小刀では 無謀すぎるというものだから
大きなまな板と それから腰紐を一本
そんな面倒な事 今までしたことなかった
振りかぶり 振り下ろす

悲鳴は、耳の奥の巻いている白い貝殻をこなごなに砕く

220140406a52762.jpg

ああ ああ ああ ああ

longdozen-fhg-192-2-thmb.jpg

そこで夢から覚めるのが いつもの常のことなのだから
そのまま悪夢の中へ ささ もっとずっと奥へ

longdozen-fhg-188-1-thmb.jpg

痛いのは 返ってくるこだまの 重なりのようなものじゃありませんかね
最初よりも だんだんと 遠く 自分の事さえも 思い出せずに
それでも 確実に 近づいてくる そして 遠ざかる
粉々に割った橋と 白い貝殻と そして転がり落ちた先にあった窓ガラスと

420140406a31894.jpg

机の上に残された手首は 多分
朝になれば 消えていますって



M男性のためのリンク

↓続けられるように
ポチっとしてください。

Category: 物語
Trackbacks(0) Comments(0) 
Next |  Back
Comments
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL