2020

07.21

性の劇薬

 男性同士のお話が苦手な人は、完全スルーしてください。
( 。 ・ _ ・ 。 )
 生と死をテーマにした性のお話です。
 BLには、BL読者だけに通じるお約束的展開があって、それが一般人参入の敷居を高くしてると思うんです。それは、SMも同じで、この作品はBLとSMのダブルの掛け合わせなので、ますます敷居が高い。
 その原因のひとつが、この主人公二人がどうもノンケさんらしいこと。しかもその上に別に変態でもないらしいこと。それに、BLの読者が無理矢理・強引・意地悪に慣れてるため、ついついないがしろにしてしまうんですが、男が男に陵辱、監禁調教されて、相手を好きになる「純愛物」って云う展開は、かなり無理があること。(そこからどんどんおかしくなっていくっていうなら分りますが)

 作者さんもレポートマンガで「実在の人物で男性同士が絡み合う映像というものをあまり見たことがなかったので頭が追いつきません」と、ゆーとります。つまりBLって、女性の頭の中に存在するファンタジーが小説や漫画という媒体で具現化したものなんですよね。

 それに、この映画を変態目線で観ると、私たち実際にSMの世界で生きてる人間の多くが自分の性のややこしさにうんざりしているし、現実と夢は大違いって事態に何度も遭遇してるので、このBLのすっきりシンプルな展開にSMが絡むとそんな馬鹿な・・・って、思ってしまうわけです。

 まあ、でも、私は、かなり多くのBLを読んで来ましたし、「囀る鳥は羽ばたかない」で泣いちゃったりした人なので、BLの「どうしてそうなる?」的展開を無視するのは得意です。また、SMを描いた映画で大満足よく出来ました的な気持ちになったこともないので、こういう作品がR18で実写化されるほどに需要が産まれた事は嬉しいです。いつか、こういう作品がイロモノではなく、人物の内面まで描ききって作品として受け入れられる日が来ることを願って。


↓映画公式ホームページ
2020-07-21 (2)



「俺のせいで、すべてが無くなった…」
両親の死、仕事の挫折、失恋。完璧な人生から転落したエリートサラリーマンの桂木は、絶望のさなか酔った勢いで飛び降り自殺をはかろうとする。
「捨てるなら…その命、俺に寄こせ!」
その時、突然現れた謎の男・余田に助けられるのだが、それは恐ろしい監禁調教生活のはじまりだった・・・・・・






スチール
W320Q75_large20200721 (4)


W320Q75_large20200721 (6)


W320Q75_large20200721 (5)


maxresdefaults.jpg



W320Q75_large20200721 (4)





↓一話だけ無料で読めます
W260Q75_51Li8IsH0GL.jpg

レポートマンガ


unnamed_20200721043344b74.jpg



Category: 今日のSMビデオまたは映画
Trackbacks(0) Comments(0) 
Next |  Back
Comments
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL