FC2ブログ

    2017

08.09

書き方習ってます




tumblr_n3cn01P7iP1tweroxo1.jpg



「どうして勝手に戸棚を開けたんだい?」
「え……だって、それは」
 急な話の転換に私はびっくりして、どうしていいのか分からず、助けを求めて周囲を見回した。
「だってはなし。口答えはなしだよ」
「最初から開いていたのよ。鍵がかかっていなかったの」
「口答えは?」
「あ……、なし……」
 私は、うつむいた。心臓が早鐘のように鳴り、お腹の中に熱いものが膨れ上がってきていた。頬が熱い。叔父がなにを始めたのかすぐに分かった。
「もう一度、あの時からやりなおそう」
 叔父は、私の腕をとり、ピアノ室へのドアを指し示した。そこには、壁にしつらえたあの薄い戸棚がある。多分、中には、前と同じ道具たちが並んでいるはずだった。
 ドアを閉める時、ぼわんと空気が閉じ込められる圧力が体を押し包む。ピアノの音も、悲鳴も、そして悪いことをした娘も、その部屋に閉じ込められたのだ。
「ベントオーバー」
 口数の少なくなった叔父は、震え上がるほど怖かった。私は、叔父が指し示したピアノの椅子に両手をついて背をそらし、お尻を高く掲げた。スカートがまくられ下着が引き下ろされる。ひんやりと外気があたり、初めて叔父の前に何もかも晒していると思うと、恥ずかしさに目が眩んだ。
 ひゅん。ひゅううぅうぅん。ひゅううぅうぅん。ひゅううぅうぅん。
 うつむいた私の耳に、叔父が、ケインで空気を切り裂く音が響き渡った。口の中がからからで、膝はがくがく震えていた。ウォームアップのない、いきなりのケインは、初めての経験だった。お仕置きなのだから当たり前なのだけれど、今まで、私にとってのその行為は、結局はごっこ遊びで、一度もお仕置きだった事がなかったのかもしれなかった。
「ワンダース」
「えっ、そんなに、一度にたくさんなんて。」
「薫、口答えは?」
「あ、なし、です。ごめんなさい……」
 そして、十二回の切り裂く痛みを、私は、ピアノ椅子の縁を握りしめ、椅子の冷たい皮に剥き出しのお腹を押し付けることで必死に耐えた。最後の方は涙が溢れ、一打ごとにとびあがり、悲鳴をあげていたかもしれない。
「姿勢を崩さないで」
 赤く腫れてずきずきと脈打つ肌に叔父のひんやりと冷たい手が触れてくる。
「薫はこれが好きなの?」
「好き」
 叔父さんが。好き。
「もっと、叩かれたい?」
 私は、泣きながら、頷いていた。
 ラケットのような形をした革のパドルが戸棚から取り出され、その奥に並んで吊るしてある同じような木のパドルを見た時、このお仕置きが最後はどんなものになるのか予想がついて、私は青くなって膝立ちのまま後ずさりした。
 叔父は黙って待っていた。私が、元のポーズに戻るのを。私が自分から彼の掌の下に来るのを。
 ずっと長い間、夢見ていた。叔父と手を繋ぎ夕日の山道を降る景色が脳裏をよぎった。茜色の夕日が沈んでいく海を見ながら、あの岬にマリア様が立っていると叔父が語ってくれた時の夢。
 子供の足には下り坂をゆっくり降る事はむずかしくて、叔父の手にしがみついていなければ駆け足になってしまった。走っては、また、叔父の場所まで坂を登る。無条件で差し出される微笑みとその手に、とびつくように両手でぶら下がったあの日。
 波状に襲ってくる痛みと涙の向こうにぼやけた風景。絶対に自分からごめんなさいと言うもんかという反抗心や大人としてのプライドは、あっけなく突き崩され、止めどもなく口から溢れる謝罪と懇願に埋め尽くされる。ごめんなさい。許して。もうしない。もうしない。もう、決してしないから。
「どうしてあの扉を開けたのか言いなさい」
「知っていたの。あの中に何が入っているか。よく見てみたかった。あの道具でなにをするのか知りたかった」
 さんざん、悲鳴をあげた後に、涙と汗でびっしょりと濡れ鼠のようになった私はようやく素直になって、懐かしい叔父の腕の中で、手放しでおいおいと泣いた。禁じられた扉の向こうに、私は、今抜け出ていた。
「さあ、これで、君は、新しいスタートを切るんだ。もう、失ったものを振り返るんじゃないよ」
(本文より)





↓鹿鳴館サロンのHP
salonbanner_2.jpg

↓鹿月舎のHP
rokutatsusha_BizVectorTop - コピー

 鹿鳴館で、書き方の練習を受けています。一向に上達しないのが、御教示くださってる執事に申し訳ないのですが。そして、何を書いてもスパンキングやSMの話になってしまいます。かなり、他の話も書こうと努力しているのですけどね。
 それというのも、執事がいけないんですよ。執事は、たった一人、この話を読ませたい人を思い浮かべて話を書きなさいというんです。すると、私が思い浮かべているのは、言うまでもないあなたなのです。私はいつもあなたに向かって話を書いているのです。だから、うんと遠回りをしても、近道をしても、そこへ戻っていってしまうのですよ。
 私が、さびしくてただ一人眠れない夜を、ネットのページをめくっていたあの日からずっと。
 mixiにアカウントがあれば見れます。ちょっとページをめくるのがめんどくさいと思うけれど、mixiのコメントは2,000字ごとになっているんですよね。だからこまぎれです。がまんして読んでいただけたら幸いです。なにしろせっかくあなたのために書いたのに、気づいてもらえないままなんてさびしいですから。


思い出の灯火に

起1  起2
承1  承2
転1  転2  転3
結1  結2  結3  結4

Category: 物語
Trackbacks(0) Comments(1) 

    2017

07.22

ニャンニャンダー



Category: スパンキングアート
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2017

07.21

前から、後ろから

↓クリックするともう一つのブログへ
前から、後ろから

 ここに動画とかあげられなくって、はなはだしく不便です。みなさまにもいろいろとご不便をおかけしておりますが、リンクを押して遠くまで尋ねていってやってください。

 カーでいることに何ら不満は無いのですが、普段は眠っているMの自分が、時々ふっと目をさますことがあります。そんなときは、多分寂しい時。誰かに甘えたい時。それから、誰かに側にいて欲しい時。人はいつも一定ではいられないのですね。
元気のない友達にも、優しい眠りが訪れますように。
Category: スパンキング
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2017

07.20

メイドインアビス


↓公式ホームページ
visual.jpg





meidoinnabisu2.jpg

meidoinnabisu1.jpg

meidoinnabisu3.jpg



 何の説明もなしに一瞬映されたこのシーンに、深夜アニメとはいえ、絵柄から完全に子供向きと思ってた私は目が点になりました。思わず巻き戻しちゃった。( 。 ・ _ ・ 。 )

Category: 雑談
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2017

07.19

彼女は15発のケインをもらいました

↓クリックするともう一つのブログへ
ある日彼女は、51発ものハードなケインをもらいました
Category: またしてもスパンキングとSM(更新のお知らせ)
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2017

06.24

シャーロック・ホームズとアイリーン・アドラー


シャーロック・ホームズ 2
ベルグレービアの醜聞

→あらすじはこのブログで

9c34ff341599b340d5d4219e79e13600.jpg

448e629a73919aeb4cea874717d8fabf.jpg

f9166b49e1c11f7528786493a3081b1c.jpg

$RT6F0CU.jpg


 テレビドラマシリーズのアイリーン・アドラーは、設定がSMの女王様になってる・・・。ホームズに「この机の上であなたを打って許しを二回請わせたい」とか言ってるーーーー。ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ
 かなりどきどきします。決してひざまづかない男が、自分だけにはひざまづくって、かなり憧れるよね。
Category: 今日のSMビデオ
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2017

06.21

スパンキングとは?


Spanking is a type of corporal punishment involving the act of striking the buttocks of another person to cause physical pain, generally with an open hand (more commonly referred to in some countries as slapping or smacking). More severe forms of spanking, such as switching, paddling, belting, caning, whipping, and birching, involve the use of an implement instead of a hand.

 スパンキングは、一般的には手のひらで物理的な痛みを引き起こすために、別の人のお尻を突く行為を含む身体的罰の一種です(より一般的には、いくつかの国では叩き打ちまたは殴打と呼ばれます)。 スイッチング、パドリング、ベルト、杖、鞭打ち、およびバーチングのような、より深刻なスパンキングの形態は、手の代わりに器具の使用を伴う。
https://en.wikipedia.org/wiki/Spankingより



 スパンキングとは、なんなのだろう。常にその問題はそこにあります。SMとスパンキングはどうして違うものと捉えられてきたのでしょう。一つのカテゴリ一つの文化として、育てられてきたのはどうしてなのでしょう。
 そこで、大人が双方の同意の元に行う性癖のひとつとしてスパンキングを考えてみましょう。(スパンキングは、前程をディシプリンスパンキング。つまり、お仕置きのスパンキングとします。)

 一番に注目すべきは、はそれが発達してきた場所です。
 スパンキングは、学校、家庭、職場等で行われてきました。つまり「懲罰」として、正々堂々と日の当たる場所で認められた行為でした。それは、海外の小説、子供向きアニメなどに、スパンキングシーンが生活文化の一つとして頻繁に登場することからもあきらかです。
 このことは、大人になって、お互いの了解のもとにスパンキングを行う人たちに、大きく影響を与えています。
 たとえば、性行為との関わりです。スパンキングは、教師と生徒、親と子供などの教えるものと導かれるものによって作られていましたので、表立って性行為が介入する余地はありません。
 それから、理由です。スパンキングはお仕置きですから、何か理由がなければなりません。理不尽に行われる懲罰は、忌避されるのは当然です。
 最後に「許し」です。罪を犯し、叱られ、罰を受けたことで、その罪は精算されて許しが与えられたと考えます。コーナーで反省させられても、優しく抱きよせられよしよしされる場合も「よし、いっていいぞ」と、あっさりと日常に戻る場合もすべて同じです。
 これらのことを前提にしてスパンキングは成り立っているので、大人が愛好する場合もこの形式を下敷きにしたものになるわけです。

 しかし、現実はどうでしょうか。どんなにキーが叱られるのが好きで、自分の欠点を指導してもらいたいと主張したとしても、自分の中にもやもやとした欲求があるのを否定できないでいます。
 もちろん、それは個人差があるのですが、性と直接に結びつかないとしても、辛いスパンキングによって開放感や達成感を得たり、酷い鞭打ちの後に神の法悦を感じたりするのは、特別な欲求を満たした事にはならないでしょうか。
 また、大人になったキーであれば、叱られるための理由を自分で作り出した事がない人は少数なのではないでしょうか。普通に暮らしていれば、そうそう、悪いことをする訳にもいきませんから、お手軽にいたずらしたり、失敗したりしてみせるキーがいても仕方がないと思われます。
 カーであれば尚更の事です。スパンキング動画が性的欲求に影響を与えないカーがいたら、お目にかかりたいです。多くのカーが触れないでいても、そこに性的開放に似た感覚を得ていると思われます。
 また、そこに拘ることなくディシプリンスパンキングから、自由に性行為へ移る人たちも存在します。ディシであるか、そうでないかは非常にあいまいなものなのです。
 最終的に、お仕置きを行ってもいいという選択を与えるのはキーです。どんな場合でもキーは「NO」ということによってお仕置きから逃れる事ができます。スパンキングがごっこ遊びやファンタジーの行為と捉えられてしまうのも、キーが望んでいるからこそのカーであるためなのかもしれません。
 (もちろん、ディシプリンスパンキングの行為は、お互いの関係性がどういう形になっているかによって、かぎりなく、本来のお仕置きに近い行為を作り出すことも可能ですが。)

 さあ、そうするとディシプリンスパンキングとは、なんだということになったでしょうか。そして、スパンキングと捉えられる行為は?
 私が現実の世界で会った多くのスパンキングを行う人達について言えることは「多様性」です。人それぞれのスパンキングについての考え方、習慣、あこがれ、結果があって、スパンキングとはなんなんですよ・・・と、定義することがとても難しいとうことです。じゃあ、なんでこんなことをぐだぐたと書き連ねるのかと聞かれると、要するにこれが私の一番の性癖なのかもしれません。
 
P.S.ここで一部の人にしか通じないであろう言葉を紹介しときます。新宿近辺のとあるバーでは、SMを愛好する人たちをエスエマー。そして、スパンキングを愛好する人たちをスパ人と呼んでいます。


tumblr_n4c6kr8rjF1tyty87o1_500.jpg

Category: スパンキング
Trackbacks(0) Comments(0)