2020

10.19

The Prison Punishment Show

↓クリックするとサイトトップへ




↓クリックすると作品ページへ
W320Q75_pps_11.jpg

↓クリックするとReviewsへ
W320Q75_pps_27.jpg

↓Trailer
W320Q75_pps_41.jpg

↓Screenshots
W320Q75_pps_57.jpg


 そのショーはサディストの夢である。罪人の軛をつけられた女性達。両手を大きく広げて拘束されたどこにも逃げられないようにして鞭で打たれる、哀れな囚達。 多くの観客がそれを楽しむ。現場で、それからモニターで。女性達はもがき、泣き、許しを請う。そうして、晒されるのはいかばかりの苦しみか。

 ティッピは、うかつな物言いにのために、ガート達から目をつけられてしまう。そして、急な持ち物検査や、理不尽な言いがかりによる懲罰が、行われる。彼女は、どうやったらそういう嫌がらせから逃れられるのだろうか。それは、ショーへの参加を申し出ることだ。ショーに出れば、この煩雑さから解放され、居場所が与えられるのだ。

 ニコルはティッピと間違えられた囚人で、全くの無実である。しかし、本当のところ、彼女らに罪などない。ただ、観客のために差し出される生け贄だし、そして、進んで希望した物だけが、この後の特別扱いを享受できるだろう。とにかく、みんなニコルはティッピでは無いことを知っている。だとしても、彼女は、もちろん鞭で打たれなければならない。

 そして、さあ、今度こそティッピの番だ。彼女の罰の計算が始まる。それは、一つ一つ積み重なって、今までにない数になっていく、テイッピは、泣き、怒鳴り、壊されるだろう。そうして、ガードは彼女たちのバラバラになったかけらを拾い集める。また、明日、位置からそれを楽しめるように。








Category: SMサイト訪問
Trackbacks(0) Comments(0) 
Next |  Back
Comments
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Trackback
この記事のトラックバックURL