2021

02.20

(日本の)Femdomの鞭 ・ 7(四行小説)








汗ばむ身体をひきよせ、耳元で心地良く響く甘い声で囁く。
その胸は、恐怖と期待で高鳴る。
選べるのは始めるかどうかといつ終わらせるかだけ。
けれど、耐えられなければ、それは別れを意味している。

ひゅっと風を切って、ぱたんと畳を打つ縄。
しゅるしゅるしゅると引き寄せられ床を這っていく。
縛られながら、目を閉じて、全てを委ねる。心も。体重も。
着物を着せてもらう子供のように。

逃げようと身体を捻っても、避けられないことに気づくのだ。
手も、足も、括りつけられていて、口も塞がれているのに。
それでも、全身全霊で抵抗する。喉が切れるほどに叫ぶ。
哀願にのたうつ身体は、なぜこんなに愛おしいのだろう。

知らない痛みはいつも、怖れと震えを伴って来る。
耐えられないと思っても、もう遅い。
ひとつ、ふたつ、みっつ。切り裂く悲鳴。火花。暗転。
それから、ぼろ布のようにくたくたと床に横たわる至福。

痛いことは、気持ちがいいと同じじゃない。
痛いことが、好きになるなんて嘘つきだ。
ただ、何もかも通り過ぎていった後に、甘く思い出す。
そして繰返し、反芻して、咀嚼する。


Category: 鞭動画マラソン
Trackbacks(0) Comments(2) 
Next |  Back
Comments

to kanさん

 AVの演出については細かいことは言いっこなしで。(笑)
ただ、短いとはいえ一本鞭で本気で打ってるのは間違いないと思います。
人でなしの自分を受け入れてくれるM男性と凹凸の部分がぴったり合った時
S女性も、喜びと、興奮を感じるのだと思います。
だから、回数を重ねるごとに愛おしさも増していくのでは。
何度も反芻するようなそんな逢瀬でありたいものです。

さやか#- | URL | [編集]
2021/02/24(水) 17:46:23

この動画、どこかのSMサイトで見た記憶があります。
女王様の両手の鞭さばき、まさに職人技・プロですね。
M男性、普通はパンツ一つの裸なのに服を着たままの調教は珍しいなぁと思ってましたが、出血の迫力を見せるため?
だから白のTシャツなのかな? ということは血は本物?

yapoo動画を見た時も思いましたが、M男性はもう命がけですね。
外傷性ショックで命に係わるんじゃないかと思ってしまいます。
深い傷痕の回復にもかなり日数がかかるでしょうし、若くて丈夫な体じゃないとハードな性癖は味わえませんね^^;。

とても綺麗な女性なのに、どうしてここまで残虐なことが楽しそうに出来るんだろう?
M男性が受けてる責め、とても僕には無理だ・・・
そう思いながらドキドキしながら動画を見ますが、とても憧れ惹かれる自分もいます。

>痛いことは、気持ちがいいと同じじゃない。
>痛いことが、好きになるなんて嘘つきだ。
>ただ、何もかも通り過ぎていった後に、甘く思い出す。

とてもよくわかります。
あんなに辛くて痛かったのに、その思い出は甘美なのですよねぇ。。。

kan#r6uSoc5A | URL | [編集]
2021/02/24(水) 15:54:58

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL