FC2ブログ

    2015

08.06

ウィルヘルム・ブッシュ

 ウィルヘルム・ブッシュ(1832-1908)は、ドイツの画家、漫画家と詩人です。最後はスパンキングで終わる作品をよく描いてました。お仕置きにお尻を叩くのは生活に根付いた習慣だったことが分かります。

↓クリックすると海外の特集記事へ
10_20150806184038ae3.jpg

slide0024_image042 (Small)


 風刺のきいたユーモラスな韻文の筆者として、彼の書いた「マックスとモーリッツ」というお話は、非常に有名です。マックスとモーリッツは、彼の書いた他の作品の多くの男の子たちのようにお尻を叩かれたりはしませんでしたが、最後には、農民によって捕えられて、工場へ連れて行かれて、ばらばらに磨かれて、カモによってむさぼられてしまいます。ちょっと怖いですね。

↓クリックした先のページで「マックスとモーリッツ」がpdfで読めます。
Max_und_Moritz.jpg

→ドイツ語語版

M男性のためのリンク
↓続けられるように
ポチっとしてください。
Category: 読書が好き
Trackbacks(0) Comments(0) 
Next |  Back
Comments
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL