2020

06.08

緩やかに広げます



 続きを読む
Category: 大人のおもちゃ
Trackbacks(0) Comments(2) 

    2020

06.08

Flexislave

Flexislave
alex split castle flexi banner



screenshot whipping bdsm model Vicki Devota (12)


 このサイトの女性のスタイルのよさは抜群です。羨ましいことこの上ない。(笑)





Category: 鞭動画マラソン
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

06.07

Mood-Pictures

↓クリックするとサイトトップへ





W320Q75_0152020601.jpg

W320Q75_02820206010.jpg


 やり過ぎでしょう。って、思っていました。(笑)だって、ケインでバシバシ叩きまくるから、もう、あっという間に紫色に。案の定、おまわりさんの手入れが入っちゃってしばらく、サイトが止っちゃった時は、心配しました。
 今は、キャスティングの動画サイトを作ったりして、女性が望んでやってくることをアピールしています。やることはもっと酷くなっていますけど。elite painと同じ系列なんですが、Mood-Picturesの方がストーリー性がある作品が多いです。





Category: 鞭動画マラソン
Trackbacks(0) Comments(4) 

    2020

06.06

Whipped Women

↓クリックするとサイトへ

 



↓クリックするとプレビューへ
IMG_1918.jpg






 さて、「Pain Gate」とどこが違うのか全く謎な「Whipped Women」です。
 最初の頃は、この二つの動画を探すのが楽しみでした。でも、時々、こんなに優しく打って痛いのかしらって思ったことも。まあ、経験がないって怖いことですね。赤い筋が縦横無尽に走ってる画像がすごく好きでした。


Category: 鞭動画マラソン
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

06.05

Pain gate

↓クリックするとサイトへ




0620200605.jpg



 私が一番最初に鞭のサンプル動画を見つけたのはPain Gateの物でした。一分ちょっとの短い物でしたが、とにかく痛い動画に飢えていた私にとっては、神様からの贈り物です。一生懸命、新しい動画を探したのを覚えています。その頃は、一本鞭の動画は、同じ系列のWhipped Women くらいしか見当たらなかったんですよね。懐かしい思い出です。
 そうやってワンクリック詐欺などというめんどくさい物に対応しながら、リンク集の間をあっちへ行ったりこっちへ行ったりしたことが、このブログを作ろうと思ったきっかけなのです。

 動画共有サイトの中から、好みの動画を見つけようとしたのですが・・・・・・なぜか、うまく見つからなかったので、動画は続きを読むに隠させて頂きました。よろしければどうぞ。

 続きを読む
Category: 鞭動画マラソン
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

05.30

お尻みっつ




↓クリックするとサンプル画像へ
620111117.jpg


W300Q75_art2724.jpg



★二つ


★もう一回二つ


 みなさん、休日いかがお過ごしでしょうか。九州は、もう、梅雨ですね。今日は、お尻がいっぱいです。動画はスパンキングなのですが性器が映っちゃってるのでリンクにしました。リンクの行き先は、いつものXVideosです。お休みの日の暇つぶしにご利用ください。

 そういえば、まだまだ、関東はお出かけできない情勢なので、鞭動画マラソンとかやってみようかなとか思っています。それで、ネタを探そうと、久しぶりに鞭でビシバシしてるところを眺めてみたりいたしました。あーあ、早く出かけて、生尻を見たいです。なんて、はしたないことを考えてしまいました。

Category: SM動画・画像サンプル
Trackbacks(0) Comments(0) 

    2020

05.29

午後の退屈と幸福







art6006.jpg



 水樹は、向かい側に座った男が何気なく肘を付いている喫茶店のガラステーブルの上を見つめていた。男の肘が置かれた位置から、じわじわと何かが滲み出てきている。濁った灰色と毒々しい赤が交じり合っているような液体は、見つめていても分からないぐらいの速さで、茶色のガラスの上に拡がり始めていた。
 周囲の景色が歪んで写っている液体の縁の盛り上がりは、男の指紋や手の脂がベタベタとついているガラステーブルの上で、ゆっくりと、確実に領土を拡げて行っている。
  水樹の背筋を冷たい汗がつたい降りる。じっとりと汗をかいているのに、汗に覆われた水樹の身体は冷たかった。嫌悪に、ぞっと髪の毛が逆だってきて、水樹は、必死に視線をそらし、見慣れたいつもの窓の外を見ようとした。しかし、捉えられた風景は黄色いタオルが干されていることぐらいで、目を逸らしながら も、その物質が伸び拡がっていくのを横目で確認せずにはいられなかった。
  水樹が「相手の身体から滲み出てくる何か」を見るようになったのは、去年、近道のために通った公園の裏道で、見知らぬ男に植え込みの影に引き倒されて乱暴された後からだった。殴り飛ばされた頬は骨折し、唇は大きく切れていた。腫れ上がった顔も、息をする度に痛む肋骨も、紫色に変色した痣だらけの身体も、自分のものと信じられず、汚らしさに身がすくんだ。水樹にはその時の記憶が途切れ途切れにしか残っていない。そして、傷は治ったが、身体のあちこちが、そして胸が、今でも思い出したように痛む。

 最初に、人の身体が、何かに触れているその場所から滲みだしてくる粘液に気がついた時、混乱した水樹の心は、自分が目にしているものを受け入れられなかった。目の錯覚と自らに言い聞かせ、やがて、幻覚を見ているのだと考えた。でも、どうやっても、それはそこにあり、その 現象も消えてはくれなかった。 
 医者も、看護婦も、家族も、「かわいそうに」を、顔にはりつけて、ぎこちなく笑いかけて来た。診察しようと手を 伸ばしてくる医者の指の先からも、それが滲み出ていて、自分の肌に押し付けたまま少しでも時間が経過すると、それが私の体に塗りつけられるような気がして、すくみあがった。
 恐怖を押さえつけて、その液体に触れた事もあった。診察券とおつりと領収書を渡された時だった。自分の指を相手の肌と繋いだものが、ぬちゃああ・・と粘り、糸を引いて、自分の身体をの上に這い広がっていく感覚に、「どうしました?」と尋ねる病院の受付の男の不審な目も構わずに、必死に手を振り払い、洗面所に駆け込んだのを覚えている。
 気が狂ったように石鹸に手をこすり続け、便座に顔を突っ込み吐いた。何度もレバーを引いて、渦を巻いて流れていく水に、自分の思いも流してしまいたいと願った。

 触れていた身体が離れていくと、その場所に「それ」は、残る。時間が経つとやがて蒸発し、触ると、甘ったるいジュースをこぼしてそのまま乾いた後のような、肌が張り付くような感覚の染みになった。粘着テープを触った時のようなそんな触覚だ。そして、かすかな腐臭が残る。水樹は、周囲が困惑するほどの潔癖症になって、自分の周囲をアルコール除菌のウェットティッシュで拭きまわるようになってしまった。その行為は周囲の「かわいそうに」 を、増殖させ、水樹は、いつもそれを意識して生きるようになった。
 その液体は人によって色も、粘度も、匂いも違っていた。おそらく味も違うのだろうけど、そんなことを試せるほどの度胸はない。ただ、ひたすら「消えて」と、願い続けるしかなかった。この現象も、その粘液も、そんなものを引き起こした事実も。
 犯人はまだ捕まっていない。

 もしも、自分が、大好きで、大好きで、いつもその姿を目で追い、いくら見つめていても見飽きることもなく、そばに寄るだけで胸が暖かくなり、微笑みを向けられれば、嬉しさで胸が張り裂けそうになるような人がいたら、どんなになっていたのだろうか。
 その人の、肌からも、それは、滲み出てくるのだろうか。どんな色、どんな匂いがするのだろう。もし、その人に抱きしめられたら、お互いの肌がくっついた場所から、それは滲み出てくるのだろうか。それでも、私は相手の腕の中で、うっとりとしていられるのだろうか。
  恐ろしいのは、自分では自分のそれを見る事が出来ないのだけれど、相手が、それを見る事が出来る人だったらどうなるのだろう……と、いうことだった。相手に触れる喜びに熱くなった自分の毛穴が一斉に開いた時、そこから濁った汚水が滴り落ちていたら、どうすればいいのだろう。美しい相手の身体の、透き通ってさらさらとしたそれと、自分のぬちゃぬちゃぬるぬると相手を絡め取ろうとする粘液が、大好きな人の肌の上で交じり合い、身体を動かす度にきたならしい音をたてるとしたら……水樹には到底耐えられそうになかった。
 多分、多分だけれど。この粘液は、相手の考えや、気持ちや、今までしてきた行いや、積み重ねてきた罪が作り出すのではないだろうか。美しい人は美しい花の密蜜のような粘液をしたたらせ、人の心を絡めとり、甘く酔わせることができるのだ。
  けれど、どう考えても、自分の身体からそんな美しいものが出ているとは思えなかった。なぜなら、水樹の周囲には、そんな人は一人もいなかったからだ。みんなどこか濁ってよどんだ色をしていて水樹の嫌悪を呼び覚ます。
だから、水樹が夢に描いているほどに惹かれる相手なんて、いままでも、これからも、現れはしない。水樹にはそんな未来が許されているはずがない。大好きな相手に、自分の考えてる事を、自分の感じてる事を、自分の辿ってきた生き様を見せるなんて耐え切れない。

 そして、今、正面に座っているのは、血の繋がった水樹の父親である。母を殴って、足蹴にし、骨折させて離婚することになった後、父の権利なのか、子の権利なのか、一年に一度だけ、面会する事を許されている。
 水樹は、彼を、悪い父だったとは思っていなかった。小さい頃は、手をつないで、川べりを散歩したり、肩車をしてもらったりしたこともあった。よく、一緒にお風呂に入って、身体を洗ってもらった。同じ布団に入って眠り、眠りにつくまで身体を撫でてもらったこともあった。
 その向けられる笑顔が、鬼のようだと思ったのは、夢だったのだろうか。現だったのだろうか。
「水樹、怪我の具合はどうなんだい?顔が思っていたよりも、綺麗に治って、お父さん、ほっとしたよ。」
 男の手が無造作に伸ばされて水樹の手に軽く触れた。水樹の肩がびくっと跳ね上がる。その瞬間、塞がれていた記憶に、切れ目が入り、次々と自分が襲われた暴力が蘇ってきた。まるで、普通の光景をぶった切って、雷が落ちてきたようだった。
  あの、眼の裏が真っ黒になり、火花が散って、何一つ考えることができなくなった時間。自分の顔を殴りつけ、倒れた所を足首を掴んで、低く茂った木の間を、乱暴に、身体中に樹の枝で引っ掻き傷ができてしまうのも頓着無く引きずった。泣いているような、しゃくりあげるような罵声……それは確かに父親だったのだ。
 こうして向かい合って座り、男の鬼の様な微笑みを見て、どこか棒読みの語りかけてくる声を聞きながら、鮮烈に戻ってくる記憶と、 だんだんと世界が大きく広がり、自分が小さく縮んでいく感覚の中で、両手の握りしめた拳をテーブルに押し付けながら、水樹は、ただ小さく震えていた。
  あの拡がり続ける粘液に飲み込まれる前に、男の腕に捕まって、また、痛い目にあわされ身体から出る粘液を自分の下腹に擦り付けられる前に……戻ってきたこの記憶を消せたら……。それが出来ないのなら、このテーブルをひっくり返し、逃げ出したい。水の中を掻き分けて進むときのように、スローモーションで、抵抗する自分の姿が、瞼に浮かぶ。

 小さい箱の中に、自分の記憶を押し込め、二度と開かない重石を乗せようと、じたばたと水樹はもがいた。




 この作品は、書き方に通い始めて、三回目の時に書きました。初めて行った後、随分時間があいてたから、正式参加の二作目かもしれません。まだ、全然、ルールが分ってない頃の作品でした。何しろ題名(テーマ)が「午後の退屈と幸福」ですからね。どこが退屈なんじゃい!みたいな。それと、確か鹿鳴館では、まだ初心者のうちは一人称で文章を書くことになってました。三人称は、視点の設定が難しいからです。それに、まだ、起承転結がなんたるか、全く解ってませんでした。
 じゃあ、今は、解ってるのかって言えば、解ってるけどうまく使えないってところでしょうかね。なによりも今は、書きたいものが無くなってしまったことが痛いです。

 鹿鳴館サロンの書き方教室の作品は、mixiに集められています。

↓鹿鳴館サロンのHP
salonbanner_2.jpg

↓鹿月舎のHP
rokutatsusha_BizVectorTop - コピー
Category: 物語
Trackbacks(0) Comments(0)